☆女の子に大人気!春のカジュアルコーディネート♪


   

« 借金取6:弁護士と言う人種 | トップページ | もーしわけございません… »

2006.05.21

借金取7:火の車

« 借金取6:弁護士と言う人種 | トップページ | もーしわけございません… »

家族のココロ、家庭のキモチ」カテゴリの記事

コメント

ぷらたなすさん、こんばんわ。
大変そうですね・・・。
不安のない結婚生活が出来ると良いのですが・・・。

ぷらたなすさん、こんにちは

久しぶりに覗いたら、なんかすごいことになってますね・・・。
次男のご結婚が決まったときは、よかったなと思っていたのですが、いつの間にやらもつれにもつれていますね。早く収束するといいですね^^。

と、いいつつも、実は私も離婚の危機に^^;。どうも、嫁が私を嫌いになったらしい。嫁は、あまり片付けがいい家の出身ではない。うちは、きちんと片付いている。料理も3品は当たり前。嫁の実家は、1年の半分が鍋か焼肉。しかし、同居なので、嫁も同じことを要求される。私は慣れている(というか、それが普通)なので、どってことは無いのですが、どうやら、そこらへんが窮屈らしいです。やはり、結婚は家同士の話だから、考え方というか、価値観が近くないと難しいですね(金持ち貧乏ではなく)。

>Pmanさん
たぶん、次男が考える通り、お互いの家のど真ん中の距離にアパートでも借りてどっちの家に偏ることなく4人で暮らせばきっとそれなりにうまくやっていくんだと思いますよ。先方のおうちは次男の彼女だけギャンブルは一切やらないんです(たぶん性格)。ギャンブル好きな人は、明るく大雑把で、サバサバとして人懐こい人が多いので、当初向こうの家庭は次男にとって居心地良くそのせいで少々深入りし過ぎた…いう経緯もあるんですよねぇ。。。よって次男の彼女は、先方の家ではただ一人、割と人見知りであまり自分の意志を皆の前では出さない女の子です。


>けるさん
こちらこそご無沙汰してました!「離婚の危機」ってホントですか!でも、そう。価値観とか暮らし向きへの姿勢が違うと結構大変ですよね。うちも当初はそういうのがすごくあって、私の実家に同居する形になっているうちのご亭主は、「おまえんちってなんだ?」みたいな事を過去すごく言ってましたが(笑)、長い年月を経るうちに、今は「ぷらたなす一家4人」vsうちの母、みたいな結束を見るときもあれば、「ぷらたなすと祖母孫連合」vsうちの亭主というときもあり、またあるときは、「飲み会が多くてご立腹の実母&亭主ペア」vsぷらたなす(後方支援部隊/息子達)…というときもあり、様々です。私は同居に一番必要なものは「あきらめ」だと思っていて、うちは、お互いが少々の軽蔑を持ち合いながらも、全員が相手の事を完全にあきらめちゃったので(笑)、逆に今はとても"楽ちん"という変な結論ですけど、これがなかなか難しいんですよね。ちなみにあきらめが一番早いのは、私なのですが^^;

>ぷらたなすさん

昨日(あ、もう一昨日か)、引越しが終了しました。とりあえず、実家を出て3人で暮らし始めました。といっても、荷物は全部運んでいませんし、実家の片付けも済んでないんですけどね。向こうのお父さんが手伝いに来たけど、ガスコンロを取り付けてさっさと帰りました(ちなみに、コンロの種類が間違ってて、シンクから遠い方が強火)。あーあ、って感じ。嫁は、父親に似たのかねぇ。嫁は、私の家系が嫌だといっていたが、私も嫌だ(笑)。もちろん、内緒ですけどね^^;。

あ、別居されたんですね。私もそれがいいと思います。うちも少し前までは、それが最大の懸案でした。でも商売が潰れちゃったので、とてもそれどころではなくなり、「ここで暮らすしかない」と思ってから、段々開き直ってきた(笑)。あ、私の場合は、私と実母の人のタイプが全く違うので、お互いに「なんでそんな事言うの?思うの?」の連発だったんですが^^;

>嫁は、私の家系が嫌だといっていたが、私も嫌だ(笑)。もちろん、内緒ですけどね^^;。

あっはっは!!どこもそんなものですよ!でも、それが均等ならまだいいんですが、それを強く思うのは割とどっちか一方で、片方は全然意に介していなかったりするんですよねぇ。これもいわゆる片思いかもしれません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54136/10178845

この記事へのトラックバック一覧です: 借金取7:火の車:

« 借金取6:弁護士と言う人種 | トップページ | もーしわけございません… »

スポンサーリンク

3か月継続で白歯実現!

介護の転職

経理の転職

無料ブログはココログ

★★★