« 事実を特定せよ | トップページ | 記憶にバラの花束を! »

2006.01.03

強制仕事モード

夜勤明けのご亭主の食事に付き合って
ダイニングで話をしていたら、
隣室に置いている携帯がなっているのが聞こえた。


「もしもし?」
「あ、ぷらさんですか?
今日B班の人間がまだ来ていないんですが…」


えっ!またかよぉぉ。。。
昨年、「プラさん,縫子さんが来ません!」で、
たった一人の休日当番者が来なくて慌てた記憶が蘇る。


休日の私達のグループは、
分野別の担当者が一人ずつしか出ないので、
その人が来なければ、その分野のその特定業務は
対応者が誰もいなくなっちゃう。。。


それは例えば、
全国にひとつしかない
24時間年中無休の郵便局で、
保健と貯蓄の受け付けだけが
「担当者が来ないんで^^;…」と、
窓口を閉めているようなものだ。
「看板に偽りあり!」と、来訪者は大いに怒ることだろう。


いや、その特定業務はその班の人しか出来ないので、
他班の人が肩代わりすることも出来ず、
もっと始末が悪いかもしれない。


しかも、今日の担当者は、
上山さん(30代前半/男性)だという。
(orz…やばいぞ、こりゃ^^;…)


彼は体調が悪かったり、
前日に苦情を受けてショックを受けると、
すぐに休む人なので、
誰もが彼に対しては、
ひ弱さから来る精神的な不安を感じ、
現場的にはあまり信頼されていないスタッフさん。
(私は少々ASチックな人だと思っている)


人の集まりが好きで、
社内イベントに気軽に参加してくれるのはいいんですが、
どこにいってもチョッと浮いていて、
最後には一人になりがちなタイプ。


バーベキュー大会などで(少々浮いていつつも)
楽しい時間を過ごし、
「それじゃまた来週ね!」と手を振って別れた翌月曜に
「具合が悪いので休みます。」とあっさり欠勤してしまうので、
同僚としての気遣いで、
みんなで彼を囲んであげたほうにとって見れば、
裏切られたような気がして、誰もが彼には腹を立てるのだ。
「休む」っていうのは、ほら、仲間に迷惑をかける行為だから。


前述の縫子さんのときには、
彼女のキャラクターから考えて、
うっかり勤務表を読み間違えているのだろう、
といった、そそっかしい印象があって、
「連絡さえつけば慌てて出社してくるだろう」
と、今振り返れば対応が気楽だったけど、
上山さんの場合は、何につけても…安心感がない。。。


電話しても「すみません。具合悪くていけません…」 じゃ
しゃれにならないだろ?どうするんだよ、今から!
というか、そもそも連絡はつくのかい?


    *    *    *    *    *    *


てことで、自宅から現場に電話。
何度も何度も上山さんに電話。
(毎回コール音のみ。出るまで待つ勢いで
その都度百回以上鳴らす^^; )
それから班長に電話。主任に電話。(居ない!なんだと!)
よって課長に電話。


現場にはケースバイケースの指示を出し、
課長には、最悪の場合の提案をして
現場と連絡をとりつつ善後策を練り、
休みのスタッフ達に電話をして、
至急の勤務調整。


24時間年中無休の職場なので、
今日当たり、慰労に差し入れでも持って
顔を出す気ではいたけれど、
本人と一向に連絡が取れないので、
「こりゃ、いよいよ、陣頭指揮のために緊急出動か?…」
と、思っていた矢先に現場から連絡が入った。


「上山さん、連絡取れました!
 しつこくかけたら、やっと出ました!」


聞けば、
体調が悪いので寝ていたところ、二度寝してしまった、
という変な理由でしたが、
まぁ、要するに寝坊なんでしょうね^^;


こんなとき、普段の勤怠がきちんとしていて、
周囲ともよく相互理解が取れていれば、
「すみませーん、寝坊しちゃって~」
と慌てて駆け込んでも、笑って済ませてもらえるのだが、
彼の場合は冷ややかな視線を浴びて、
一層の「針のむしろ」状態だろうな。
明日の仕事始めに、休まなきゃいいけど(汗)…


    *    *    *    *    *    *


あーあ、一瞬で仕事モードになっちゃったよ^^;
これが朝からバタバタしていた昨日じゃなくて良かった。


実は上山さんは、うちにくる前に
ネットを通じて少しだけ交流があった人で、
当時いた別な契約会社では、
約束どおりに時給が上がらなかったり、
突然違う勤務先に回されたり、
「人を馬鹿にしている」と怒り、
自分の不遇を嘆く日記を書いていたが、
こうやってみると、さもありなん…
て感じもしますよねぇ。。。


会社と人とは相性もあるし、
約束を守らないよろしくない会社も
世の中にはたくさん実在するので、
「前の会社では評価が得られなかった」
というだけでは真実が見えないのですが、
彼、事前研修中に風邪で一日休んで
遅刻も2回。


それだけではまだ「お断り」するレベルじゃないんですが、
その時点でやっぱり
「人と成り」は見えていたことになります。
うちの職場においては、就業前の事前研修での勤怠は
その後を予測するに十分な、精度の高いバロメーターなんです。


職場に入る手前で、場所も契約会社の研修室。
まだ責任も焦燥感も発生し得ない段階で休む人は
現場に入っても状況が変わることはありません。

メンヘル系の持病がある方のblogなどを読んでも、
不調は決してウソではなく、
御本人も落ち込んだり、苦しんでおられたりするんですが、
「休まないのが当たり前」な人達から見ると、
その状況は理解しがたく、共感できる経験もなく、
ただただ、その方の欠勤による
影響だけが自分に降りかかって苛立ちが増し、
限界を超えると、優しい気持ちになど
とてもなれそうもないのが現状です。


私自身も、人が増えるに従い、
内輪の縦ノリと楽屋落ちだけでは
済まない事が増えてきて、
年々、冷たさと、厳格さと、「割り切る」思いが増していく
自分の対応やそれぞれの判断を自覚して、
本来なら深い理解と愛情を得て、
うまく行くはずだったものの幸せを
自分で切り捨ててしまっているのではないか?…
と、自問自答するときもあります。


あれ?ところでうちのご亭主は?
わお!食事中に中座したまま電話をかけまくりだったので、
怒ってどっかに出かけてしまったようです^^;


今年も前途多難な年の幕開けですよ^^;
皆さん、本年もどうぞよろしくお願いいたします。


« 事実を特定せよ | トップページ | 記憶にバラの花束を! »

.ビューティフルヒューマンライフ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54136/7975447

この記事へのトラックバック一覧です: 強制仕事モード:

« 事実を特定せよ | トップページ | 記憶にバラの花束を! »

スポンサーリンク



ウォーターサーバー売上No.1

  • RO水/回収硬質ボトル/法人客多

ウォーターサーバー売上No.2

  • RO水/回収硬質ボトル/法人客多

ウォーターサーバー売上 上位

  • 天然水/使切りボトル/個人客多

ウォーターサーバー売上 上位

  • 天然水/使切りボトル/個人客多

ウォーターサーバー 3位争い

無料ブログはココログ