« Movable Typeってどうかな | トップページ | 亭主とパソコン »

2005.11.10

場が読めない人が読めない

32グループの1名のスタッフの退職が正式に決まった。
今月末まで。


「32」とは取扱商品の番号の一部で、
それがグループ名の由来となっている。
私が直接担当しているグループとは全く異なる業務。
課も事業部も私達とは違う。
どちらかといえば、普段の付き合いはあまりない。


が、人の手配や期日に関しては
非常にウルサイ部門なので、
自分のグループの取り急ぎの増員よりも
何にも先んじて人選に着手したのに、その間も、
「次の人は決まったの?」
「次の人は大丈夫なんだろうね?」
「次の人はいつくるの?」
「期日までに準備できなければ他社に頼むからね。」
と、部長も課長も矢の催促で、
プレッシャーの極みである^^…


ここのグループはねぇ、班長に「場が読め」ず、
「仕切り」も「とりまとめ」にも
あまり才のない人を据えてしまったために、
一般スタッフと他社からの出向社員の不満がすごくて、
最近ようやく諦めムードから来る穏やかさが
漂い始めてきたところだったのよ。
この機会にできるだけいい人いれて、
話題をそらさないとね(爆)!


    *    *    *    *    *    *


交代要員が決まったことだけを
営業担当経由で現場に伝えてもらうと、
情報の伝播がこれまた「早い!早い!」^^;


「名前は?」「いくつなの?」「男性?女性?」
「経歴は?前は何やっていた人?」
と、「決まった」と担当部長に伝えただけで、
こんな下々(出向者&フロントスタッフ)にまで
あっという間に広がるもんか?


で早速、他社の出向社員達
(スタッフより格上=でも友達感覚)から、
昼食時に食堂で取り囲まれる。
ほとんど、事情聴取だね(笑)。


人の名前、経歴等は、
個人情報でもあるし、
まだ部長にも正式にお伝えする前なので、
「話せない」と納得いただくが、
「ちなみに普通の人だよね?」という確認は
含み満載で、痛かった^^;あ、イタ、イタタ。。
一同は大爆笑。


問題の本人もその場の輪の中に入っているのに、
もうすっかり、そういうキャラとして、
何かあるとすぐ、ダイレクトにネタにされているんだなぁ…
(言われても一向に気にしてくれないので
エスカレートするばかりのようだ。
雰囲気は、少々いじめっぽい。。。)


    *    *    *    *    *    *


そしてその場で出た次なる質問。


「それじゃ質問です。
ぷらたなすさんは、前田君の面談のとき、
普通の人と思いましたか?」
(一同、さらに大爆笑)


「はい(笑)。」
思ったさ、そりゃー思ったさ!


「それじゃ聞くけど、今はどう思いますか?」
(授業での小学生の質問風)


「えぇ、"普通"と思ってますよ?」
うわ、なんて鋭いご質問^^;!!!
でもまぁ、私の立場の回答としてはこんなもんだろうな…


「あー、じゃ今度の人もわかんねーなー(笑)」
(一同爆笑)
前ぽんを選んだ私の「普通」は信用ならん、ということね(笑)。
まぁ、「笑いもの」はこの場合仕方ないな…事実だし(涙)。
むしろ、「俺たちは出向者だから」というドライな割り切りで、
逐一、上に訴えたりしない点に非常に救われている^^;。


まーねー、前ぽんを班長にしたのは
確かに私を含めた契約会社側だけど、
これっばっかりはねぇ、本っっ当、
短時間の面談だけではわからないです。
実業務をさせてみないと。


ていうか、研修初日の数時間にして
すでにその片鱗はあっさりわかってしまうんだけど、
同期の仲間に突っ込まれつつの
賑やかな研修を見ていると
全然許容範囲と感じていました。
その後、そこまで多大な?影響が出るなんて
そのときは、あんまり思っていなかったなぁ。。。


※また、そこでそれが判ったとしても、
  契約はすでに済んでおり、
  致命的な落ち度が何も無い人に
  辞退を勧めるわけには行かないのが現状だ。

    *    *    *    *    *    *


「場が読めない」人は、機転が効かない。
他人の言っている意味がわからない。
作業に的確な優先順位と取拾選択.のメリハリをつけられない。
チームワークの中で全体を考慮した個人的な動きができない。
気にする個所が人と違うので、大事な時に変な判断をしがち。


仕事の現場では、どんな業務でも
他人とか関わりなくたった一人で完遂することは無いので、
業務に与える影響も大きいし、業務はひととおりこなせても
考え様によっては、「仕事が出来ない人」に等しい。


また、こういった人が一人いるだけで、
非常に現場の苛立ちとストレスが増すし、
どうしても他人に怒鳴られ辛く当たられ、
最終的にいじめられキャラになってしまう。


だが、面接時には普通に会話ができ、
心のキャッチボールも出来ていたし、
「ちょっと変わっているけど『普通の人』」だった。


この、「ちょっと変わっている」という感覚に
私はもっと、敏感にならなくちゃダメなんだな、きっと。


とりあえず、名刺を出したときに
電気が走ったように直立不動になって
カクっカクっと90度のお辞儀をする人や
「本日このたびは、このようなワタクシに対し、
わざわざ面接に足をお運びいただき誠に恐縮…」という人や
痛々しいぐらいにひたむきでまじめな人は、
いくらその後の話し方や内容、面談態度、
服装や全体的な雰囲気が良くて
「話してみたら"普通"の人」と思えても(笑)、
迷わず「失格!!!」というぐらいの勢いじゃないと
汚点を作ってしまうんだなぁ…


    *    *    *    *    *    *


今日は、悟さんに一日ついていた。ちょっと疲れた。
さきほど、かなり遅い時間に唯ちゃんから
退院の連絡が携帯に入った。これも疲れた。
(真っ先にご連絡しようと思いまして…って、明日でもいいのに^^;)


彼らに共通するのは、話が長いこと。
(そしてガチガチのお固い敬語)
「○○だったの?」という問いは世間話の一部であって
詳細な説明を求めているわけではない。


なので、「こういたしまして、こういたしまして…」と
「一部始終を一から」モードに入ると
つい、ため息をついて時計を見たくなっちゃう。
そう、基本的にマジメ。超マジメ。
そして人並み以上に誠実で、一生懸命。
でも、そこを決してプラス評価なんかしちゃダメなんだ。。。
面接の場では。


これ、後天的要素が大きいと思っていたけど、
やっぱり髪や瞳や肌の色と同じく、
そんな風に生まれてしまった人…と
思うしかないのかな。。。


この世に仕事というものがなく、
個人が狩りや農耕で命をつないでいた時代なら、
どうだったんだろう、その時代ならノープロブレム??
な~んて、人の資質について真剣に考えてしまった私でした^^;。


« Movable Typeってどうかな | トップページ | 亭主とパソコン »

.ビューティフルヒューマンライフ」カテゴリの記事

コメント

Ct20ですか・・・CanBe は専門外ですが、当時のマルチメディアパソコンだったような気が。
まぁ、ちと弄れば Win98がそれなりに動作する程度には出来るのではないかと。
ただ、PC-98は PC/AT互換機と異質なモノであるという事をお忘れ無く。

エラーが出て再投稿したら場所を間違いました。(汗)
挨拶代わりという方向で。(まて

今日は、NiftyのBlog、最高に重くてダメダメみたいです。
私もやっと本日分は三度目でやっと投稿できました^^;
(しかも二重投稿になってしまい、あとで消しました)

こんにちは、けるです。

ちょーど、私の研究テーマに近いので、コメントを^^

私の研究はロボットコンテストがもたらす学習効果を測定する
手法の確立なんですが、ちょうど、これに近いことがあります。

研究テーマを簡単に書くと下のようになります^^

ロボットを作るとき、「こうなるだろう」と思って作るわけですが、
当然うまくいきません。「何がおかしいのかな?」と観察して
その結果をフィードバックをするわけです。何がおかしいかの
物理現象を観察する能力が、どの程度身についたかを測定
する方法を研究しています。

なかなか難しいのですが、やってみると、いろいろと問題のある
学生が^^;。

 まず、真面目で成績がいいのは×。なぜかというと、学校での
評価は、「知っているか知らないか」で評価され、その評価方法
に慣れてしまっているためです。真面目で成績がいい学生の
ほとんどは、「記憶量の優位」を持って評価されてきたからです。
でも、実際にロボットを作らせると、知らない事の方が多いし、
すべての要素(摩擦とか、電気抵抗とか)を考えることが不可能
です(仕事といっしょですね)。そういう状況にあっても、記憶量に
頼るので、結果としては全然だめです。むしろ、不真面目だけど
そこそこ成績がいい人間の方が見所があります(ポイントというか
コツを観察するのが得意なことが多いので)。
 もちろん、不真面目でいいのかって話はありますが、不真面目
を働かせる方が、知識に頼らないようにするよりは、まだ簡単。
なぜなら「不真面目<真面目」という図式は、誰もが知って
いますので。しかし、今まで評価されてきた方法を捨てろって
いうのはなかなか難しいですね。

>これ、後天的要素が大きいと思っていたけど、
>やっぱり髪や瞳や肌の色と同じく、
>そんな風に生まれてしまった人…と
>思うしかないのかな。。。
 私は後天的だと思ってますよ。といっても、元に戻すのは一苦
労ですけど。ぷらたなすさんもお子さんがいるので分かると思い
ますが、子供って、すぐにいろいろ覚えるでしょ?例えば、○とか
△とか□の穴に、同じく○、△、□のブロックを入れるおもちゃと
か。これって、できるようになれば、☆とかでも簡単にやっちゃう。
つまり、「□のブロックをこういう持ち方で、こういう角度で」って
覚えているのではなく、「形を合わせる」ってことを記憶していて
それを応用してるわけですよね。でも、いつのまにか、それが
できなくなってしまう。と、いうわけで、それを無くさないように
できないかなって、いろいろ考えてます。

>この世に仕事というものがなく、
>個人が狩りや農耕で命をつないでいた時代なら、
>どうだったんだろう、その時代ならノープロブレム??
 むり^^;。恐らく、人間に関する観察力が欠如しているのでは
なく、全体的に観察力が不足しているので。たとえば、狩りをする
のにも「風下から近づく」とかありますよね?これは、においで
相手に気がつかれないようにするためですが、まず、風の向き
に気が付かなかったり、相手の状況が読めなかったりするので
へたくそなはずです(例えば、においがきつい沼の近くにいれば
無理して風下から近づくよりは、風上からやった方がいいとかも
あるでしょうしね)。

最近疲れ気味だけど、仕事が一段落・・・・した瞬間に研究会に
誘われてしまったけるでした^^/

けるさん、こんばんは!


いつもコメントをありがとうございます!
お話の中身は、非常に共感できて、
この件に関しては、語りたいことがたくさんあるのですが、
本日は、無念にもそこから離れまして^^;
けるさんの周りの問題のある生徒さん達と、
私の周りの「場が読めない」人達とは、
どこかが違うかもしれない、という内容です。


実は、私が記事中で書いた彼らは、
個人的に、こちら↓
http://www.autism.or.jp/report/asj_siryou/30108.htm
か、または、非常にそれに近い器質の持ち主ではないか?
と、強く思い始めています。


実在する身近な数人の様子を念頭に置いて
記事を書きましたが、
どのサイトで特徴を読んでも、かなり当てはまっています。
というか、記事中に書いた彼らの形態がまさにそれなんです。


この件は、少しだけ新規で書こうと思っているんですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54136/7005701

この記事へのトラックバック一覧です: 場が読めない人が読めない:

« Movable Typeってどうかな | トップページ | 亭主とパソコン »

スポンサーリンク



ウォーターサーバー売上No.1

  • RO水/回収硬質ボトル/法人客多

ウォーターサーバー売上No.2

  • RO水/回収硬質ボトル/法人客多

ウォーターサーバー売上 上位

  • 天然水/使切りボトル/個人客多

ウォーターサーバー売上 上位

  • 天然水/使切りボトル/個人客多

ウォーターサーバー 3位争い

無料ブログはココログ