☆女の子に大人気!春のカジュアルコーディネート♪


   

« 続:ウィルス感染、経験と反省 | トップページ | 出番です、待たせたね。1 »

2005.12.11

スピリチュアルな話

明日から、新規業務の準備がスタートする。
明日は、初めて職場にやってくる5名の新人を受け入れる。

今回の新規業務は、二社共同。
私の所属する契約会社ともう一社で
期日までに新人スタッフを出す約束だ。

といっても、グループ全体の主管会社がウチなので、
自社出向スタッフの現場管理と、
担当グループの総リーダーを兼務している私が、
他社のスタッフも合わせて、
現場でのお世話をする事になる。

担当グループは、最近まで
私の会社の一社独占だったので、
歴史上?自然にそうなってしまっている
「スタッフ管理者=グループ総括リーダー」
という図式は、一般的ではないとしても、
傍目にはわかりやすいものでした。

けれど、急激な業務量の増加に伴って
仕事の激減している他の課のグループから、
他社のスタッフも受け入れ始めたり、
担当外の他の課にも人が入って
そちらにも関与の必要が出てきたり、
会社の方針や、出向先企業内で自分が所属している
課の上司や社員達の思惑からは、
それぞれに、はみ出してしまっている業務も多い。

私の仕事は、完全に
「単独1グループの自社スタッフ管理」から
もっと守備範囲の広いものに
変わってしまっているので
担当外のほかのグループにも
気を配っていかないといけないし
担当グループの内側にあっては、
もう、自社だ、他社だ、という区別無く、
新人は等しく受け入れ、
公平にケア・育成しなければならない。
増員が決まれば、自社オフィスでの面接や事前研修もある。

自分がもう一人(いや、もう二人)欲しいと思うこの頃だ^^;。。。
※ずっと前から、会社と交渉中…

    *    *    *    *    *    *

さて、今回の新規増員で、うちの分担は三名。
ところがこれが、最高に危なかった。

募集広告を出して、トントンと二名が決まったのに、
残りの一人がどうしても埋まらない。
応募者はあっても、実際に面接をしてみると、
特徴が強くわかりやすいアスペルガーな人であったり
(今回、初めて意識して面接して、そう確信した!)
あまりにも心技ともに初心者過ぎて、
新業務立上げにとてもとても、
推せる人達ではなかった。。。

立上げ日が、一日、また一日と迫っているのに
一切の進展が無く、人がいまだ決まらないのは
立場上、精神的に非常に苦しいものだ。

なんたって、ウチは主管会社なのだ。
主管が人を出せないなんてこんな恥ずかしいことは無い。
他社の動向も、なんとなく気になる。

そういった重圧から少しでも気を軽くするために、
「最悪の場合は、『ごめんなさい』と、
何度でも頭を下げて、企業さんにお詫びし、
お叱りにひたすら耐えよう。」
と、腹をくくったり、
「新班・新班長にとって負担になりそうな人なら、
今後を思えばむしろ、企業に非難されても責められても
自分がいいと思わなかった人は職場に入れるべきではない」
と、心の中で何度も決意を繰返し念じたりするのだ。

    *    *    *    *    *    *

期日を次の月曜(つまり明日)に控え、
敗北の色が濃厚になり始めた先週の火曜日、
一度退職してブラブラしていたものの、
職場と収入が恋しくなって
5ヶ月ぶりにカムバックした弓月君が
「今、ここって、まだ、人、募集してますか?」
と、聞いてきた。

「え?なんで?」

「いや、俺の友達で働きたいって言う人、いるんですよ。」

弓月君は、半分ニートがかっている若者だ(笑)。
いい人の紹介者は、やっぱり同じようにいい人であるように、
ニートの紹介者は、やっぱりニートだったりする。

「どんな人?」

話を聞くうちに、「いけるかもしれない!」
という気がしてきた。
弓月君は、ニートっぽいけど、
人を見る目は確かなんです。
そして、他人に嘘をつく人じゃない。

早速、契約会社の細川さんに電話。
すると、その人は別な仕事で
細川さんが一度合っているらしい。
「でも彼、仕事、できるかどうかわかりませんよ?」
と言う。

「でも、弓月君は『俺と同じぐらい』って、言ってるよ?
だったら、結構ネット好きで、興味があって
飲み込みも悪くないはずだよ?」

「うーん、私にはそう思えませんが…」

細川さんと弓月君なら、
この場合、弓月君の評価を私は取る。
以前の応募は、通訳の仕事に対してだったため、
面接者は、PCやネットに関する聞き取りなど、
一切していないはずだし、聞き取りが無ければ
本人の別な特質が表に出ることも無い。

    *    *    *    *    *    *

結果。

実際に会って見たら、
本当にインターネットの経験が豊富で
知識もそれなりに持ち合わせている
かなりの好青年だった。

少し前から、人選の確定は
実際に研修を行ってみてから
契約をするルールに変えていたけど、
初日の研修で、私は十分だった。

手際がよく柔軟で、
作業にもとても慣れている。
細川さん、決まりだよ!!!

これが、先週の木曜日の話!
翌日の金曜日には、新人の名前を
正式に企業に伝えなければいけなかったので、
本当に、ギリギリセーフだった!!!

    *    *    *    *    *    *

胸を張ってお薦めできるスタッフが
新業務立上げに三人揃って、
今、私は心安らかで充実感のある日曜の夜を迎えている。

ここ半年、この手の滑り込みセーフが
なんと多いことか。。。

それでも、天が味方してくれるように、
寸前のところで、幸運に救われ、
振り返ってみれば、何事もなかったかのように
順調にスタッフを現場に入れることが出来ている。

つくづく、ラッキーな事の繰返しだ…と、思う。

    *    *    *    *    *    *

思えば、工事車両の名前を調べていると、
ある日突然、手がかりとなる同じような車両が
目の前に現われたり、
ウィルスで動作が変になったPCに首をかしげていると、
解決のヒントになるような出来事が偶然起こったり、
私って、ついているのかな?と、思ったりする。

決して、運を当てにしているわけではないけれど、
ギリギリのタイミングで神様が手を差し伸べてくれるのは、
自分が間違った道を歩いていない証拠、と、思いたい。

逆に、不運続きで物事がすべてうまくいかないときは、
きっと、私はどこかで道を踏み外しているのかもしれないし、
または、今の私の資質は
神様が味方するに値しないものなのだ、
と、シンプルに悟り、素直に受け入れて
あきらめようと思っている。

私は無思想、無宗教な人間ですが、
そんな私でも、いつもこんな事を考えながら、
一日一日を生きているんですよ(笑)。




スポサーリンク

« 続:ウィルス感染、経験と反省 | トップページ | 出番です、待たせたね。1 »

.ビューティフルヒューマンライフ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54136/7579283

この記事へのトラックバック一覧です: スピリチュアルな話:

« 続:ウィルス感染、経験と反省 | トップページ | 出番です、待たせたね。1 »

スポンサーリンク

3か月継続で白歯実現!

介護の転職

経理の転職

無料ブログはココログ

★★★