« 花見の公園の朝 | トップページ | 運もご縁もタイミング »

2006.04.23

授業参観そしてPTA総会

School1 School2

昨日は、次男(20代前半)の高校(定時制)の授業参観でした(笑)


授業参観なんて過去ニ年間行った事ないよ^^;
だいたい子供がもう大きいし、
今更って気がしないでもない(笑)。


毎回通常どおり、夕方からの授業なので、
仕事をやりくりすれば行けなくもなかったんだけど、
ひとクラスわずか10数名の父兄のうち、
そのうちさらに数名しか来ないだろうと思うと、
どこか億劫で、予定を調整して行こうとまでは、
今まで思わなかったのだ。


でも、今年は土曜日。
そして、今後何かと相談事も出てくるかもしれないし^^
新しい担任の先生にもご挨拶しておいたほうがいいかなぁ…
なんて思って、初めて出席することにした(笑)
(ちなみに、学期末の面談は毎年欠かさず行ってます(笑))


出欠のプリントを持って来て、
「今回も×(給食試食)、×(授業参観)、×(PTA総会)でしょ?
 オレ勝手につけて出しておくから。」
と慣れた感じで言ってきた次男に、
「あ、出る!出る!○、○、○で出しておいて。」と言ったら、
心なしかうれしそうな表情をしたような気がしたのは、気のせい?


学校生活を知りたいというよりは、
共通の話題で話せたらいいな、とも思ったしね。


    *    *    *    *    *    *


しかし、いつ行っても熱心で生徒思いの先生が多い
感じのいい学校だな。
普段関わりのある先生方が、
皆30代前後の男の先生でしかも工業系。
それがいつも職場で一緒に仕事している人達と
同じ雰囲気なので私自身がやりやすいのかもしれない(笑)。


私も次男もこの学校がとても好きだ。
そして実は先生達も、そう思っていて、
担任の先生などは、
「私は自分の子供も入れたいと思う学校です」
と、言っているし、それを次男に話したら、
「オレもそう思う」と言っていた。


ひとクラス10数名で、
4学年あわせても150名に満たないけど、
人数が少ないと言う事はいいことなんだと思う。
確かにワルそうな感じの子もチラホラいるんだけど、
先生と生徒の人間関係が個別に濃いので、
ワルくなりきれないところもあるのかな。


そんな中で昨年起きた盗難事件
(次男が自動車学校の入学金の一部を盗まれた。他にも被害者有)
こちらの冒頭に少し書いてます。)
は、学校側のほうが非常にショックだったらしく、
総会の資料にも載っており、先生達も口々に
「学校始まって以来」を繰り返していたけど、
今これを書きながら思い出すと、私がいたから、
一層そういう言い方になったのかなぁ…


でも、ここにいるお父さんやお母さんが達は、
それがうちの話だって、たぶん知らないはずだ。
なんか、状況とかこんな感じでプリントに書いてあると、
私達の話なので、こそばゆいですねぇ^^


PTA総会は30人ぐらいの父兄と、それに先生達だったけど、
(全日制は人が多いので「総会」は体育館でやりますよね?)
役員紹介のときに見回したら、
実は今ここにいる人達は全員役員で、
何のかかわりもなくフラッとやって来ているのは、
「私一人だけ!」と気がついた。
だよなぁ~…っては思うけど(笑)。


    *    *    *    *    *    *


授業参観も、父兄は私がたった一人なので、
これまた妙に居心地が悪い(爆)。
(あとから一人増えたけどね(笑))
先生が、「生徒と同じ椅子に座ったらどうですか?」
と勧めてくれて、空いている椅子に座ってみると、
なんだか、すごく一緒に授業を受けたい気持ちになって、
思わずペンを取り出す。


授業は「電気機器」。
普通高校だった私は、この手の授業は
大変珍しく新鮮で、できれば毎日受けてみたいぐらいだ。
数学が最悪なくせに、理科は好きだったので、
ただ聞いているだけでも面白い。
できれば私も、教科書が欲しかったな。
先生に「余っているのありませんか?」と聞こうかと思ったけど、
あとで次男に何を言われるのかわからないので、
それは断念したさ(笑)。


本日の内容は、発電機の仕組みで、
電気子とかいうものの解説で、
コイルの巻き方などの説明。


重ね巻き、波巻き?ふむふむ、
コイルの巻き方によって、
「低電圧・大電流」または「高電圧・小電流」の
発電機の違いになるのね。へぇ~


同じ話を高校生のときにされても、
完全にチンプンカンプンだったと思うけど、
今ならなんとなく、言わんとすることはわかる。
こういう話は、今聞きたいよ、まったく(笑)。


でも、ミャクドウって何だ???
ブラシって何?セイリュウシって何?
よし、帰ったら次男に聞こう!
いや、あいつはこのあと部活の練習だから、
やっぱり検索したほうがいいかな?
そんな事を考えながら、マジで生徒モードで
授業を受けてしまいました(笑)。
すごく、手を上げて質問したくなった(笑)


定時制に来る子は、
学力的にどこにも行けずに入学してくる子もいるし、
うちの次男みたいに全日制を中退して再入学する人もいるし、
公立高校に落ちても経済的に滑り止めの私立に行かずに
(地元では公立のほうが格上。私立が第一希望という人は少ない)
二次募集でやってくる子もいるし、
3年生や4年生になると、社会人編入といって、
選択科目等には大人も入ってきます。


人数、少ないのに、もう、すっごいバラバラ。
もちろん当然メーンはその学年の年齢の子供達ですが、
進路も四大から無職まで、これもバラバラ。
(四大受ける人は、日中予備校にいけるかも!と思ったりもする)


だからもう、「経済的に働かざるを得ない人達の為の夜の学校」
では全然ないんですけど、
登校したらまず給食を食べる(夕ご飯)が日課だったり
(とても量が多くておいしかった!あれに牛乳付はキツイ(笑))
経済的な支援制度があったりして、
仕組みと実態が合っていないんですが^^
親にして見れば、助かることばかりでありがたいです。


ただし、先生達はそんな状況の変化に対して
自分達は何をどうすればいいのかすごく模索しています。
たとえば、就職指導。
建前は「働いている人の高校」なんだから、
本来なら不要のはずですが、実際はそうではない。
そして、さらに頭がいたいのが「生徒数の減少」。


私はさ、実際にこうも生き生きして学校に通い、
(生涯の伴侶まで見つけてしまった!)
それまでとは別人のような高校生活を送っている次男を見ると、
一度高校を中退した人も、
勉強が嫌いで高校に進学せずにブラブラしている人も、
試しに一度入学してみればいいと思いますよ?
(もちろん試験はありますけど(笑))
(5教科合計で100点ぐらい取れたら、入れるよ、きっと)
(いや憶測はやめておこう^^;…)


せっかく県がお金を出して、
設備(新しい教室、実験室、体育館等々)と
人材(熱意のある先生達)があるんですから、
もったいないですよね。


    *    *    *    *    *    *


さて懇談会。


結局参加者は私ともう一人のお母さんしかいなくて、
その辺は予想通りだったんですが、
そのお母さんは、自分の息子の話しかしないし、
担任の先生と個別に相談したい事が一杯ありそうだったので、
状況を見て早々に中座してきました。
(何よりメチャメチャ寒かったし!!!!)


教室を出ると先生が追いかけてきてくれて、
「このたびはおめとうございました(結婚)」
と、深々と頭を下げられこちらが恐縮。。。


今までのいろいろな先生からの話を総合すると、
うちの次男は先生達の間ではかなりの有名人らしくて、
成績、部活、わざと留年、盗難被害者、結婚
など、良くも悪くも「学校始まって以来」と言われる
お騒がせな人なんですが、大人しい、目立たないので、
どの父兄の目にもそうは見えないし、誰も知らない。


だけど、「なんか、信頼が置けるやつ」というのが
妙に皆一致していて、お得なキャラだと思います(笑)。
いや、家族も皆、次男のこと大好きだし、
気の合う先生にはすごく可愛がってもらっているし、
みんな、彼が真面目で素直で、
その都度、物事を真剣に考えて
すべて自分の意志で選択決定している結果って
わかっているからなんだよね、きっと。


    *    *    *    *    *    *


学校に着いたときに、玄関の正面に飾ってある、
写真が真っ先に目に付いた。※冒頭の写真左側
去年とおととし、野球で全国大会に行った時の記念写真である。
(本当はもう一枚あるんですが、場所の関係で飾れないらしい)


それを見つめていると、少しだけ目頭が熱くなる。
ヘンなやつだよなぁ。。。
勝っている人生なのか、負けている人生なのか、
さっぱりわからん(爆)!


表に出てグランドに目をやると、野球部の練習で
夜間照明の中でシートノックする
次男達の声が遠くに響いていて、
人数は5~6人かな?(全員揃うことはまずない)
練習着を着ていないジャージ上下の人もいるようだ。


「おー、おー、頑張れよ!」とつぶやいて、
夜の学校を後にいたしました。

« 花見の公園の朝 | トップページ | 運もご縁もタイミング »

家族のココロ、家庭のキモチ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54136/9720535

この記事へのトラックバック一覧です: 授業参観そしてPTA総会:

« 花見の公園の朝 | トップページ | 運もご縁もタイミング »

スポンサーリンク



2018年おせち予約開始

  • おせちは断然早割がお得!

売上断トツNo.1!おせちの王者

ランキング2位常連「料亭の味」

ホテル・料亭の味をご家庭で!

創業90年老舗の味

無料ブログはココログ