スポンサーリンク




« アスペルガーな日々 | トップページ | アスペルガーな考察 »

2005.11.26

アスペルガーなつきあい方

【今思えばアスペルガー?】~Maybe Asperger ?~
・国語のチカラ(理数系の男)のT君 ・私の「博士が100人いるむら」の修士さん ・氏育ちの由真ちゃん

【アスペルガーを知る前】~before Asperger~
・結局言わなきゃわからない ・職場の問題は誰にある? ・場が読めない人が読めない

【アスペルガー症候群を初めて知る】~after Asperger~
・アスペルガー症候群 ・私達の困った性格 ・アスペルガーな人々 ・アスペルガーな日々 ★アスペルガーなつき合い方 ・アスペルガーな考察 ・ASをめぐる夫との会話 ・対話のチャネル ・アスペルガーな研修 ・アスペルガーな現場 ・アスペルガーな新人 ・やっぱり阿吽の呼吸ナノダ ・ASを伝えるほどに広がる誤解 ・羹に懲りて膾を吹くか…? ・彼は本当に立ち上がれるか? ・NGでも走ってみることにしたが ・読めない人 ・面接するほうのキモチ ・厄介な人(1~12) ・Mindblindness?自閉症について ・うちの亭主のメールも変(笑) ・連敗中!句読点をつけない人 ・アスペルガー症候群と犯罪 ・自閉症的なスタッフの指導 ・誉める事・評価する感受性 ・なぜ危機感にこだわるのか ・アスペルガーなユーザーサポート ・やっぱダメかな… ・その人の退職 ・お互い不幸にならないために ・この新人さんは断ろうと思う ・事前研修の私の今後の課題

今月の半ば…
ほかのスタッフから不満と怒りが噴出している
Aさんに対してまず何をすべきか、と
深く深く考え続けていたところ、
ふと思いついて検索したのがきっかけで
「アスペルガー症候群」という言葉に突き当たった。

場が読めない、
相手や周囲の気持ちがわからない、
含みや比喩、暗黙の了解などのニュアンスを解さない、

といったコミュニケーションへの影響があると共に、
言葉に対して大多数の人達とは違う受け取りをするので、
たぶん同じ話を同時に聞いても、
ひとりだけ違う判断をしてしまうような発達障害なんだろうなぁ…
と、関連サイトや書籍をたくさん読んで、
自分なりの把握があった。
※特徴は、ほかにもいろいろ。ぜひ検索してみてください。

だったら、今、職場で問題になっているAさんのほかにも、
該当者にはおおいに心当たりがある(!)

そういった観点で、ここ数日、日記を書き、
これを機に私の人を見る目や、研修や育成の姿勢も
性善説的だった今までから、大きく変化した。

業務は電話でのお客様対応の仕事である。

先の日記とは矛盾するが^^;
持って生まれた固定的な器質として、
「人と言葉を交わす仕事」に不適格なら、
集団の品質と他のスタッフの精神的なケアのためにも
私自身が面接や研修段階で、いち早くそれに気づき、
職場に入れない姿勢が必要だろう。

この先、誰が困るか…という点をシビアに考えると、
そうするしかないのが現状だと思う。

それでは、今後、
今自分がそのように感じている人達はどうしましょう?

普通の職場で普通に働いている(ように見える)人の中にいる
「障害には見えない障害(発達障害)」というのなら、
(できれば「障害」という言葉は使いたくないのが本音…)
例えば、経験や誰かのアドバイスによって、
少しずつ、あるいは突然、「なるほど、そういう事なんだ。」
と、何かの「気付き」を経て、業務に適応していくということは
可能性が低いように思われる。

まぁそれは、ケースバイケースで、
起こった問題に対してひとつひとつベストな対応を
していくしかないかな。

全体としての自分の指針はまだ固まらないけど、
今、無理して固める必要も無いでしょう。
そういったものは、焦らずに待っていると、
ある日突然、「そうだ!これで行こう!」と、
ベールがはがれるように具体化して見えてくるのが常だもん。
いや、マジでホント、ホント(笑)。

    *    *    *    *    *    *

ここに来て、大きな発想の転換を余儀なくされ、
新たな悩みも増えてしまった私だが、
大きなメリットもありました。

それは今まで、
「この人ってどうしてこうなんだろうな?」と思う相手に対して
接し方がわかったこと。

アスペルガー症候群に関して
ご本人やご家族の日記などをいろいろ読むと、
彼らが何が不得手で、何に混乱するか
よくわかる。

それはアスペルガー症候群じゃないと思える人に対しても、
かなり応用が利くものだと思う。
アスペルガー症候群の特徴を読んでいると、
特定の部分だけ取り出せば、「そこだけ似ている!」
と思う人は自分の周りにたくさんいるんだもの。

まずは、「なんでこうなの?」と思わずに、
サクサクと実践していけばいいんだよな!

    *    *    *    *    *    *

■うちの主任
元より話がかみ合わないところがある。
「だから、そういう意味じゃなくてぇ~」と、
誰もが一度や二度は語気を荒げたくような人だ(笑)。

主任はどんな事でも、まず紙に図で書く。
「○○に関して○○という問題が出てきたのですが…」
と、相談を持ちかけると、
すぐに紙とペンと取り出して
「Aさんがいて、ここにBさんがいて…」
と、図に書こうとするので、
二言、三言、ちょっとした
会話のやり取りで済むと思っているこちらとしては、
「時間もないのに、なぜこうもいちいち図にしたがるのだろう?」
と、テンポのいい会話をさえぎるような
「謎な行動」と思っていたが、今回、それは違うとわかった。

アスペルガー症候群の人は、
言葉よりも図や文字のほうが、
すんなり頭に入るという。

主任がそうとは思わないが、
そういった器質を持つ人もきっといるだろう。

するってぇと、何かの目的があってやっているわけではなく、
単純に図式化しないと、自分の頭に入らないんだな、これは。

なるほど!だったら、私も主任に訴えたいことは
紙とペンを用意して、
図に書きながら彼に説明すればいいわけだ!

と、思って実際にやってみると、
これが!驚くほどの効果!!

ピントがずれたりせず、
しかも話が早い!早い!
これをやって初めて、
他の上司と同じ雰囲気で
即効性があってスピーディな打ち合わせが
可能となる(笑)。

すげー。そんなもんか(笑)。

■青りん
毎日の朝のミーティングで、
いつも同じ、機転の利かないうっかり屋さんが
口うるさい正社員から、毎朝毎朝叱られるのを
極端に嫌った。

私達が「ほら見ろ!」と、半ば胸のすく思いで
冷ややかにその場を見ているのと違い、
その後はいつも、周囲の誰に対してもヒステリックになった。

青りんが注意されているわけでもあるまいし、
何をいちいち、こうカリカリしているんだろう?と
こっちまで不愉快な気分がした。

それは、「二度と同じ事で注意されないように
皆でお互いに気をつけて行かなきゃダメジャン!」
と、全体に怒りをぶつけているわけではなく、
どちらかと言えば、精神的な不安定さを感じたりしたが、
アスペルガーのお子さんを持つお母さんの日記を読むと、
その子供さんは、「先生がクラス全体の場で何かを怒る」
という場面は、とても苦手らしい。

なるほどね。あの状況そのものが、
キミを言いようの無い不安に陥れたのね?
同じタイプの人に次に出会ったら、
今度はわかってあげよう。

■うちのご亭主(笑)
車の運転がすごい下手!
どんな車に乗っても無傷では済まないので、
彼には軽自動車を預け^^;、私が大きいほうに乗っている。

道順も本当に覚えられない。
今までは「覚える気がないんじゃないの?」と、疑っていたが、
たぶん、本当になかなか覚えられないのかもしれない。

私が助手席で道案内しているときに、
「あ、その先を左に曲がってね」というと、
それが農道であろうが、他人の家への私道であろうが、
何も考えずに、直近の道に入ってしまう。
私、怒る(笑)。
「どうみたってここが行き先じゃないのはわかるでしょ?」
「あ、そうか…」
(たぶん「曲がれ」といわれたから曲がっただけなのだ。)

私を下ろすときにも、平気で水溜りのところで止めたりする^^;
数分の用事で、道端に停車してもらうときも
普通では考えられない場所に止める(笑)。
(人の家の出口の前とか、どこかの会社の敷地に入るとか)
何度言っても長年直らないんですが、(改善はされているけど(笑))
これも配慮とか倫理感に欠けている訳ではなく、
そもそもそういった判断が身から湧き上がらないってことか…
じゃぁ、「あそこに止めて待っててね」と、
こっちから指定して言わなきゃダメね(笑)。

    *    *    *    *    *    *

アスペルガーっぽい人達に対しても、
指示出しや話し方に気をつけてみる。

「その辺でちょっと待っててね」とは言わずに、
「3分だけそこに立って待っててね」と言ってみる。

アスペルガーの人は、曖昧な表現が通じないという。
言葉を非常に直接的にとらえるので、
「その辺」「ちょっと」という言い方は、
「『その辺』てどこ?」
「『ちょっと』ってどのぐらい?」
と、彼らの思考に混乱をもたらすという事だ。

実際にそのように言ってみると、
次なる質問も出ずに、
すぐに理解して、言ったとおりにしてくれる。

「この前入った新人さんの調子はどう?」
と言いかけて、気がつき、
言葉に出す直前に言い方を変える。

「この前、あなたの班に入った新人さんの研修は、
今どの段階まで行っているの?」

「はい。『サービス知識概要』が終りました。」

すんなり回答が帰ってくる。
「理解できなくて、質問をしてくるような事はある?」

「今のところありません。順調です。」

「そう、よかった。(頑張ってね、とは言わず)
ゆっくりでいいから、地道に教えてあげてね。」

ここで「頑張ってね」なんて行ったら、
彼、本気で、夜まで残業させてまでも研修を強要
しちゃいそうだもんな(笑)。(彼は班長なのだ^^;)

アスペルガーってそういう人達なんだよ、つまり(笑)。




スポサーリンク

« アスペルガーな日々 | トップページ | アスペルガーな考察 »

.ビューティフルヒューマンライフ」カテゴリの記事

コメント

ハジメマシテ。
アスペルガーの疑い濃厚、診察途中の蜜と申します。

なんつーか、自閉スペクトラム(アスペルガー含む)ってグラデーションなんですよ多分。
色の濃いほうから薄いほうへのグラデーション。
そして色とりどり。
だからスペクトラムって言うんでしょうね。

100人居れば100通りと言われる自閉ちゃん達。

周りの人も大変だけれど、基本は異文化交流ということにして、
お互い歩み寄れないものなのでしょうかねぇ

このブログ、身近な職場の人のことをこんなに考えている人が
居るんだなーと勉強になる予感。
また来ても良いですか?

蜜さん、初めまして。コメントありがとうございます。


そうですね。おっしゃる通りグラデーションなのだと思います。私は自分の職場で「きっとそうなのでは?」と感じている人が三人いますが、信頼できる同僚にそれを話しても、共通点をわかってもらえない人もいます。


ですが、私には三人ともそうだと思えます。私はいったい彼らのどこに共通点を見出して、そのように考えるのだろう?と、自問しますが、人にきちんと説明できるまで論理的な回答はできません(笑)…ただ長く接してみて、「あ、これは…」と、特定の人に対して確信的に思うだけ^^;(でも、たぶん当たっていると思う)


アメリカでは日本よりも認知されていて、普通に受け入れられている、と、http://blog.livedoor.jp/yukatan0313/archives/50277780.html

こちらのサイトで読みましたが、そのためには、周りもご自身もその事実を知り肯定しあう必要があると思います。が、それは難しいことのようにも感じます。。。


私は職場でスタッフ管理の仕事をしており、そのときそのときで、気になっていることを順次書き止めています。今は自分の中で、まさに「アスペルガー」が最大の関心事(!)ですが、それもそのうち (1)新たな話題に移って行く可能性 が高いです。また、アスペルガーの方にとって決して心地いいとは思われない (2)不愉快な表現や内容  になる事も多いと思います。


もし、上記(1)(2)の二点を気にされないのでしたら、また遊びに来てくださいね。この先も、日記の内容をあまり気にせずに^^;、いらしてくださいm(_ _)m

ええっと、基本的に自分の意見に反する事やおもってた事と違うと『ギョ?! Σ(´Д`lll)』っとしてしまいますが、
なにぶんインターネットで、文面なので読み返し、相手の意図を探るという作業の元
・・・・これには場合により他人の意見も必要になりますが自分の経験その他を考えて・・・・
同じ状況でもこういう考え方もあるんだなーとその行為そのものが勉強になりそうな予感がします。
よく読めばぷらたなすさんが『アスペ』という言葉を悪い意味で使っているのではないという気がしましたし。
なんというか怖いもの見たさ?を乗り越えようとする事が勉強になるかも??って感じです。

正直に言うとこのブログは最初アスペさんという存在が嫌で怒っているのかなぁとおもってたんですけど(;・∀・)

読みながら、とっても怖い恐怖映画を見ているような感じでしたw
怖い!でも気になる!みたいなw
でも、よく読めば別に怒ってるんでわないのね?って事が解ったので、よく読めば勉強になるなぁと思いまして・・・

何がいいたいのか自分でも混乱してきましたが、
ええと『是非また来ます』って事が言いたかったんだと思います(笑)

あ、後、別の話題になったからといって怒ったりはしません。
迷惑行為とかも、しないと思いますし。
→何が迷惑行為に当たるかイマイチ解ってないので・・・(;・∀・)
ただし、悪い事と良い事の判別がついていないということは
悪気があろうとなかろうと悪い言葉とか表現を私がコメント欄で使ってしまう可能性があるという事で・・・
もしも間違ってしまっていたら注意して下さると助かります。(>∀<;)

こんな困ったちゃんですが、また来させてください。
丁寧なコメント返信ありがとうございました(`・ω・´)シャキーン

蜜さん

> 丁寧なコメント返信ありがとうございました(`・ω・´)シャキーン

いえいえ、こちらこそありがとうございました!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54136/7333603

この記事へのトラックバック一覧です: アスペルガーなつきあい方:

» 『自閉症』って何?「劣化収束」との関係は?? [Biological Journal]
さて話は戻って、精神科医の友人に面と向かって“自閉スペクトラム”などと言われた時は、「なんちゅう失礼な事を言う奴や!」と腹が立ったもんだが、以下のページを見てあまりに当てはまることがあまりに多くて凍りついた。 <アスペルガー症候群> http://ibuki.ha... [続きを読む]

« アスペルガーな日々 | トップページ | アスペルガーな考察 »

スポンサーリンク

3か月継続で白歯実現!

介護の転職

経理の転職

無料ブログはココログ

★★★