« 結局みんな現場が好き | トップページ | 条件にこだわるな »

2006.02.01

情報をガツガツ取り込む癒し

契約会社での事前研修を終えて、
新人の遠藤君が昨日現場入りした。


昨日は、契約部門の課長に挨拶をし、
現場班長に彼を引き渡して後のことを頼み、
その足で契約会社に出向いて、
次の新人さんの研修を行う。


次の新人さんは、前線で実務にはつかず、
事務職で入る方なので、
本来研修は不要なのですが、
エクセル・ワードは使いこなせても、
業務でメールを使った経験がない人なので、
メールのやり方や雰囲気、
そして誰も教えてくれない暗黙の習慣やローカルルールなど
私でも教えられる、すごーーーーく、基本的なことを
1日がかりでお伝えする。


例えばプライベートで
盛んに知人とメールでやりとりをしている人であったとしても、
cc: bcc: などは使ったことも無く、
意味のよくわからない人がほとんどである。


また、業務メールやネットの掲示板等の経験の無い人は、
返信のたびに新たな件名をつけ直したり、
引用文をわざわざ全部削除してしまうなど、
ご本人は今までなにげにやって来たことでも、
そのままだと現場がとても困ってしまうことも多い。


ていうか、きのうの人は、
メールで返信ボタンを押したときに、引用符が付いて
元メールの文章が自動的に返信メールに入るのを初めて見たらしく、
「これはどういうことですか?」と、すごくビックリしていました。


メッセンジャーも初めて。
メッセンジャーは私の職場で
極めて重要なツールなので、
これにも慣れていただかないと、
置き去りにされちゃいますね~^^;


顔文字は使ったことが無く、
(まぁそれはどうでもいいんですが(爆))
当然ながら、メーリングリストで議論しながら
物事を調整したり、決定したりした経験も無い。


契約会社は、事務職と言えば
「事務職募集」みたいな広告を出すけど、
普通に事務経験があるだけの控えめな女性だと、
おおいに面食らう職場の体質だと思います。


一連のライブドア関連の報道なんか読んでいると、
「社内のほとんどの連絡がメールで行われていた模様」
なんて、皮肉が入り混じったような記述を見かけますが、
それが日常的な職場にいる人達は、たいていが
「なんだよ、この書き方って…」と
思っているかもしれないですよね。


私は今の職場に「ド素人」で入りましたが、
幸いなことにパソコン通信(nifty serve 会議室等)
の経験があったので、初めて職場のメールをみたときに、
「あ、この雰囲気ね♪オケ、オケ!」と、
少しだけ入っていきやすいものがありましたが、
そうではない大半の職場の方達から見たら、
確かに独特の雰囲気はあるかも。


んなわけで、研修。
「このまま何の事前説明もせずに入れたら、
彼女は絶対戸惑うタイプの人だから、
必須!必須!必須!研修は絶対必須!!」と叫んで(笑)、
事前研修を強制的?に一日だけ
セッティングしてもらったわけです。


    *    *    *    *    *    *


それにしても、そういった
自分の身のうちにあるノウハウを放出してばかりいると、
精神的にすごくおなかがすいてきて(笑)、
かねてから知りたかったことを調べてみたり、
人が書いたものをとことん読んでみたり、
リアルな話題をネットで追いかけてみたり、
すごくガツガツと新しい何かを仕入れたくなります。


「へぇ、そうなんだ!」と
初めての情報を好奇心を持って身に染み込ませていくのが
こんなときの、私の一番の「癒し」みたいです。


そして、私の場合のそれは、
「ねぇ、ねぇ、知っている?」と人に話すためではなく、
完全に自分のためだったりします(笑)。
「ほう、なるほど。。」と深くうなずける瞬間がひとつでもあれば、
内容は問わないんですよね。


教えてばかりいると、突然何かに教えられたくなるわけですよ。


    *    *    *    *    *    *


ま、そんなわけで、
ここ一週間は自分のblogの更新もせずに、
ひたすら上述にも書いた
ライブドアの話題を追っかけてました(笑)。


2chの「ニュー速」とか、
「きっこのblog」とか
「ストレイ・ドッグ(山岡俊介取材メモ)」とか、
「世に倦む日々」とか,
「二階堂ドットコム」とか。
(ほか、いろいろ)


普段なかなかゆっくりテレビを見る時間のない私は、
ニュースも家事をしながら目に留める程度、
新聞も土日だけ読むという感じ。


けれどパソコンだけは職場でも自宅でも毎日触っているので、
思わず目に付いたポータルサイトのヘッドラインから、
ついついリンクをクリックしちゃうことも多いんですが、
職場では、仕事に関係の無いサイトの閲覧は(一応)禁止だし^^;、
(深夜帯は結構、みんな見てたりしますけどね(笑))
家に帰ってまでニュースや関連記事を見たりはしないんですが、
先月起きた「赤ちゃん連れ去り事件」だけは、
地元の事件(しかも個人的に身近な地区)
だっただけに強い関心があり、
脅迫文が公開されたときには、
「おー!なんか情報ないかな~」と
久しぶりに2chを覗いて見たんです。


で、さすがに話題の事件だけに
(病院の名前も話題^^;!)
そこからがお祭り状態だったわけですが、
あるタイミングに、
「今、○○地区に警察や新聞記者がたくさん集まっている」
という書き込みがあって、(レスがひとつ付いただけだったけど)
結局それがまさに犯人の自宅の周辺だったんですよね。


そして、その書き込みがあったのが、
容疑者についての第一報が流れる数時間前だったので、
「へ~、すごいな…」と、変に感動しちゃいました。
まさに草の根情報力だな…と思ったり、
こんなところにも意外な真実が転がっているんだな…
と思ったり。


また、ほとんど無視されていましたが、
「取引先なので院長を知っているけど、普通に良い院長に見えた」
「けっこういい病院だったのに…」
という書き込みもあって、無責任な憶測が散々乱れ飛ぶ中、
それも今思えば、ごく少数派の正しい見方だったのかな、と。


考えてみたら、リアルタイムで現実的な情報なら、
今はネットが一番早いもんね。
書けばすぐ「公開」だし加筆・訂正もすぐできるし。
そう思うと、「新しくて面白い記事ないかな?」と、
ついあちこちめぐってみたくなるわけです。


そうすると、今度は速報性だけでなく、
スクープ性のある内容のサイトにたどり着いたりして、
心身が疲弊してなんにもしたくないときには、
そういったところを鵜の目鷹の目で巡回しているに限ります。
「え?これってやっぱりホントなの?!」みたいにね。


ただ私にとっては、
「ふーん」と思ったり、「ほ~」とビックリしたり、
「へぇ。。。」とうなずいたりする事で
自分の疲れた?心が回復していく、ただそれだけなんですが、
(その割には、ライブドアは段々重い内容になって来ていますが…)
こういった、パワーと影響力のあるblogを読んでいると、
ジャーナリストなどの方達の権力にとらわれない
自在な発信の場は今やこっちにあるんだなぁ、と。


紙や電波などの既存のメディアは
生きが悪くなっているっていうか、
エネルギーを失っているって言うか、
みんなが本当に知りたがっている事を提供するメディアは
こっちに移ってきているんでしょうね。


でも、それはある意味、
届く人には簡単に手が届くけど、
届かない人にはどうやったって届かない
この小さな箱(PC)の中に潜ってしまったような気がして、
なんとなくアンバランスを感じたりします。


でもこれじゃ、やっぱり広告収入は伸びますよね?
(みんなが参入狙っているのも、ちょっとはわかる)
(ただし、私自身はネット上の広告で購買意欲をそそられたり、
何かにすごく興味を惹かれてそのサイトを訪ねたりしたことは無い)


    *    *    *    *    *    *


さて、一大事件が起こったときに、
NHKでは絶対取り上げないネタを民放がやっていたり、
新聞によって、内容が少し違っていたり、
それがわかっているからこそ、私達庶民は
「こっちが面白い!」と思えば、野次馬根性丸出しで^^;
そっちに走るわけですが、
前述の一部サイトでも取り上げられ賞賛
「駅売りは完売」とどこかで読んだあとに、
ふらっと近くのコンビニに寄って見たら、
話題の「週刊文春2月2日号」は、
発売後3日たっても、
どこの店にも普通に数冊、売れもせずに置いてあって、
これまた「ふーん」て感じで、
妙にアンバランス(笑)、でも妙に納得。


思えば私の住んでいる地区は、
どちらかといえば「文春」が売れるような
土地柄じゃないもんなぁ。。。
続けて話題になっている「週刊ポスト」なら
売り切れているんだろうか??
いや、きっとそれもないな。
だってそもそもビジネスマンがいなさそうだもん(笑)
うちの周辺て古くからの畑作地区ですからね。
(※でも私はポストが昔から好き)
(参照:↑「男性ばかりのラーメン屋」
(ちなみにこの記事、↑文中の国名が引っかかったらしく
昨年livedoorニュースにリンクが貼られてビビリました→こちら
どこが「関連blog」だよ?ネタ?を期待してきた訪問者に
申し訳なくて仕方なかったですわ^^;)


あ、そうそう。
ずっと見守っていた内容がダークな話題ばかりなので、
感想は差し控えようと思っていましたが、
ただひとつ、
何らかの才に恵まれ、若くして(例えば学生のうちから)
起業する人は、攻めは得意でも守りに弱く、
自分は相手を利用してうまくやっているように見えて、
実はいろいろな権力に利用されてしまっているのでは?


今、各地で盛んな「起業家セミナー」のようなものが、
(どんな内容なのかよくわからないけど)
危機管理を啓蒙していく一旦を担えばいいのにな…
なんて思いましたよ~。
まー、最初から自身満々な人は、
そもそもそんなセミナーには行かないと思うけど。


でも、社会の中で何をどのように提供する企業になりたいのか、
経営者の方が明確に持っていれば、
あまり変な話にもならないような気もするし、
お金だけの企業は、結局お金に潰されるんじゃないのかなぁ。


そんなこんなを考えながら、
仕事以外の話題に触れまくっていた
ネット三昧の一週間でした。


さて、明日からはまた欠員補充に
駆けずり回らねばならない日々が始まりますよ。


« 結局みんな現場が好き | トップページ | 条件にこだわるな »

私の辞書に「コスメ」はない?」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54136/8443290

この記事へのトラックバック一覧です: 情報をガツガツ取り込む癒し:

« 結局みんな現場が好き | トップページ | 条件にこだわるな »

スポンサーリンク



ウォーターサーバー売上No.1

  • RO水/回収硬質ボトル/法人客多

ウォーターサーバー売上No.2

  • RO水/回収硬質ボトル/法人客多

ウォーターサーバー売上 上位

  • 天然水/使切りボトル/個人客多

ウォーターサーバー売上 上位

  • 天然水/使切りボトル/個人客多

ウォーターサーバー 3位争い

無料ブログはココログ