« クレームユーザーの気持ち(後日談2) | トップページ | 「億劫」なのはこだわるからだⅡ »

2005.10.16

「億劫」なのはこだわるからだ

我が家の朝食の後片付けは、
夫の仕事である。


前記事「クレームユーザーの気持ち(後日談2)」
の冒頭でも書いたけれど、
夫は夜勤職で、毎日、朝帰宅するので
私がそのままにして出社した
台所の後片付けを引き受けてくれている。


私は、家族が起きてくる七時過ぎよりも早く
家を出てしまうので、食堂の定食のように、
人数分の朝ご飯を4枚のお盆に個々にセットして
キッチンのテーブルのそれぞれの席に並べたら、
後は起きてきた人が、めいめいに自分の朝食を取って、
食べ終わった食器は各自が流しに
突っ込んでいくのがルールである。


それを、家族全員が出払った後、
入れ違うように夜勤明けで帰宅する夫が
毎日まとめて洗ってくださっているのです^^;


    *    *    *    *    *    *


夫は食器を洗うのが苦にならない性格?で、
私が休日で家に居るときでも、
やることがあってバタバタしているときは、
「洗っておくから」と、気軽に引き受けてくれるのですが、
これが早い!!異常に早いんです!!


うちは家族5人で、
しかも高齢に入って「食」にうるさくなった母が、
メーンのおかずに加えて
独自に自分用の佃煮や納豆を小皿に取り分けて食べるし、
週に二回パートに出る母は自分用の弁当を小鍋で作る。


また油絵サークルに入っている彼女は、写生会の日になると
メンバー全員で食べられるぐらいの煮物やおかずを
大量に作ってそのまま慌てて出かけたりするので、
朝晩の洗い物は、夫婦と子供だけの4人家族よりは
毎度かなり量が多いし種類も多いと思う。
(その差に、妹の家に行くと愕然とする。。。)


大体において、
三度の飯よりも食器洗いの好きな主婦なんて
この世にいるはずもなく(笑)、
それが食器洗い機の
売上にもつながっていると思うけど(笑)、
私もやっぱり面倒だな。。。
だから、面白いテレビがあると、
ついつい茶の間に腰を落ち着けて
家事を後回しにして、
逃避?しちゃったりするのだ(笑)。


…という作業なのに、夫のこの
腰の軽さと、作業の速さは何なの(笑)???


私といったい何がどう違うのか、
つぶさに観察してみることにする。


    *    *    *    *    *    *


並行して、自分はいったい何が嫌で、
食器洗いが面倒なのか、
無意識な身のうちをじっくり探ってみる(笑)。


そうだなー…
肉料理の後の油がべとべとしている感じがキライ。
魚料理で使った調理器具やボール類の生臭さがキライ。
気がつくと、3つにも4つにもなっている、
空になった鍋や使用後のフライパンを洗うのがキライ。
なんでキライなんだ(笑)???


片や夫。
作業→思いきり雑!(爆)
汚れが取れているのかいないのか、
そんな事などお構いなしだ。


油だらけの肉皿や
血や内臓のついた魚の器具なども手順的に分けない。
かつて亡き祖母に、
「匂いが付くから一番最初に洗え」と教えられた
「お茶道具」も、なにもかも一緒くたである(笑)。
カレーの鍋も、焼肉のフライパンも、
ひるむことなく(笑)、ジャージャーと洗っていく。


そうか。。。彼にとっては
何がどう汚れていても、
これらの物体は、「洗い物」として、
完全に横一列なんだな(笑)。
なるほど。。。


試しに聞いてみる。
「このお皿って刺身を食べた後だけど、
生ものだし、他と分けて洗う気持ちとかってある?」


「ない。全然ない。」


「魚料理で使った包丁だから、
念入りに洗わないと気持ち悪いなーとか、思ったことある?」


「ない。全然ない。」


「食器を洗うのに、こんなにジャージャー
お湯を出しっぱなしにして
水とガスを無駄遣いしていることへの罪悪感は?」


「ない。全然ない。」


「水しぶきも洗剤の泡も飛び散ってますけど、
あとで拭いてきれいにしなきゃ…とか思う気持ちは?」


「ない。全然ない(笑)。」


がはは!そーかー(笑)。
そんな(私にとっては)アバウトで
すべてに「お構いなし!」の洗い方をしていても、
食器はあっという間にきれいに片付いて手早く終了し
見た目の遜色も何もないし、誰も腹痛などを
起こしたこともない。


ガス代や水道代は変わらず(たぶん(笑))
泡や水しぶきは自然に乾燥して、
私が帰宅する頃には一見きれいである(笑)。


「知らぬが花」とはこのことで(笑)、
何も知らない私が帰宅して、
きれいな台所やきれいな食器で
夕食の準備をしても、
「匂いが残っている」とか
「汚れがよく落ちていない」なんて
思うことは全然なかったなぁ。。


だいたい、一度使ったら当分しまったままの
お客様用の食器などと違って、
毎日使うものは、黙っていてもまた、
すぐに次の「洗う機会」がやってきて、
少々汚れが残っていても、
いつのまにか、きれいになちゃうだろ(笑)。


いろんなところにこだわって、
時間をかけるよりも、さっさと終らせて、
空いた時間を有効に使うってのも「手」だなぁ。。。


    *    *    *    *    *    *


そう思ってみると、何かを億劫に思い、
「面倒だなぁ、やりたくないなぁ…」
なんて思うときは、不快なものを忌み嫌って
感覚的にこだわりすぎているからだと気がつく。
(当然といえば当然ですけど(笑)。)


様々な汚れを「不快」と思うから、
分けて洗ったり、丁寧に洗ったりするわけだけど、
食器の量が多くて、
しかも前日の洗い残しがたまっていたりすると
はてさてどこから手をつけようか…、
と、半ば呆然としちゃうのよね^^;。


それを理想もポリシーもなく
まったくそう思わない人は、
なーーんにも考えずに、
右から左へ…
サクサクとこの速さだよ(笑)!!!


※ある意味、これは見習わなくてはいけない^^;


たぶん、仕事でもそうなんだよね、きっと。


私は「やりたい事」と「やりたくない事」への
対応の差が結構有って、
興味があれば残業してでも仕上げてくるのに、
「やりたくない事」は、手順や結果に見通しが持てないと
ついつい後回し^^;


職場では「やりたくない事」という事そのものが
自分にとって非常に数が少ないので
あまり表には出ず、バレずに済んでいるのですが^^;、
取組みにメドが立たなかったり、
今は階段を上り下りしたくないなど(笑)
自分のこだわりや拒否感で
「ヤダなぁ~」などと思わずに、
頭を空っぽにして、
感情のないロボットのような自分を意識して、
なーーーーーーーんにも考えずに
取り組んでみればいいんですよね。


とりあえず、まず手をつけてみる。
時間が来たら、立ち上がる。
こいつは、結構大事だよね(笑)。
わははは~!!


大量の食器もこれからは、
こだわらずに目に付いたものから
ガシガシと鬼のように洗っていくことにします(笑)。


老人の居る家庭は、シンプルでコンパクトな食事…
というわけにもいかず、洗い物が多いのは、
仕方ないことですからね~。

« クレームユーザーの気持ち(後日談2) | トップページ | 「億劫」なのはこだわるからだⅡ »

家族のココロ、家庭のキモチ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54136/6422105

この記事へのトラックバック一覧です: 「億劫」なのはこだわるからだ:

« クレームユーザーの気持ち(後日談2) | トップページ | 「億劫」なのはこだわるからだⅡ »

スポンサーリンク



ウォーターサーバー売上No.1

  • RO水/回収硬質ボトル/法人客多

ウォーターサーバー売上No.2

  • RO水/回収硬質ボトル/法人客多

ウォーターサーバー売上 上位

  • 天然水/使切りボトル/個人客多

ウォーターサーバー売上 上位

  • 天然水/使切りボトル/個人客多

ウォーターサーバー 3位争い

無料ブログはココログ