☆女の子に大人気!春のカジュアルコーディネート♪


   

« 欠勤が多い人の周辺 | トップページ | 成長を見守る事ができますか »

2006.03.18

ダメな奴はリーダーにしちゃえ

ragnarok




お葬式って、どのあたりまで、
「仕事休んでも出なきゃなぁ…」って思いますか?


遠縁の不幸」で月曜から3日間の予定で欠勤している
繭香さん(20代前半/女性スタッフ/仮名)から、
木曜の朝に再び電話が入った。


「葬儀の手続きとか事務処理?とか後片付けが長引いているので」
もう一日休むことってできますか?
と、いうものだった。


「来た!(笑)」と苦笑すると同時に、
そろそろ限界だな…と思う。


"午後から出社"などの遅刻も含めると、
この人がまともに朝から来て普通に帰った日は
規定日数の半分だ!
一ヶ月のうち、半分の朝になんらかの連絡が入るので
その日の勤怠連絡を現場で受け付けている夜勤明けのスタッフは、
かなりウンザリしている。


最近では、どの人も機転を利かせて、
彼女からの電話に関しては、
保留にして私を探して呼びに来てくれるのだった。


「もう一日って休めますか?」
「厳しいね…」
「あ~、でもぉ…」
「繭香さん、ちょっと聞いてもいい?
 実は私、かなり前から班員の皆さんに
 『繭香さんはこの週は絶対休むと思いますよ?』
 と、何回か聞かされていて、実際のその通りだったので
 何か思い当たることはないか聞きたいんだけど。」
「いえ、ありません。っていうかぁ、私、休みが多いので
 みんなそう思ったんじゃないですか?」
(お、そう来たか(笑)!敵もさるもの(笑)!)


「あ、そう。疑っているようで申し訳ないけど、
 他の人が「きっと休む」と思っている日にやっぱりお休みになるし
 他の日も欠勤が多すぎるし、人数が少ない交替制の
 今の班ではちょっと戦力にならない感じがしますね。
 なんか無理なんじゃないかと思う。
 今週はもういいから、そのまま休んでください。
 来週、移動の話をしたいので必ず出てきてください。」


遠縁でも密な交流があって世話になったとか、
喪中ハガキを欠勤証明として提出する
(最近欠勤証明の提出がルールになった)とか、
いろいろ事情の説明はあったけど、
いずれにせよ、どうせ明日も来ないだろうと感じたので、
思い切って休んでもらう事に方針を変えた。
明日の朝、また同じ電話を繰り返すのはご免被りたいし^^
ならば、むしろこの間に対策を練りたい。


すでに出社している何人かのスタッフは、
このやりとりを多少ビビって聞いていたことだろう。
今回は、私は敢えて場所を変えなかった。
そういったところもまた、パフォーマンスのひとつではある。


    *    *    *    *    *    *


今週は(オンラインゲームやんないからよくわかんないけど(笑))
火曜日にラグナロクオンラインの大幅アップデートがあったらしい。


男の子達が口々に、
「絶対来ね~よ、あいつ」「まず一週間は固いね」
と言い合っていた矢先の月曜の欠勤連絡だったので、
それを班に伝えに言ったときの反応は、
まさに、「キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!」そのものだったけど、
「3日で済むわけがない」「木曜にはまた連絡来ますから(笑)」


それがまた、すっかりその通りのBingo!なわけで
彼らって本当によく人を見てるよね(笑)。


が、そろそろこのままというわけにもいかないな。
仕事を休んでもゲームに没頭したいのは、
本当は彼らなんだ。
班長の神田君(30代前半/男性スタッフ/仮名)が
たまに取る有給も、私はそっち系だと思っている(笑)。


そこに折り合いのつけられない人が
毎日のように朝に電話をよこして、
「今日は午後から出社します」だの
「今日は休ませていただきたいんですけど…」
だの、業務への大きな支障を省みることなく、
平然と連絡してきている(ように見える)事が
メンバーの大きな苛立ちとストレスになっているのだ。


こんな人は、本当は「お断り」したいよ^^;
だが、うちの課は「人に優しい」社員が多いため、
本当に100%アウトで出社できないような人でないと、
契約会社の判断でスタッフ交代することを非常に嫌う。


何より繭香さんは前職でリーダーさんだっただけあって、
出社してさえくれば、お客様対応は抜群で、
仕事はメチャメチャできる人なのだった。。。


そんな人材の「引き上げ」を企業さんが歓迎するとは思えない。
「契約会社さんの努力が足りないのでは?」
という突っ込みを逆に食らって、
「何とかしなさい」と、どうせ指導を依頼されるだけだろうね。
今の段階では。


    *    *    *    *    *    *


繭香さんの班は交替制でしかも人数が少なく、
一人が欠勤したときの影響がとても大きい。
しかも土日祝は一人勤務なので、
勤怠に確実性のない繭香さんは、
班長判断でシフトには入れていない。


だったらもう少し人数が多くて、
1~2名の欠勤があっても業績に重大な影響はない
同グループ別班の平日チームに移動させればいいのだが、
(繭香さんはスキルが高いので異業務でも短期で立ち上がるだろう)
これを、当該班長のレイちゃん(20代後半/女性スタッフ/仮名)
が、納得するわけないね(爆)!!そんなの考えるまでもない。
勤怠が悪いとわかっている人なら誰だって断固拒否!だ。


最近、班のメンバーも本人もようやく落ち着き
実績も再び上り調子に転じたばかりなのに
このタイミングでレイちゃんの班に新たな火種を落とすのは、
個人的に絶対にやりたくない!


そう思っていろいろ考えていて、
ふと、奇策?が浮かんだ(笑)。


そうだ!リーダーにしちゃえばいいんだ(笑)!


今なら、先月退職したマナーリーダーの枠が空いている。
この仕事は、スタッフのお客様対応を日常的にチェックして
定期的に面談して、改善点を「ご指導する」というもの。


普通に考えて、
人を指導するに足る人格と技量を持っている人材が、
まだ役職のない今現在の平のスタッフには見当たらないため、
適任者不在というステータスのまましばらく後任をつけないでいた。


また、日々実績数をにらんで仕事している私達からすれば、
実務に従事しているフロントスタッフを
それに抜かれてしまうとストレートに数字に響く。
社員もそれをよくわかっているので暗黙の了解として
今はなんとなく放置してくれているのであった。


リーダーは、肩書きとしては平よりエライ。
(でもなんと時給は一緒。上がるのは班長から。)
が、実績の観点から見ればフロントスタッフのほうが
はるかに貴重な存在なのだ!
欠勤が多く、どうせどの班でも受け入れ拒否な人なら、
休んでも直接実績には響かず周囲に影響も与えない
マナーリーダー単独業務にポン!と入れちゃって、
皆さんから完全隔離するのも手だよな(笑)!


#交替制からマナーリーダーのような平日勤務になると、
#例えリーダーになっても時給は下がる。
#それもまた皆さんの不満を和らげる材料になる事だろう^^


うん。そうだわ!それがいい!そうしよう~っと♪♪


実はお客様対応が抜群にいい彼女は、
前回のランキングでは得点が「2位」だった!
その一点だけを抜き出し、ルールにそって個別に評価すれば、
彼女はマナーリーダーにふさわしい技量の持ち主なのだ。
「行ける!」ふと確信が生まれる。


    *    *    *    *    *    *


そうと決めたら早速根回しに入る。


実は今、契約会社のほうでは希望者がひとり上がっており、
それがなかなかいい方なので、
今の私は好カードを持っている状態なのだった(笑)。


【まずは対"レイちゃん"】
休憩室に個別に呼んでちょっと打診してみる。


「ねーねー、最近B班の繭香さんの欠勤が続いているの
 知っているよね?」
「はい。彼女って休んでばっかりですよね。。。
 理由は一体何なんですか?」
「今回は"遠縁の親戚の不幸"って事になっているけど、
 それもよくわからないの。」
「ですよね~。体調不良も多いみたいですけど、
 彼女の場合は、ちょっと"体調に原因がある"
 って感じはなんかしないですよね。」


「うん。同感。
 でね?以前主任とその相談をしたときに、
 『平日班ならやれるんじゃないの?』って言われているんだけど、
 どう思う?どう思う?そっちの班に移動してもらうって言うのは?」
「え!!!!うちですか!!!!(思わず自分の顔を指差す)
 うーん… … … 正直言って… … うーん … …」


(沈黙)


「だよね?私も要らない。欲しくない(笑)。
 そこで相談なんだけど、彼女、マナーリーダーってどうかな?」
「は!マナーリーダーですか?」
「そう、マナーリーダー♪」


「そうですねぇ…点数がいいので不適格とは思いませんが、
 彼女に指導されることを、他のみんなが納得できるかどうか…」
「そう、そこが「ご相談」なのよ。
 こんなに休んでばっかりで、いい評判もあまり聞かないし、
 そんなヤツには指導なんかされたくないのが人情だと思うのね。
 それじゃ、仕事仲間として班で受け入れて
 同じ目標の下で同列に仕事していくのとどっちがいいか?
 と言えば、 皆さん、
 一緒には仕事したくないのが本音だと思うの。」
「あぁ、それはもちろん、そうですね。」


「だったら、ここはひとつ割り切って、
 リーダーさんに据えておいて、月に一回だけ接触して
 一応『はい、はい…』と言う事は聞いた上で、
 残りの日は、自分達とは直接の関係がない状態で
 いてもらったほうがみんな楽だし、ギスギスもしないんじゃないの?
 あとは仲間内で言いたい放題に悪口でも言って
 ネタにでもしていてくれれば(笑)。」


「皆さんの気持ちをそんな風に内々に持っていくことってできる?」


「あ、それはできます。それは問題ないと思います。
 うちでもユウ子さん(30代後半/女性スタッフ/仮名)という
 爆弾(メンヘル系欠勤多発者)を抱えているので、
 問題のある人は一人でたくさんだ、って感じです。
 それも実績が上がってようやくみんな何も言わなくなったのに、
 これ以上はちょっと…  わかりました。それでやってください。」


レイちゃんの気持ちはわかっていた。


マナーリーダーはまだ班長でなかった頃のレイちゃんが
初代リーダーとして土台を整理してきた、
彼女にとっては思い出のあるポジションである。


お客様対応の品質向上の為にやりがいを持ってやってきた人には
数代を経た自分の後任に、こんな形で人が移動してくるのは
やりきれない思いもあるだろうし、
実際にそれがマナーアップに貢献するのかどうかも疑問である。


が、私もレイちゃんも、ここ一年の実績の著しい低迷に、
長く苦しんできた。
そのきっかけの一つが、「大きな実績を上げている」スタッフ2名を
実務から抜いてマナーリーダーにした事にも端を発しており、
その、班の実力が落ちてしまった状態に、
新規業務やら業務拡大などが次々とかぶさって、
状況があっという間に、ゴチャゴチャして来たのを痛感していた。


当時は社内の一大施策として開始されたマナーリーダー制も
今はすっかり落ち着いて、各課の裁量に任されている空気がある。


「女は現実的」というけれど、
私もレイちゃんも、この場合は「現実」を取りたいのだった。


    *    *    *    *    *    *


【対"神田班長"】
この人は、「繭香さんはもう要らない」の一点張りなので(笑)、
話は早いだろう。


「繭香さんをね、そろそろ移動させたいと思ってます。」
「当然でしょう。どう見たって普通じゃないです。」
「でも、レイちゃんは要らないって言っているよ、困るって。」
「うーん、ある意味、それも"当然"でしょう(笑)。
 彼女が欲しい班長なんて居ないですよ。
 (↑おぃおぃ、無責任はヤツだなぁ^^;…)」


「じゃ、どうすんのよ?」
「どうしましょう(笑)」
「レイちゃんは断固拒否だよ。
 向こうはOLAで罰金(ペナルティ)かかっているから
 そっちよりは緊張感があって皆必死だよ?
 ここはレイちゃんと一発ケンカでもする(笑)?」
「うわ、負けそうだな、オレ。(ポリポリと頭をかく)」


「で、奇策ですけど、繭香さんをマナーリーダーにするってどう?」
「あ、いいんじゃないですか♪(即答)」
(おぃ、↑本当に真剣にモノを考えてる??)
(居なくなるなら何でもいいって思ってない?^^;)


「いや、お客様対応だけは見事だと思いますよ。
 説得も上手いし、それはそれで別に考えて、
 オレはすごく評価してます。
 確かにリーダーには向いているんじゃないですか?
 毎日きちんと出てきてくれたら、ですけど(爆)!」
(なるほどね、男性らしい意見だね。)


「じゃぁさ、ここで聞くけど、
 彼女がマナーリーダーになったら、
 今の班員の皆さんは、"あの繭香さん"さんから
 月に一度"ご指導"を受けなくてはいけなくなるわけだけど、
 それって皆さん、我慢できるの?
 …て、いうか、ここで一緒にやっているよりは"マシ"だよね?
 という感じに皆さんの反発を方向転換させることは可能?」


「大丈夫です。それは全く問題ありません。
 身近なところにいて朝の勤怠連絡のたびに
 班内が騒々しくなるよりは、関係のないところで
 関係のない仕事をしていてくれたほうが、
 みんな楽だと思います。」


「みんなが楽」じゃなく、「オレが楽」なんだろうと思う。
これ、相当班員の人達からいろいろ言われているんだろうな。


よし、決まった。これで根回しはOK!
残りの班長達は、皆仲の良い班長仲間であっても、
業務的にはあまり交流がないので、
繭香さんがどんな人かは詳細に知らない。
自分のところのスタッフさんを抜かれないだけ
「まだマシだ」と思うことだろう。


「AよりはBのほうがまだマシ」という論点で進めているこの作戦は
なんだか、思い切り「究極の選択」だなぁ…と苦笑する。


    *    *    *    *    *    *


繭香さんは指導力はある。
前職でリーダーだったのはウソじゃない。
かつての彼女の後輩だった人がうちのフロアには複数いる。
が、非常に苦情の多い悲惨な業務だったらしく、リーダーだけでなく、
スタッフの大量欠勤も日常茶飯事だったらしい。
(だから目立たなかったし特に休みが多い感じではなかったとの弁)
(半分はかばっているけど、半分は本当だろうね。)
そんな状況の中で、ゲーム依存症的な悪い癖が
ついてしまったんだろうな。。。


#ていうか、そっちの世界では
#かなり名の知れた実力派ゲーマーさんだったりして(笑)。。。
#だったら、あんたら、束になってもかなわないんでないの?
#な~んて、私が言うべきセリフではありませんね(汗)。


彼女の勤怠がこれで極端に向上するとは思えないけど、
2名のうちの1名という業務なら、
少しは責任感も増すかもしれないし、
何より「人を指導する」という行動に心地良さを感じたなら、
案外、まさかの逆転はあるかもしれない。
いや、むしろ私はそこに掛けたい気持ちもあるのだ。


問題は、この提案を主任が許可してくれるかどうか。


そして何よりも、月曜日に彼女が出社してくるかどうかだ。


結論は週明けに持ち越し。
状況を察した繭香さんがそのまま月曜もまた休むのなら、
「それまで」と思うことにするよ?私は。

« 欠勤が多い人の周辺 | トップページ | 成長を見守る事ができますか »

.ビューティフルヒューマンライフ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54136/9111488

この記事へのトラックバック一覧です: ダメな奴はリーダーにしちゃえ:

« 欠勤が多い人の周辺 | トップページ | 成長を見守る事ができますか »

スポンサーリンク

3か月継続で白歯実現!

介護の転職

経理の転職

無料ブログはココログ

★★★