スポンサーリンク




« 粗探しがスキルじゃない | トップページ | 「わかる人」が入ってよ »

2005.10.20

プレぃングマネージャー熱望

標題は、私の話ではない(笑)。
当然、古田の話でもない(笑)。
ウチの課長の話です。


小規模ながら、初めての新規業務を立ち上げるに当たり、
課長(30代後半/男性社員)が事前ミーティングの場で
自らそう宣言したのだ。


「本件では俺は、プレぃングマネージャーとして関わります!」と。


でも課長の気持ち、痛いぐらいによくわかるんだよね。


過去の実務で人に負けなかった自負がある場合、
運用の立案や、調整、交渉、スケジュールリングなどの
デスクワークよりも、自分が再び現場の最前線に立って
思う存分動いてみたくなるときがある。


課長も主任と同様、昨年他部門から転任してきたが、
やはり古参の社員との「技術的な知識差」の壁に阻まれて
スムーズに意見や指示が通らず、苦杯をなめてきた。


たぶん、仕事はできる人だと思うし、
何がしかの実績を引っさげての着任であったと思うけど、
二年目に入った今年も、思い通りに手腕を振るえた…とは、
決して自分でも思っていないだろう。


そうであればあるほど、
管理業務なんてぶん投げて(笑)
意のまま自由に動いて、
圧倒的に他人を引き離せるフィールドに
身を投じてみたくもなるのだね。


また、一から現場に携わることで、
その業務のオーソリティになり、
古参社員達と対等に話ができるように、
確かな実力をつけたいのだ。


わかるなぁ、それ。


    *    *    *    *    *    *


うえぴー(30代後半/男性契約スタッフ/仮名)が入院したので、
人がひとり足りなくなり、私は今、スタッフ同様、
一日一杯、普通にお客様からの電話を取っている。


これがやはり、かなり幸せな日々だ(笑)。


私はお客さんと電話で話すのが大好き。
それから、提供商品の変な不具合に出くわし、
頭から突っ込むように、調査に没頭するのも好き!


なーんにも考えずにガンガン電話を取り、
伸びて行く実績管理簿の数字にひとりでニンマリし、
ときには、自分を数字で上回っているヤツの追撃を狙い(爆)、
受付時間終了後は、手持ちのオペレーションに集中する。


幸せだなぁ、たまにこういうのも(笑)。
みんなが原因がわからずにクビをひねっている案件に
どれどれ?と、横からクビを突っ込んで、「これはさー」と、
今までのノウハウのウンチクを、ときには語りたいさね(爆)!


もっとないものねだりをすれば、
合併する前の、トラ室(トラブル調査室)業務に
また戻りたいよ。
顧客サービスチームと業務合併してしまった今は、
値段や購入方法の問い合わせばっかで、
手ごたえがないや^^;

    *    *    *    *    *    *


ところで…
課長はまったく分野の違う3つの課の責任者を兼務している。
彼が担当している別の課のリーダー仲間
(40代前半/他社男性契約スタッフ)と、朝一に話し込む。


「課長がプレぃングマネージャー?(笑)
俺、無理だと思うなー。だいたい今の業務はどうするんだろ?」


「それぞれの主任に任せてでも、自分がやりたいんだと思うよ。」


「やめたほうが、いいんじゃないかなぁ~(笑)…
絶対中途半端になって、収拾つかなくなるよ?」


「いや、最初だけでいいのよ、最初だけで。」


立上げの一部始終を語れる!
私達や社員が、お酒の席で懐かしく語りあう
業務開始当初の爆笑エピソードに
課長は入って来れない。(というか、入ってこない)


「すべての経緯を最初からつぶさに知っている者」


こんなに優位で結束を持てるものはないんだ(笑)。


課長は、そんな人に今、心からなりたいんだよ。
きっと…


« 粗探しがスキルじゃない | トップページ | 「わかる人」が入ってよ »

.ビューティフルヒューマンライフ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54136/6480687

この記事へのトラックバック一覧です: プレぃングマネージャー熱望:

« 粗探しがスキルじゃない | トップページ | 「わかる人」が入ってよ »

スポンサーリンク

3か月継続で白歯実現!

介護の転職

経理の転職

無料ブログはココログ

★★★