スポンサーリンク




« 借金取り大作戦 | トップページ | 借金取り大作戦3 »

2006.04.29

借金取り大作戦2

借金取り大作戦」の続き(笑)


このblogを書きながら、ふと思った。
娘さんが自宅に貸したお金を持ってくるというのなら、
昼頃に一発、念を押すアクションを取っておきたい。


んーと、どうしよっかなぁ…
やっぱ亭主には絡んでもらいたいよなぁ…


そうだ!ここはやはり、亭主に一発電話を掛けていただこう。
えーと、えーと、うん!
「留守番を頼まれたのでずっと待っている。
 タバコ切れたので買いに行きたいんだけど、
 一体早紀ちゃんはいつ来るの?」
これにしよう(笑)!うん、そうしよう。


これだと、あまり追い詰める雰囲気でもないし、
嫌味なくプレッシャーをかけられるね(笑)。
ここは、やっぱ、男性に出てもらわんとね!
もー、キツネとタヌキの化かしあいみたいなモンよ(笑)


さて、どっちの電話からがいいか?


この場合は亭主でしょう。
私のPHSだと、出ない恐れがある。
亭主の携帯番号は先方に知られておらず、
保険屋さんの彼女の事なので、
見知らぬ番号から着信があれば、
「もしかして保険の話かも?」と思うことだろう。
(私はセールス時代にはそうだった)
(どんなチャンスも逃がしたくないものです)


…で、亭主が電話。
あらら、ドライブモードだわ。
これは仕事中だろうか?パチスロ中だろうか?


「今、うちに持ってくる金、ちょうど作っている最中なんだよ。
 それで大負けして、さらなる墓穴を掘るんだよなぁ。
 (おおいに有り得る!激しく同意(笑))
 で、どうする?」


「何度か掛けてみてよ。
 だって、『今すぐタバコ買いに行きたい』んだから、
 それでもおかしくないでしょ?」


「あ、そうか。」


    *    *    *    *    *    *


「おい、今俺、トイレで大きいのしながら8回も掛けてきたぞ♪」


「あのね(-_-;)、ドライブモードでも
 全部履歴が残るんだからね。」


「うゎ、そうなの?」


ちなみに、うちのご亭主は今の今まで、
携帯・PHSにドライブモードという設定があるのを知らなかった(-_-;)
この人もアブナイかも。


と、私はPCに、亭主は競馬新聞に向かっているうちに、
ピ…と一瞬、携帯の音が鳴った。相手先は「非通知」


でも、多美子さんだ。そう思った。
ワン切りして様子を見ているのだろう。
と思っている間もなく、もう一度着信が鳴った。
耳をそばだてて、亭主の話を聞く。
が、亭主、すぐ電話切る。


あれ?何なの?今の?


「え?間違い電話だったよ。
 後藤ですけど、斎藤さん居ますか?だってさ~。」


「バカ!それ絶対多美子さんだよ、着信見てみ!」


「え?あ!本当だ。(二度目は非通知ではなかった)」


「もう、声でわからなかったの?
 とりあえずそういって掛けてくることもあるかもって思わない?
 知らない番号に掛ける時ならさ~。。。
 そういうときは、いきなり『多美子さんですか』て聞くのも手だよ?
 あ、だったら、ボヤボヤしないで今ここですぐ掛け直してみて!」


「え?今?"今"って今?」


「そう、今!今!今じゃきゃダメ!
 時間が経てば またドライブモードにされちゃうから。
 今なら絶対つながるから!ほら、すぐ!
 今ならドライブモード解除して、
 電話機手に持っているはずだから、きっと!!!」


連絡の取れなくなってしまったスタッフと接触を図るのに、
普段、最大限の努力をしている私は、
長年培った勘とノウハウが、
まさか、こんなところで生かされるとは思わなかった(爆)!
(なんだか職場の話を書いているみたいな気になるw)


    *    *    *    *    *    *


亭主が電話すると、図星で電話がつながった。
トンチンカンでかみ合わない会話は、
相手がウチの亭主とわかり、
慌てて意味不明の事を言って時間稼ぎをしているからで、
ようやく状況の咀嚼を終えた多美子さんが、
亭主と話をしている。


しかしな~、なんだよ、うちの旦那は?
さっきまでの剣幕はどこへやら(笑)。
「一発怒鳴ってやる」のはどうしたのさ。
その言い方なら、私のほうがよっぽどキツイわ(爆)。


さっきまで彼が話していた内容を、
詳細にここに書き連ねたいぐらいだが、
彼の名誉のために、やめておくことにする。
とりあえず、「俺は、ガツンと言ってやりたいことが山ほどある」
わけでは、なかったのね(爆)?


多美子さんの声が元気でデカいので、
話の中身がこちらにまで聞こえる。
「あらー、お父さんですか、いや、すみませぇん。
 ちょうーーーど今、家に帰ってきたばっかりところで~」


「あ、だから、早紀に持たせますから」(多美子)


「あ~、そうですか。早紀さんですか~」(夫)


(何時に来るか、時間の約束を取って。と乱雑に紙に書く)


旦那、無視。穏やかに世間話などしている。


(本当に来るのか、時間聞いて。約束させて。)


旦那、またもや無視(笑)。


で、電話が終る。


「早紀ちゃんが来るって言うから良いんじゃない?」


は?


「それは、昨日からわかってた話でしょ?
 何時に来るのか、どうやってくるのか聞いて、
 微妙に圧力掛けないとダメでしょっ!」


「えー、別にいいんじゃないの?
 おれ、ちゃんとしゃべったし。
 これでいいんじゃないの?」


あ、そ。


なんだか、嫌な予感がする。
「早紀に持って来させる」って、それ、
早紀ちゃんの貯金から出させるって事なんじゃないの?
早紀ちゃんが金策に走っている事ってないよね?
それに「早紀が持っていく」「早紀が持っていく」としか言えないのは、
多美子さんのそばに早紀ちゃんがいないからで、
それって、自分は今自宅に居ないって事じゃない?


お前さ~、疑えばキリがないだろ?
それって、職業病なんじゃないの?


あーそーですか。(でも…そうかもね(笑))


早紀ちゃんはこれから本当にお金を全額もって来るんだろうか?
全額返してもらったら経済的に助かる。
返済がなくても、貸しができて相手の有利に立てる。
ま、どっちに転んでも悪いことはないね。


それよか、うちら夫婦って、
まるで「チャングムの誓い」の
カン・ドックとその妻のようだなぁ…
我ながらおかしくなっちゃった(笑)


つづく
(…ことになるのやら?ならないのやら(笑))


« 借金取り大作戦 | トップページ | 借金取り大作戦3 »

家族のココロ、家庭のキモチ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54136/9815651

この記事へのトラックバック一覧です: 借金取り大作戦2:

« 借金取り大作戦 | トップページ | 借金取り大作戦3 »

スポンサーリンク

3か月継続で白歯実現!

介護の転職

経理の転職

無料ブログはココログ

★★★