« 「億劫」なのはこだわるからだⅡ | トップページ | 話の通じる年齢 »

2005.10.16

スキルと心根

今日は母も息子達も誰も居ない(笑)。
亭主は午前中に出勤した。


こんな日は、日がな一日PCに向かって
blogを更新したりなどして、
自分の喜怒哀楽を外に出してあげたいですよね(笑)。


    *    *    *    *    *    *


先週、新人の繭香さん(20代前半/女性/仮名)が
二日連続で会社を休んだ。


先々週も「生理痛」で二日休んだ。。。


この段階で、私的には「アウト!」である。


まだ、業務につく前の現場研修段階である。
過去の経験則から言えば、
研修中に会社を休む人は、
その後の勤怠状況も押しなべて「それなり」で、
グループ内の問題の火種になりやすい。
(いや、今思い出せば100%そうだった!)


それは、先輩スタッフ達もじゅうじゅう承知していて、
配属先のメンバーの中には、
「使えるの?あの人?本当に大丈夫なの?」という懸念の声が、
すでに男女共に上がり始めている。


    *    *    *    *    *    *


彼女の場合は、勝気でスキルもある人なので、
「気持ちが負けて体調に出てしまう」という事は
無いように思う。


私としては、たぶん研修担当の足元を見て、
「今日はいいや…」と思えば、
少々の不調でも休んじゃう人なんじゃないか?
と、思っている。


私の就業前研修のときは、
一日も休まなかったし、
早くに来て、前日の復習をやっていた。


私も緊張感を持ってもらうために
課題をバンバン出したし、
その他、受講態度や姿勢について、
「よろしくない」と感じたところは注意もした。


契約会社における私の研修が終了して、いよいよ現場に入ると
次は企業さん側の正社員の方の研修に入るのだが、
これがねぇ^^;…


技術と経験に裏打ちされた、
非常に興味深い研修をしてくださる社員さんもいるのだが、
説明にメリハリがなく、口調も穏やかで優しすぎて
「睡魔との勝負!」と言われている社員さんもいる。


社員研修は当番制なので致し方ないとしても、
某社員さんの研修は「退屈でつまらない」
と、思う気持ちはわかるよ?


でも、だからといって休んで良いわけではない。
あなたが休んだので、新人さん達の進捗が揃わず、
社員さんはその日一日を復習に当てて、
良心的にあなたの出社を待っているのだから。


というか、普通はそれでも「休んじゃえ!」なんて
思わないよね?


    *    *    *    *    *    *


過去、何度も痛い目にあってきた私は、
研修中に休む人には、猜疑心が強まる。


欠勤の連絡方法にも疑問が残る。


「どうしても休まなくてはいけないときはここへ」
と、現場の電話番号を教えたはずなんだけど、
「掛けたけどつながりませんでした」
って、メールで済ます気かい?


「勤怠の連絡は、
本人から現場に『直接電話で』」って
何度も強調して言ってあるだろうが^^;…
つながらなければ、つながるまで掛けて見るのが
普通なんじゃないの?


私への携帯宛てのメールを出勤の車中で読んで
「あれ?」と思った私は、
すぐに現場に電話を入れてみる。
車で移動中の緊急連絡のために、
社用携帯と私用PHSに
それぞれイヤホン買ったばかりだもんね~(笑)!


現場は24時間体制。
電話して、人が居ない…ということはまずない。
「さっき○番と○番が両方ふさがっていた時間帯ってあった?」


「いえ、今日はないですよ。
それに、オレラ、緊急連絡はどっちかにはつながるように、
いつも仲間内で工夫してますから。
たまにそうでないときもありますけど、
とりあえず、今日は『つながらない』ってことは
ないはずです。外から電話、一本もなかったし。」


だよねぇ。
いや、どっちかが嘘をついているのかもしれないけど、
この場合は、長年一緒に仕事をしてきて、
お互いに良いも悪いも分かり合えている
達ちん(20代後半/男性/仮名)の言葉を
信じたいね(笑)。


    *    *    *    *    *    *


繭香さんは、前職でリーダー職であった。


経歴に偽りのないことはすでにわかっており、
腕は確かだ。
知識も豊富、経験も豊富、
向上心も、(たぶん)野心も豊富だ(笑)。


でもさー、自分を一度リセットして
一筋な馬鹿になって
業務に誠実なところを見せてくれないと、
周囲はさっさとあなたを見極めてしまうのよね。
もちろん、私もそう。


    *    *    *    *    *    *


先週の半ば、私は契約会社の
細川さん(30代前半/女性/仮名)に電話して、
彼女に対する状況と印象を伝えた。


研修中にも多少感じていたが、
他人の足元を見て、
人を小馬鹿にするようなところがある。


この人をグループに入れたら、
また騒動の種になりかねず、
それは私の望むところではない。


「それじゃ、辞めます!」と言われても
企業さんへの釈明には私が必ずなんとかするので、
「今後、就業を続行する意志があるんですか?」と、
できるだけ強い口調で確認してください。


と、お願いした。


加えて、
「研修担当者によって、内容が面白くないときは
『アタシはスキルがあるし、今日は別に出なくてもいいか…』
と、さえ思っている、と私が感じている、と
言ってくれても構いません!」
と、まで言い切った。


昨年、体調不良で新人が入っては辞め、入っては辞め、
「いったいにどこに問題があるのか?」と
頭を抱えた事がウソだったように、
今期の交代者の立ち上がりは順調に推移しているのに、
今更時間を、逆戻りするように、
たとえいくらスキルがあっても、勤怠の悪い方は
もう今後、絶対に中に入れたくはないのです。


昨年のリタイア者は、
体調不良にウソ偽りは無いように思えましたが
繭香さんのそれは、なんか、あやしいなぁ~(笑)。


    *    *    *    *    *    *


思うに、そんな行動をすれば
周りにそう思われるって気がつかないのかな。


私の研修は休まずに出た。
弘樹社員さん(40代前半/男性/仮名)
の研修にも休まずにマジメに参加する。


なのに、タクミさん(30代前半/男性/仮名)の研修と
ヨッシー(20代後半/男性/仮名)の
OJTのときに限って休むなんて、
部内的には、あまりにも
ミエミエだぞーーーー???


心根がよろしくないのは
すでに十分判っているんだし、
だったら、もっと、
うまく立ち回れないもんかな。。。


「そんな事、全然ないです。
研修は面白いです。
ただ、ちょっと最近体調が悪くて…」


契約会社の細川さんの意思確認には
そう言っていました、という報告。


本当にそう思っているならば、
もうちょっと焦って欲しいよね(笑)。


    *    *    *    *    *    *


今期、私の担当グループでは、
ズブの素人新人男性を二人入れた。


一名は、一度お断りしたけど
「それでもやりたい」と、
再応募してきた前原君(20代後半/男性/仮名)。


もう一名は、「お話を伺ってみたら私には無理です」と
一度辞退したけど、「やっぱりやってみたいです」と
これまた再応募してきた繁さん(30代後半/男性/仮名)。


彼ら二人の必死な様子を眼にするにつけ
「一生懸命は七難隠す」と、思わざるを得ない。
受け入れ側も、「スキルが低いからダメ」などとは
誰も言わない。


「私達もそうだったんだよ?
でも、やればそのうち必ず判ってくるから!」
と、思いやりのある言葉を掛けられて、
それでも、それに甘んずることなく
日々精一杯に頑張っている。


もしそうはなれないずるいヤツなら、
だったらもっとズルくやろうよ(笑)。


「あの人って、なんか、仕事を馬鹿にしてない?」


すでに周囲にそう思われているるようじゃ、
アンタの負けでしょう(笑)。


    *    *    *    *    *    *


職場にはキミの知らない…
けれど「受け入れ側」にとっては、
既知の判断基準になってしまっている項目がある。


彼らと私にとって「研修を二回以上休む」という事柄は
スキルがないことよりも、はるかにはるかに
最悪NG項目だ。
実務についてからの欠勤の多さが予測される。


繭香さんがこれからも要領よくやっていきたいと思うのなら、
他人の目と、人の風評に、
もっと気を配って、畏れを抱いたほうがいいと思うけど。


彼らの判断は、いつも本質をついており、
あなたがどんな人か、
すでに見抜かれているのだから。


アナタ、頭のいい人だよね?
ヘタに敵を作らずに、味方をたくさん増やそうよ(笑)。


« 「億劫」なのはこだわるからだⅡ | トップページ | 話の通じる年齢 »

.ビューティフルヒューマンライフ」カテゴリの記事

コメント

怒ってるんですね~。
そこに至る経緯を私も何度も経験している為、うんうん。と言いながら拝見しました。
ダメですよ。研修中に休む人とセンターにかけたけど誰も出なかった。って人は。
誰も出ないってここの仕事なめてる?って思うけどこれ使う人結構いますよね(;¬_¬)

haruさん、はじめまして。

そうなんです。研修中に休んだ人で、その後問題にならなかった人は居ないんです。その方の配属先は数名のメンバーで動かしているので、欠勤の多い人に対する風当たりが強いんですよ。

電話の件もそうで、「つながらなかった」という表現に、私、引っかかりました^^;。本当に電話を掛けたのならば「誰も出なかった」「話中だった」のどちらかだと思うんですよね(笑)。私が本当に電話を掛けたのなら、それを判ってもらうためにも、できるだけ具体的に「○回鳴らしたけど、出ない」とか、絶対言いますもん(笑)。

ただ、正真正銘の「体調不良」で研修を休む人は、現場に入ってから、精神的な問題で出社できなくなる人も多いんですが、「気持ちの甘さ」からのお休みは、状況が見えてきた場合に、  「気持ちの弱さ」からのお休みは、業務に興味が出てきたり、仕事に自信がついてきたりすると解消されることもあるので、この方は前者であればいいな…と、思っています。

私だったら、研修は休みませんよ~。むしろ、人に遅れを取ったり、評価が落ちるのが怖いので、少々の熱でも出かけていくと思うんですけど、簡単に休んじゃうような人は、少なくてもその考えはない、ってことなんですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54136/6425589

この記事へのトラックバック一覧です: スキルと心根:

« 「億劫」なのはこだわるからだⅡ | トップページ | 話の通じる年齢 »

スポンサーリンク



2018年おせち予約開始

  • おせちは断然早割がお得!

売上断トツNo.1!おせちの王者

ランキング2位常連「料亭の味」

ホテル・料亭の味をご家庭で!

創業90年老舗の味

無料ブログはココログ