« アレって連絡事項だったの? | トップページ | 構って欲しい人、欲しくない人 »

2005.10.09

賢くない医者のかかり方

スポンサーリンク




風邪がなかなか治りません。。。

先々週の木曜日にのどが痛くなって、
翌日の夕方に熱が上がってきて早々に帰宅。

私の風邪は、たいてい疲労と連動しているので^^;、
土日に本気で寝ていると翌週には直るんですが、
それでもまだ休養が足りなかったと見えて(笑)、
先週は毎日、朝から、
熱の上がり始めのようなや~な感じ。

スタッフさんから「体調不良で休みます」
という連絡を受けるたびに、
どうしてそうわざわざ怪しまれるような事由にするのだろう?
と、常々思ってはいたが、先週の私の場合は
「起きているのがしんどくて、すぐにでも横になりたい気分」
とでも表現すればいいのかなぁ?と、思ったりする(笑)。

カツカツとタイトな進行で、
新人研修を担当中だったので、
簡単に休むわけにもいかず、
毎朝「調子悪いな…休もうかな…」と迷いながらも出勤。
そのうち、咳も出るし声もガラガラになって、
これじゃ、いくらマスクをしていても、
「菌の発信源」と白い目で見られるよね^^;

研修の全日程が終った日に、正社員のひとりが
「ぷらたなす、おまえ、会社、来んな!(笑)」
「あ、心配してくれてうれしい~♪」
「違うよぉ、苦しそうで聞いてらんないのっ、その声(笑)」
「け!身を案じて言ってくれてるんじゃないんだ^^;!冷たい!」
とかなんとか言いながら、
有給を取ってやっと病院に行くことにしました。
病院なんて何年ぶりだろ…

    *    *    *    *    *    *

私は今の地区に住み始めて30年になりますが、
広い地区に内科がひとつしかなくて、
いつ行っても大変混んでいて時間がかかったのは昔の話。
今は、1キロ離れたその医院と自宅の間に、
700メートル地点に一軒、300メートル地点に一軒…
と、随分選択肢が広がりましたよ(笑)。
今日は、どこにしようかな(笑)♪

1キロ先の昔からある古くからのかかりつけは、
子供達が小学生の頃に行ったきりでしたが、
その当時でも、「この先生、ちょっと見ない間に老けたなぁ…」
と感じたぐらいで、でもそうだよね。
娘さんが妹と同級生だったので、
今なら、私らの親の世代って70だもんね。
建物もすっかり古ぼけて老朽化しているし、
だいたい、今もやっているんだかどうだか…
うーん、場所も遠いし今回はパス(笑)!

回覧版でも届けるように
スッピン&サンダル履きでも行けそうな
一番近くの一番最近のピカピカの医院は、
家ではまだ誰もかかったことがなく、
家庭内の評価未定のため今回は見送り(笑)。
やっぱり具合が悪いので、
多少知っているところに行って、さっさと薬をもらって
帰って来たいわけよね。

ということで、当日は午後まで寝た後、
外に出かけたくない気持ちを我慢して
中間地点にあるF医院へ。

    *    *    *    *    *    *

「どうしました?」
「風邪がなかなか治らないんです。。。」

声が枯れているし、
待合室にいるときから大きな咳をしていたので、
わかりやすくていいな~と思いつつ
先生に経過を話す。
先生、今は40前後でしょうかね?
この人も、開院当時に比べたら、
随分老けたよねぇ(笑)。
当時は毎日ピカピカのデカい四駆で通っていたけど、
今は、あの軽自動車が先生の車なのかなぁ。。。

※主婦の患者はそういうところも見逃さない(爆)!

「鼻水出ますか?」
「はい、濃いのが^^;」
「痰は出ますか?咳は?」
「痰は咳をすると出ますけど…」

実は、鼻水や咳が出て
傍目にもひどそうに見えるときは、
峠を越した風邪の治り際なんだよね。

だから、外見とは異なり、
そうなると自分の中では、
これが消えれば完治だな…
なーんて、「時間の問題!」と思っているので、
それは別に気にしていないんですよ。

それよか、毎朝、
風邪の引き始めのようなだるさがあるので、
そっちを気にして欲しかったんですが^^;、
私の言い方が悪かったのか、
咳と声の治療が第一目的と思われたのか、
出された薬を見たら、
気管支拡張剤(錠剤と貼薬)、去痰薬、鎮咳薬…
と、主にそっち系メーンのおクスリばっかりで、
個人的には、なんかちょっと違うなぁ。。。(笑)

おまけに、「あれ?」と疑問に感じた気持ちの
心理的悪影響なのか、薬を飲むと、
咳が逆にひどくなるような気がするんだよね^^;。

痰の絡む咳は、ゴホンゴホンとすぐに終るのに、
薬の効き目で痰がなくなったら、
一回咳が出始めるとひとしきり何度も咳き込んでしまい
なかなか止まらないので、アバラの筋肉?が痛くて
飲まないときよりも、ずっと夜通し苦しい感じ。

だったら、総合感冒薬のパブロンでも飲んで、
4日間、家でごろごろしていたほうが治るんじゃないの?(笑)
というわけで、素人判断は危険とわかっていつつも、
今朝から薬を飲むのをやめて見ると、
これがやっぱり咳が出ないんだわ(笑)。
どういうこっちゃ?

そういえば、あの先生、
「タバコは吸いますか?控えてますよね?」
とかも、ひとことも聞いて来なかったし、
やる気あんのか(笑)?。。。

でも、あー、ちょっと失敗したな~。
風邪だ、咳だ、と最初から言わずに、
「毎朝だるい!」というところから入ればよかったなぁ(笑)。

そう言えば、もうひとつ失敗(爆)。

私が大きな病院が好きじゃないのは、
遠くて混んでいて時間がかかって、
ヘタすると一日がかり。
時には、検査、検査で通院が長引き
お金もかかるので、気合が大いに必要なためですが、
よく考えたら、長男が骨折で入院した
近くの公的な総合病院のことをすっかり忘れていました!

5、6年前に街中から移ってきたその病院は
さほど大規模でもなく、
何より家から近い(2キロ)ので外出の負担がない。
病院も、あんまりご無沙汰していると、
患者さんとしての「勘」がすっかり鈍りますね(笑)。

    *    *    *    *    *    *

先週の水曜日の夜、
スタッフのウエピー(30代後半/男性/仮名)
から電話が入った。相変わらずのおネエ言葉で、
「ぷらさん、あたし、入院したんです。今、病院なんです。」
「え?病名は?」
「肺炎だって。診察に行ったらすぐに入院しなさいって言われて…」

ウエピーはここ数ヶ月、微熱がなかなか治まらず、
精神的なストレスから来ているのかも?と皆、感じていたが、
最近では高熱で休むこともしばしばで、
本人の体調と業務上の支障が気がかりになってきたので、
周囲が口を揃えて「有給とって一度ちゃんと治せ!!」と
言っていたところだった。

彼は交替制なので、平日の休みも
午前中の空き時間もあり、
幾度か個人病院に言った話は聞いたが、
私と同様、近場の医院で簡単に薬だけもらって
あとは横になっていたかったんじゃないかな?
と、ふと、思った。

町の開業医の先生を悪く思う気持ちはないけど、
実際に行って見ると、
患者さんは皆お年寄りばかりで、
日々、延々とこれらの方々に
腰痛や不定愁訴の話ばかり聞かされていると、
ときに重大な患者さんでも運ばれてこない限り、
いろいろな点で、診療の感覚が麻痺してくるってことは
ないのかな。

風邪がなかなか治らないと思っていたら、
喫煙など一切しないのに、肺がんであることがわかり
あっという間に亡くなってしまった、母の友人の事も
思い出す。

風邪は万病の元と言いますが、
もう若くもないんだし(笑)、
これからは本当に気をつけなくちゃね!

ゴホゴホ。。

----------



【PR】スタイリッシュ!足元ボトル!からだにやさしい常温水可能なウォーターサーバー
【PR】事前予約可能!月極駐車場の一部を時間で貸し借りできるakippa(あきっぱ)



※↓↓↓お読みくださった方は投票もお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 その他日記ブログ ワーキングウーマン日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

« アレって連絡事項だったの? | トップページ | 構って欲しい人、欲しくない人 »

季節の中で、暮らしの中で」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54136/6317247

この記事へのトラックバック一覧です: 賢くない医者のかかり方:

« アレって連絡事項だったの? | トップページ | 構って欲しい人、欲しくない人 »

スポンサーリンク



ウォーターサーバー売上No.1

  • RO水/回収硬質ボトル/法人客多

ウォーターサーバー売上No.2

  • RO水/回収硬質ボトル/法人客多

ウォーターサーバー売上 上位

  • 天然水/使切りボトル/個人客多

ウォーターサーバー売上 上位

  • 天然水/使切りボトル/個人客多

ウォーターサーバー 3位争い

無料ブログはココログ