« わかりやすい人 | トップページ | 技術屋というタイプ »

2005.10.30

馬の気持ち

食事の後、NHKスペシャル
「ディープインパクト~無敗の三冠馬はこうして生まれた~」
を家族でぼーっと見ていた。


へぇ…闘争心の強い馬、か。
そうだよね。馬にも性格はありそうだもんね。
人間で言えば、喧嘩好きのヤンキー兄ちゃんが
ボクサーとして才が花開き成功する…
みたいなもんかな。


この馬、先行する馬が居ると
抜かずにはいられない性質(タチ)なのね(笑)。
そういうところから修正していく調教をするわけだ。
面白いね。
というか、そういった訓練が可能なんだね。ふーん。
結構メンタル的っていうか。
調教師の人も、腕が問われますね。


でも、このお馬さん、
気乗りしない走りをさせられると、
頭を下げて不満げだな~(爆)!
走っているときの首の角度が
あきらかに他の馬と違うよ(笑)。


もちろん、三冠を支えているのは、
抜きん出た心肺機能とか
整っている効率のいい走りのフォームとか
そういうところが大事なんでしょうけど、
野球でピッチャーをやっている次男が
それを見てつぶやく。


「走るフォームってどうやって練習させるのかな?」


「それが最初からできているからすごいんじゃない?
馬が『オレのフォームをなんとかしなきゃ』って
自分で思ってビデオとか見て、研究するわけないもんね(笑)」


「だよねー(笑)」


それにしても、勘違いして
スパートのタイミングを一周間違えてしまうってのは
人間臭くておかしいよね。
馬は馬なりに、いろいろ考えてやってんだな(笑)。


子供の頃、
馬を飼っていた親戚に出入りしていたウチの母は
「可愛いもんだよ~」と、よく言いますが、
「馬の感情」がどの程度のものなのか
あんまりわかっていない私達は、
「ふーん」てひと事のように
うなずくのみです^^;。


とりあえず、闘争心=前の馬を抜く
ということは、「早く走った者が勝ち!」
という価値観は遺伝子にあるんだな。
へぇ。。。


だけど、あまりにも資質に優れていると
この馬、なんだか長生きしないような気もする。
平和に生きていくには、アンバランスだもの。
「天才の夭逝」みたくなんないかな…


「だから、さっさと引退して
種牡馬になればいいんだな。」と亭主。


みんなで馬の人生まで語っちゃうもんね(笑)。


私は競馬には興味がないし詳しくもないけど、
番組中で再映された菊花賞の映像には
結構感動したよ。


騎手って馬を読み馬と語り馬と謀る仕事ね。
武豊ってやっぱりすごいなぁ。
ちょっと見ない間に、老けたけど(笑)。


特定の対象を追ったドキュメンタリーを見るたびに思いますが、
映像を見ると、取材はかなり早くから開始されているわけで、
それは「これって追ったら面白そう!」という
興味と嗅覚の結果だよね。


そうしてみると、話題性のある結末にならなくて、
日の目を見ない番組もあるのでしょうね。
生き物相手の商売は、思い通りにいかないだけに、
成功したときの喜びは人一倍大きいのだと思います。


まー、馬の気持ちなんて、わかんないけどさ、
取りあえず、今回は取り留めのない感想をだらだらと(笑)。


« わかりやすい人 | トップページ | 技術屋というタイプ »

見て聴いて読んで試して」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54136/6736523

この記事へのトラックバック一覧です: 馬の気持ち:

» Nスペがディープインパクト [かきなぐりプレス]
無敗のままで3冠を制したディープインパクト物語がNHKスペシャルで放送された。Nスペで取り上げられると終りだというジンクスがあるようなので、備忘録のために書き記しておく。 サンデーサイレンスを父に、ウインドインハーヘアを母に持つディープインパクトは、02年7月、3カ月の仔馬のとき7000万円で馬主に買われた。サンデーサイレンスの子供なら普通は1億の値がつく。ところが馬体が小さかったため、落札価格は通常よりも低かった。あまり期待されていなかったようだ。 最初は北海道の牧場で過ごす。 ... [続きを読む]

« わかりやすい人 | トップページ | 技術屋というタイプ »

スポンサーリンク



2018年おせち予約開始

  • おせちは断然早割がお得!

売上断トツNo.1!おせちの王者

ランキング2位常連「料亭の味」

ホテル・料亭の味をご家庭で!

創業90年老舗の味

無料ブログはココログ