« ポジティブな課長 | トップページ | タイムマシンにお願い »

2006.03.05

電話(通信)の世界

ぷらちゃーん、なんだかわけがわかんない…


と、母に呼ばれて行って見ると、
その手にはKDDIの請求書が握られていた。


「これ見て。こういうのが来ているの。
 全然心当たりが無いし、これって詐欺かな?」


架空請求ハガキの件があってから、
母は「詐欺」という言葉がお気に入りのようで、
ちょっとした事でも気軽によく使う(笑)。


それを見せられた私は、中を読み、思わず苦笑^^
大げさにずっこけてよろめいたジェスチャーのあと、
おもむろに身を起こして、
「それってこの前、お母さんが自分で申し込んだやつじゃないの。
 ちょっと前に私に言ってたでしょ?
 なんだか電話が安いっていうからお願いした、って。」


「え?あれがこれなの?」


「お母さん、あのさ、一体電話してきた人は
 社名を何て名乗ったの?どこの会社のどのサービスに
 どんな風に申し込んだの?ちゃんとわかって返事してる?」


「いや、良く聞いていなかった。忘れた(笑)。」


ガク。。。orz


「ダメジャン!!そういうのをきちんと確認しないとっ!
お母さんみたいな人が振り込め詐欺にあうんだからねっ!!!
『ぷらちゃん、これって詐欺かなぁ』って、
自分で申し込んでおいて(爆)!」


と、私はこの、私以上に能天気でいい加減な母を叱りつつも、
状況は母の話を聞いて自分なりに理解できていたので、
説明してあげる。(エライな、私!(笑) )


ていうか、あなたの電話に関して
あなたがあなたの意思で申し込んだのに、
なんで私がご丁寧に解説せにゃならんのだ(笑)?


私は、母が電話セールスで申し込んだのは、
KDDIの「メタルプラス」というサービスで(たぶん)、
それによって設備や仕組みの違う通信になるけど、
それはあくまでも電話局から向こうの見えない世界の話であって、
ユーザーであるお母さんは何にもしなくていいし、
電話番号も変わらないし、
何も意識せずに普通に電話していればそれでいいサービス。


と、回答。


「あら、だったら、断然お得じゃない?」


「だーから、申し込んだんでしょ!」


「あら、そうだったかしら?
 なんだかねー、そうね、そうそう、言われてみれば、
 いまのぷら子と同じ説明を聞いたような気もするけど、
 もう難しくて全然よくわかんないし、
 記憶にあるのは『電話が安くなりますよ』という言葉だけ
 なのよね^^;アタシって人がいいよね、うふふ。」


「うふふ…ってさ~。これがね、
 私のほうと、お母さんの方が同じ回線だったら、
 (現在、我が家は二回線)
 うちらに取って、ある日突然インターネットが
 つながらなくなる一大事なんだからね!
 (それでプロバイダに怒鳴り込んで赤恥をかいた友人がいる。)

 そんな一回の電話で『ハイハイ』と簡単に返事なんかしないで、
 会社名とか商品名、担当者の名前とか
 マジでちゃんと聞かないと ダメだよ!」


つうか、そんな電話一本で
契約書もなしに契約が成立しちゃうって
安易過ぎてすごいな。
あ、でもプロバイダー申込みもそんな感じか…
そう言えば、会社の研修用回線を申し込むときに、
軽~い気持ちで問い合わせをしたら、
「このお電話でお申し込みできます!」と
明るく (でも強引に) 言われて、
面倒だから、そのまま申し込んでしまったんだったな(笑)。


「でも、いきなり請求書が来るわけ無いから、
 申込みのお礼とか内容の案内とか料金体系の資料とか
 そういうの、全然今まで来ていなかったの?」


「それがね…
 今思い出したけど、自分には関係の無い宣伝だと思ったから、
 KDDIなんて会社、聞いた事も無いし、
 中も開けずに届いてすぐに捨てちゃったんだよね。。。」



「だっててっきりNTTの人としゃべっていると
思っていたんだもーん。。。」


「それが甘いっちゅうねん(笑)!
電話=100%NTT は昔の話なんだからね?」


「あーもう、わけがわからなくなってきた。
 どうでもいいけど、じゃ、これはこれで問題ないのね?」


「ありません。(たぶん)(笑)」


「なんだか、最近、しょっちゅうNTTからも電話が来るし、
何の連絡だろうと思って話を聞いていると、
"なんだかサービス"のご案内とか言っているし、
電電公社も民営化したら、セールスばっかりやってて
すごくしつこいのもあるし、あれじゃ誰だって怒るわよね。」


うーん、それって各通信会社と契約している
販売代理店からのテレフォンセールスか
委託された契約スタッフからの電話だと思うけど、
うちの母にかかると、KDDIでもauでもdocomoでもwillcomでも
およそ電話と名のつくモノはすべてNTT、
発信者はすべて「NTTの社員」と変換されてしまい、
自分が使っているPHSのwillcomという名称さえ、
つい最近までうちの母は、それがPHS会社の名前であるとは
ツユにも思っていなかった模様である。


「じゃ、どこだと思っていたの?」
「え?NTTでしょ?」
(「ギャハハハハーーー!!!」←たまたま居合わせた長男と次男)


亡くなった父は郵政の公務員だったので、
かつて逓信病院をシェアして使っていたもの同士として、
親しみがあるのはわかるけど、そっちのネタになると、
毎度事あるごとにとんちんかんな質問をして
二十歳を超えた孫達におおいに受けている母なのであった。


    *    *    *    *    *    *


それにしても、こんな会話なら
日本全国でさぞや交わされていることだろうと思う。


電気といえば電力会社、
水道といえば水道局、
電話といえば電電公社、
だった時代を生きてきた人にとっては、
「電電公社」以外の民間会社が電話に関する
各種のサービスを提供しているなんて、
どうにも理解しがたい。
それほど、「電話」には公共感が強い。


うちの母と話をしてみると、
どんなに頑張ってみても、
「このたび日本で初めて新しい電話会社が出来て
 0088や0077を頭につけてダイヤルすると、
 市外通話がお安くなるんだぞー」
といった10年前(たぶん)の出来事のところで
時間はストップしており、
マイラインまでは理解できても、せいぜいそこまでである。


そう言えば、当時働いていたセールス系の会社が
DDI(当時)の代理店になったお陰で、
私達は自分の顧客に「何が何でも一人三本!」をノルマに、
DDIの申込みを取りに歩かされたっけなぁ。。。


あれから約10年、こんな時代が来るとは思わなかったよ。
ていうか電話の世界が「変わっていく」なんて、
想像してみる気持ちさえなかった。


考えてみれば、その当時必要に迫られて買ったPHSは
私の周りではまだ誰も持っている人が居なくて、
友人達に珍しがられたりしたけど、今ではその友人達が
当たり前のように子供達に最新の携帯を持たせているんだものね。


鼻持ちならない自慢げなステータスだった「携帯」は
今や個人必須アイテムだもんね。


    *    *    *    *    *    *


知り合いが
取引先の付き合い経由で持ってきた話の特典に惹かれて、
ついに私もBフレッツにする事にした。
だって近くにある量販店の5万円商品券がもらえるんだもの!(笑)


うちの地区では、「光」の選択肢はそれしかないし、
PCに入れているDiceというDDNSの履歴を見ていると、
本当にしょっちゅうIPが変わっているようなので、
ここのADSLって思った以上に不安定で
良く切れているみたいなんですよね。


で、それによってプロバイダ契約がどう変わるのか
ニフティのサイトをツラツラと眺めていたところ、
「Bフレッツにすると電話は光電話」なんて書いてあって、
あららら、こいつはヤバイぞ!と。


我が家の電話のうち、
ぷらたなす家側の電話はニフティフォンCというIP電話なんですが、
提携プロバイダのIP電話同士の通話料は
距離・時間に関係なくタダ!というメリットを最大限に利用して、
長男が札幌にいる彼女に夜通し電話をかける、かける…


Bフレッツの光電話にすると、そのメリットがなくなっちゃうので、
うちは大いに困るのだ。。。


それで昨日、ニフティのサポートセンターに電話。
「そのうちNTTから電話が来るので、
そのコンサルティングのときに今のIP電話は継続したい
と、NTTさんにおっしゃっていただければ大丈夫です」
と回答をもらい、安心したわけですが、こうなってくると、
ネットの話なんだか、電話の話なんだか、
聞いている家族のほうもすっかり混乱してきて、
誰もアタシの話なんか、(グス…)まともに聞いてくれないのよね。
「お母さんがよけりゃ、オレ達それでいいから。」
(要するに面倒なのだ(笑)。)


今は電話の通信も
インターネットを経由するように切り替わってきているし、
プロバイダ契約と電話の話が
一緒になる場合もあるのは当然なんですが、
膨大な時間とお金を掛けて整備されてきた
今までの電話網ってこれからどうなっちゃうんだろう…と思ったり、
そうでなくてもどこか信用できない「インターネット」というインフラに、
大事な電話の通信まで
すべて任せちゃって大丈夫なんだろうか?とか、
(私はイメージ的になんとなく嫌(笑))
通信の来し方行く末をいつになく考えちゃったよ。


    *    *    *    *    *    *


ところで我が家は一軒屋。
なので、光にするとインターネット料金は結構お高くなる。
それがネックで今まで全然考えても見なかったんだけど、
モデムに飽きたっていうか、光の接続装置ってどんなかなぁ…
と、変な興味もありまして(笑)。


それでいろいろ見ていたら、わ!光ファイバーの敷設って
自宅に高所作業車が来るんかい?
こちらの方のページ参照)


うわっ、やだなぁ。。。
なんか物々しくて大げさだなぁ。。。
もし本当にこうなら、近所の口うるさいおばさん達に、
「いったい何の工事なの?」って絶対口々に聞かれるだろうなぁ…
うわ、やーだなぁ。。


そうでなくても、筋肉オタクの長男が
夜中にカーポートでベンチプレスして、
バーベルをコンクリートに置く音がうるさくてヒヤヒヤしたり、
バンドでドラムをやっている次男が、
おばあちゃんのアトリエ用離れで
たとえ練習用のパッドでも音が十分うるさくて、
ご近所迷惑が気になっているのに、
「今度はインターネットだってよ?」なーんて言われたら、
ますます我が家は、わけのわからん家になりはしまいか?(爆)


さて、リンクを張らせていただいた方のサイトの写真のように、
うちも、田畑の多い農村地区ですが、
うちの地区の光ケーブルがいったいどこまで来ているのか
見当もつきません^^;
クロージャーなんてこの辺では見当たらないぞ?


20年前、自宅に有線放送を引きたかったご亭主は、
(有線ってつまりあのお店でなっているいわゆる有線放送です^^;)
自宅周辺にはケーブルが一切来ておらず、
隣町からのケーブル敷設費は自己負担と聞いて
一瞬にしてそれを諦めましたが、
(同居で引っ越してくる前はアパートに有線放送を入れていた)
光ケーブルはNTT様が家の前まで引いてくださるので、
思い切り助かりますね。
キャンペーン中は工事料も無料だし(笑)、
唯一の懸念は、工事日(まだ未定)までに、
部屋周りを片付けなくちゃいけないという大きなプレッシャーかな(笑)。


それにしても電話はこれからどう変わって行くんだろう。
過渡期に立ち会えるのは、幸せだなって気も、
実はしているんだけど。


 
 

« ポジティブな課長 | トップページ | タイムマシンにお願い »

私の辞書に「コスメ」はない?」カテゴリの記事

コメント

ぷらたなすさん、こんばんわ
お先に光の国の住人のあるすです
といってもうちはマンションBフレッツですが(´▽`)
我が家の奮闘記も記事でありますよ

お母様のお話、よ~くわかります
うちの母も同じですから
今度、我が母の伝説もいろいろネタにしてみようかな

>膨大な時間とお金を掛けて整備されてきた
>今までの電話網ってこれからどうなっちゃうんだろう…と思ったり
そうですね、これを最大限に利用するためのADSLだった部分もあるんですが
けれど現実的に、まだアナログ通信網の需要はあるわけなんで(FAXだとか、クレジットカードの決済機とか)
なんだかんだ言って共存していくと思いますよ

あるすさん、こんばんは。

>我が家の奮闘記も記事でありますよ

あー、私があるすさんのところを訪問し始めたときあたりに載っていたような…もしかしてそれですか?Bフレッツに関しては、一戸建ては以前にも増して損なので(笑)、いえ、集合住宅タイプがどんどん値下がり?してくるのに比べてってことですけど、むしろ一人暮らしの若者のほうに普及が広がっている感じがします。(私の周りではね)

従来の電話網は加入者と加入者を通話の間だけ専用線で結ぶわけですから、なんか古いけど頑丈なイメージがあるんですよね。なーんて、ここ数日ネット見てて調べたりして、付け焼刃の知識なんですけどね(笑)。停電時でも使えるので安心の一本としてやはり残しておいて欲しい気がしますよ。我が家のヒーターにひとつだけ反射式ストーブを残してあるように。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54136/8950699

この記事へのトラックバック一覧です: 電話(通信)の世界:

« ポジティブな課長 | トップページ | タイムマシンにお願い »

スポンサーリンク



ウォーターサーバー売上No.1

  • RO水/回収硬質ボトル/法人客多

ウォーターサーバー売上No.2

  • RO水/回収硬質ボトル/法人客多

ウォーターサーバー売上 上位

  • 天然水/使切りボトル/個人客多

ウォーターサーバー売上 上位

  • 天然水/使切りボトル/個人客多

ウォーターサーバー 3位争い

無料ブログはココログ