スポンサーリンク




« 天賦の才能 | トップページ | 紙ベースがキビしい今日この頃 »

2006.04.11

式場担当者の苦労を思う

今度の日曜日に、不肖の"出来ちゃった婚"息子が結婚式を挙げる。


20歳は過ぎているけど、定時制とはいえお互いに高校生なので、
子供が生まれてもそれぞれの家で暮らし、週末は行ったり来たり。
次男が就職して生活のめどが立ったら独立しなさい?
という話だったんだけど、
入籍だけはどうしても4月にしたいというので、いろいろ相談して、
「それじゃそれに合わせて結婚式もやっちゃおう!」
ってノリだったので、原則家族のみ、日取りも4月半ばあたりでどう?
みたいな相談を先方のお母さんとしていたところだったのだ。
(結局入籍は先延ばしになっちゃったんだけど、)


なんつったって同級生のお母さん同士なので(笑)、
余計な腹の探りあいなど必要ないところが楽チンなのですが、
この「入籍」では結構二転三転いたしまして難儀しました(^^;


いや、ウチの次男(20代前半)は、
「子供が生まれるんだからそりゃあなた、
 その前の入籍は当然だろう!」
というぷらたなす家の全員の総意を受けて次男が向こうにそれを告げると、
向こうは次男に対してガンガン異を唱えてくるという繰り返し(^^;


というのも、彼女には前の高校のときに生んだ、
保育園に通うお子さんがいて、
それにまつわる各種手当てとか何とか費とか、
あれとかこれとかそれとかどれとか、
「入籍」 この事実によって取り消されてしまう
公的・私的な各種の助成が多いのと、
(だから相手が居ても結婚しないシングルマザーがたくさん居る…)
将来的にその子供さんのは、
どこの家の誰それの養子になる事が決まっていて、
養父だの養母だの跡継ぎだのお墓だの…
個人情報の観点だけでなく、
そもそも話しが複雑すぎてちょっと書けない(笑)。


先方はシングルマザー一家で、彼女もそうならお姉ちゃんもそう、
なんとお母さんもそうで、姉妹のお父さんは違うらしいけど、
今まで当方が一家の世帯主と思っていた、いま家に居る男性は、
そのどちらのパパではないらしい。


まぁ、ここで詳しいことは書けませんが(って結構書いてるね(^^;)
私が40数年間生きてきて、かつて出会ったことのない
最大級の複雑なご家庭だ。。。続くのか?それで?
こんなに家同士の雰囲気が違うのに(笑)。ねぇ。。
ここは信じて賭けるしかない。


    *    *    *    *    *    *


で、結婚式。


けじめなので絶対にやったほうがいいと思うけど、
当初、「じゃ、式場も空いているみたいだし明日やる?」
みたいなバタバタとしたノリだったため(いやマジで(笑))
ウチは最初から「家族のみ」、ゲスト無し、シンプルイズベスト。
向こうも、「それで、十分だよね~」


うちも、向こうも人並みな結婚式を出せる
余裕が無いのは完全に利害の一致だ(笑)。


の、はずだったのですが、妊娠したので
現在、高校を休学して少しだけ働いている彼女の勤務先が、
彼女のお母さんの紹介だったといこともあり、
お母さんもいろいろ義理とか人情とかあるらしく、
あれよあれよという間に人数が増えてきて、
しかもまだ顔ぶれが決まらない。もちろん席も飲み物も。


いや、「家族だけ」で合意したからこそ
「さっさと決めてさっさと挙式」が実行可能だったのに、
それだけ人が来るんだったら、
もう少し準備期間が必要なんじゃないの?
しかも、新郎側(我が家)は「家族のみ」。
あくまでも潔く「家族のみ」(笑)。
でもそれじゃ雰囲気が反対してるっぽくて、
お客さんに外面悪くない(笑)?いいの?


でも、娘さんの側ってそうなんだろうな。
ウチは野郎っこなので、本人も私も夫も
本当に何でもいい。なんでも構わない。


    *    *    *    *    *    *


で、ちょっとここで愚痴りますけど(笑)、
だいたい日取りだって、両家が集まったときに
パッパッパッと決めるのが可能なメンバーのはずなのに、
(本音で話せる、割と気の合う友達一歩手前同士だから)
「この日は?」「えー、次の日休みじゃないとやだ。」
「だよね。二次会の事、考えるとね。」
「じゃ、この日は?」「この日だと○○ちゃんがバイトだよ?」
「あ、ちょっと!そういえば○○も呼ばないとね?
 すっかり忘れてた!」
「だったら、○○も声かけないとまずいよー…」


私:「あの…呼ぶのはいいんですけど、
   その方のその日の都合とかって、わかってます??(^^;」

「あら、そうだわね。
 じゃ、今、携帯で聞いてみたら?その日空いているかどうか?」
「え、番号入れてない。どうしよう…」


あのねぇ。。。
のん気な母子のやりとりを長時間見に来たわけではないのだ(-_-;)。
「あ、携帯の電池切れた。うわ、電源入んない…見てコレ?」


次男、私、夫、先方のご主人、皆「何だっていいだろ!そんなの!」
「今は概算の人数を教えてくれって言われているだけだろうがっ!」
と言いたい気持ちを我慢、我慢。。。


が、もっと辛抱強く困っていたのが式場の支配人(女性)さんだ。
残りのメンバーに成り代わって、軌道修正を促してくれるんだけど、
これがまったく効果がない。


まぁ、今日集まって、
「手っ取り早いから明日でもいいよね?」なんて話を
平然としているんだから、一見して「普通じゃない組み合わせ」
&「普通じゃない結婚」&「普通じゃない人達(爆)」
って感じは傍目にもアリアリだと思うんだけど、
(私も自分の事は、あんまり普通だとは思っていない(爆)!)
式場の人も大変だよねぇ~、家と家との話なので、
その場でモメたり決裂するようなこともあるだろうし、
思えば私も自分のときは、
会場での打ち合わせで亭主と爆裂大喧嘩して、
一人でさっさと帰ってきたような気がする(笑)。


そんな様々なケースを毎日見てきて、
しかも腹を立てることも出来ずに穏やかな振りをして、
ひたすら「待ち」の基本姿勢に徹しなければならないなんて!
それって、かなり健康によくない仕事だなぁ…(笑)


昨日電車で見た某専門学校の広告では、
「夢をかなえた人達」とかいうタイトルで、
結婚式場に就職した人の紹介が載っていたけど
(ブライダルコーディネーターって…今、そんな呼び方するの?)
世の中には、スムーズに物事が進まない、進めない、進められない
組み合わせのほかにも、ワケありカップル、ワケあり家族、
ワケあり結婚にワケあり挙式…と、
複雑怪奇な現象が山ほどあるのだ!!
キミはそのうち、人生の厳しさをいやほど痛感するだろう…
と、思ってしまうのだった。。。


    *    *    *    *    *    *


日曜日、式場から私に電話が入った。


「ぷらたなす様、
 ご人数とお料理のコースは決まりましたでしょうか?」


「え?あれって三日前まででいい、って
 この前言われたような気がしましたけど?」


「いえ、それはキャンセル料の発生日でございまして、
 こちらの準備もありますので、
 なるべく早くお伝えいただかないと…えぇ…」


ふふふ、ワケ有り家族だからドタキャンを防止するためにも、
確定をせかしているのかな?


早速すぐに
多美子さん(次男の彼女のお母さん/40代後半)に電話する。


が、新郎側で今回の代表交渉連絡先になっている私は、
その日のうちに、彼女の言を受けて、
3回もプラン変更の電話を式場に入れる羽目になり、
かつ、大事な事はまだ決まっておらず(誰を呼ぶのか?)
これじゃー、確かに3日前では危険すぎる!と痛感した。
そしてまたまた式場担当者に同情した。


大変だねぇ。。。(←他人事)


そんなわけでそろそろ忙しくなってきました。
この日記もここで一度更新をお休みし、
落ち着いた頃にまた再開したいと思います。


なーに、きっとすぐですわ。
この後も、すぐに書きたくなることがたくさん出てくるだろうから!
それでは皆様、しばしのお別れを!

« 天賦の才能 | トップページ | 紙ベースがキビしい今日この頃 »

家族のココロ、家庭のキモチ」カテゴリの記事

コメント

うほっ?!プラさんもうすぐおばあちゃんですか?
まぁ、二十代前半で結婚・出産なんてちょっと前は普通の事だったし喜ばしい事ですね。
うちの両親は60越えてるのに孫の一人もいないので、困ったモンですな(ぉぃぉぃ

そうなんです^^;<おばあちゃん
私の友人で、自分19+娘19=38歳でおばあちゃんになった人がいるし、うちの母と私は 母23+私24=47で、私もあともう少しであの時のうちの母と同い年になるのを思えば、全然おかしい話じゃないんですけど、うちの祖母と今の私とは天と地ほど違う暮らしぶりなわけでして(笑)、とても家事は嫁に任せて自分は優雅に家庭菜園なーんてわけにはいきません。(なんつったって二人とも「高校生(定時制)」だし(大汗)。。。)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54136/9534162

この記事へのトラックバック一覧です: 式場担当者の苦労を思う:

« 天賦の才能 | トップページ | 紙ベースがキビしい今日この頃 »

スポンサーリンク

3か月継続で白歯実現!

介護の転職

経理の転職

無料ブログはココログ

★★★