« slコマンド | トップページ | うぃるま »

2005.10.27

器 うつわ

私が悪いのはわかっている。


でも、反省も後悔も
なんだかあまりない。。。


心のどこかで
「結局、この人はこれだけの人」
と切り捨てるような思いがあって、
「そんなに我慢できないなら、
さっさとどっか行ってよ!」と
言い返したくもなるよ。
向こうも今すぐにでも辞めたい
気持ちなのだろうけど。


    *    *    *    *    *    *


ヨッシー班長(20代後半/男性契約スタッフ/仮名)の
退職が決まった。


今年の初めにリーダー(班長)さんを正式にお願いして以来、
困惑したり投げやりになったり、自己嫌悪に陥ったりしながら、
ついに最後まで責任者としての確かな自信を
手にすることがないまま来月で職場を去っていく。


礼儀正しく人当たりのよい好青年。
真面目で責任感が強い人柄なので
一見、どこに行ってもまとめ役を
お願いされやすい人だと思うのですが、
(実際、私達もそうだった。)
意外にも些細な事をクヨクヨ気にする弱気なところがあり、
状況を判断して主体的に采配を振るう事が苦手。
何か少しでも普段と違うことが起きると、
冷静さを失ってしまうような人だった。


きっと安定志向が強いんだね。
事件やトラブルが起きない日はない私達の業務には
向かない人だったのかもしれない。


今となっては少々、いじめられキャラ…かな(笑)。
班長会議の場で、「こんなことで困っている」
と、発言するとすぐに他の班長達から、
「そんなのこうすればいいじゃん」「なんでこうしないの?」
と、すぐに突っ込みが入っちゃう、ちょっと気の毒な人でした。


でもそう、確かに、「本社の回答がいつも遅い」と怒る前に、
マメに進捗確認の電話を何度も何度も入れているのか?
ってことなんだよね。


彼女との結婚を考えているのか、
三年目に入った今期、「そろそろ潮時」と、
正社員のクチを探して就職活動を開始し、
現在「結果待ち」であることは告げてもらっていましたが、
「落ちたらまた考えます」と言っていた続行の意思を
「受かっても落ちても、もう辞めますから!」
と、吐き捨てるように言ってきた。
私のある行動に腹を立てたのだった。


    *    *    *    *    *    *


引き金は、このたび、別途新しい班を作ることになり、
新しい班の新班長として、ヨッシーの班から
一人の有力なスタッフさんを指名したこと。


が、話が急転して非常に急ぎ決定を迫られたために、
私は直属リーダーのヨッシーに相談するよりも先に
まずはご本人への打診と意思確認を最優先して、
了解を得るや、その場で即決しまったのでした^^;。


ただし、正確には「いきなり」ではないよ。前日、
「あなたの班の○○さんか○○さんの
どちらかが欲しいんだけど…」
と、内々に予告はしたつもりだったんだけどな…
「えー、いゃ、参ったなぁ」なんて、そんな拒絶感も
なかったように見えた。


だから、候補者の
桜井さん(40代前半/男性契約スタッフ/仮名)から
快諾を取り付けてすぐヨッシーのところに走り
「昨日の件で至急話がある…」と切り出したときに、
あれほど呆然とした表情をするとは思っていなかった。


まぁねー、
突然の引き抜きみたいになっちゃって
彼が怒るのも当然なんだけど。。。
(私としては、彼のために主力はハズしたつもり^^;)
が、この後、彼の態度が一変した。


それまでの話し合いでは、
今採用試験を受けている会社に落ちたら、
「もう少し長く働いてもいい」みたいな話だったのに、
その日の昼にすれ違ったときに、通路で呼び止められて、
「ぷらたなすさん、オレ、受かっても受からなくても
来月一杯で辞めますから。今そう決めましたから。」
と、ケンカを売るような口調で言ってきたのだった。


でもそれ、私にとっては何の爆弾にもならないよ^^;
私の中では、ヨッシーの辞めた後の構想が
すでにできあがっていたから。


だって、新人さんにOJTを施している最中の彼に
急用があって声をかけると、
「今じゃなくちゃダメですか!」「後にしてくれませんか!」
と、嫌そうな顔をあらわにしてちっとも穏やかじゃないもの。


(そう、朝の件も、両脇の新人さんにかかりきりで
かなり声をかけにくい雰囲気だったので
私はそのまま通り過ぎて桜井さんに向かったのだった!)


教え方も、わからない事を質問されないよう
必死に威厳を保つ事で、
双方向のコミュニケーションを拒絶しているように見えるし。


これでいいんだろうか…と思うと、
班長が交代するのも悪くないように思えた。

    *    *    *    *    *    *


彼は、内面にストレスを抱えると、
すぐに表情に出る。
目つき、顔つきがすっかり変わってしまう。


「あーー、来てるなぁ…
状況が最悪のときのヨッシーの顔だ…」
と、思う。


「ぷらたなすさん、アレ、一体いつ決まったんですか?」
「誰が桜井さんの名前を出したんですか?」
「どうして事前にひとこと、オレに相談してくれないんですか?」
「順番が逆じゃないですか。」


矢継ぎ早にそう質問されて、
言葉に窮するよ。


やむない事情は確かにあるんだけど
通路で向かい合う私達の脇を
いろんな人が通り抜けていくので、
ここであまりリアルな話は出来ない。


周囲に目を配りながら
「あとで…あとでゆっくり…」と言って離れたけど、
完全にもう「来ちゃっている」人の顔つきだった。


    *    *    *    *    *    *


「後でゆっくり」といいながら、
なかなか時間が取れないでいると
その日の終了間際に、
「もう一度、詳細な経緯が知りたい」
と、ヨッシーのほうから申し出があったので、
指定された場所に出向いてみると、
ヨッシーの脇には、神田君がいた。


え…。一人じゃないの?。
ヨッシーはこの、ドライでキツくて理屈っぽいけど
知識に勝る神田君に、常に頭が上がらない。
「俺はいいけど、神田さんがなんて言うか…」
というセリフを何度も聞いてきた。
神田君が業務上必要と騒ぐものはヨッシーも騒ぎ、
彼がユーザーに腹を立てればヨッシーも腹を立てた。

今日もこうやって一緒にいるところを見ると、
「詳細な経緯が知りたい」のは神田君のほうで、
「なんでこうなるんだよ!」と納得のいかない気持ちを
文句を言いやすいヨッシーにぶつけたのかもしれない。


神田君はヨッシーがリーダーになるときに、
自分のスキル不足を気にする彼の要望を聞いて
補佐役として他の班から移動して来てもらった人だけど、
結局それからの彼の毎日は、
常にこの人の目を気にし、批判を恐れ、
神田君のご機嫌が悪いときは
針のむしろのような日々だったのでは?…


そう思うと、男性の場合、
上に立つ人に要求されるのは、
やはり人柄よりも「腕」なのだろうか。


スキル的に「自分が一番!」であることが、
他者への余裕と優しさにつながるのならば、
そういう判断も「有り」なのかな。。。迷うね。


    *    *    *    *    *    *


ヨッシーは今、引き続き新人さんのOJT中ですが、
どうもあれから異常にカリカリしていて、
新人に対する態度がきついきつい^^;


何かの準備が手間取っていると
「どうせ何もやってないんでしょ?」
素朴な疑問点を質問すると、
「言ってもわからないから。」
自分でやってみたいと言っているのに、
「いいよ、わけわからない人にまかせてもしかたないから。」


こんな研修担当見たことないね(笑)。
いくら未熟であっても、素直で意欲のある人に、
こんなやる気をそぐ、失礼な言い方はない。
だいたい、いらだっている原因は彼自信の内なる感情であって
それで新人さんによろしくない態度をとるのはおかしい。


ヨッシー、やばいよ、それ。前原君の表情からは、
馬鹿にしているような言い方をされて
納得のいかない様子がありありだ。
早速、タイミングをみてその旨をメッセンジャーで飛ばす。


「いつか言われると思ってました」
だったら、いまやれ、すぐ直せ!と言いたいよ。


    *    *    *    *    *    *


「ぷらたなすさん、オレ、辞めるんで
早速手続きにすぐ入ってください。」
と、事あるごとに「辞める」を強調しても、
別に私、今更困らないよ^^;。


昨日は最終の意思確認で、
営業担当と三人で会う。
その席で、よっしーはまた言った。
「でもなんで、桜井さんなんですか?」
「なんで、オレの班なんですか?」


「たとえば、全然違う他のグループから持ってくるとか
新人を当てるとか、そういう事ってできなかったんですか?」


私は、思わず耳を疑う。
経験の豊富な桜井さんだからこそ
技術的な指導者として抜擢したのに、
「他のグループ」とか「新人」とか、
何言ってんの?あんた?


私はヨッシーの顔をまじまじと見て言った。
本気でそう思っているの?
「当然じゃないですか。」


今まで私は、話の進め方が逆になってしまい、
自分という存在をないがしろにされた面白くなさと、
(万が一採用試験に受かって)自分がいなくなった後の
体制を案じて怒っているのだと思っていたけど、
これじゃ完全に、自分がいる間に戦力が一人欠けて
自分の負担が増えるのをハタ迷惑に感じているだけだ。
完全に自分の都合だけで物を考えているように思える。


客観的に考えれば、業務に余裕のあるヨッシーの班から
どうみても彼しかいない桜井さんにお願いするのは妥当で
この件に関しては、全員の納得と祝福があるのに、
全体の中の自分…という見方は、今できないようです。


今までいろいろ助言したり、人をやりくりしたり、
私もずいぶんお世話をしたと思うけど、
こんなにも、自分のことだけにとらわれているのを見ると
「あー、結局これだけの人間だったんだな。」と、
こちらも思わざるを得ない。


営業担当に、
「はっきり言って俺はもう、これ以上やる気はありませんから」
と、タンカを切るように言うけど、それは、こっちも同じだよ。


思えば、今回の件をなぜ事前に相談しなかったかといえば、
すでに私の心のどこかに、彼に筋を通したい気持ちが
消えてしまっていたのかもしれない。


    *    *    *    *    *    *


今後のスケジュールに関して、
難波班長(30代前半/男性契約スタッフ/仮名)と打合せする。
「あぁ、彼は今、何を言ってもだめですね。」


レイちゃん(20代後半/女性契約スタッフ/仮名)
にも、言われる。
「ヨッシーは、ちょうど今、何も希望が持てないモードに
入っているんですよ。たまにあるんです。」


ふーん…


ヨッシーにとって班長になってからの日々は
重荷でしかなかったんだろうか?
文句ナシの満場一致で決定したのにね。


人に不満を持つことは、
その人に業務をお願いした自分に非がある
ということにもなるので、恥ずかしいんですが、
ポジションが人を変えて行く様子を
何度も見てきた私としては、
彼にもぜひ、何かをつかんで欲しかったですね。。。

« slコマンド | トップページ | うぃるま »

.ビューティフルヒューマンライフ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54136/6685260

この記事へのトラックバック一覧です: 器 うつわ:

« slコマンド | トップページ | うぃるま »

スポンサーリンク



ウォーターサーバー売上No.1

  • RO水/回収硬質ボトル/法人客多

ウォーターサーバー売上No.2

  • RO水/回収硬質ボトル/法人客多

ウォーターサーバー売上 上位

  • 天然水/使切りボトル/個人客多

ウォーターサーバー売上 上位

  • 天然水/使切りボトル/個人客多

ウォーターサーバー 3位争い

無料ブログはココログ