« 同窓会の連絡手段 | トップページ | メモとノートとタイピング »

2005.09.21

初心者でもできますか?

インターネットに関連するある商品の
ユーザーサポートの現場にいる。


といっても、特定企業さんの特定商品のサポートなので
料金や申込み関連のお問い合わせも多く、
最初からさほどのスキルは必要ない。


サクサクと手際よくホームページを見ることができて、
パソコンでのメール経験があれば、時間の差はあれど
誰でも一人前に育っていける仕事である。
なんと言っても「ド素人」だった私にだって
務まっている(もんね笑)。


よって、募集広告もそういった文面にしてもらっていて
時期とタイミングがよければ、掲載の翌日から
問い合わせや応募の電話が入るわけです。


「交替制とありますが、どんなローテーションですか?」
「休日は自分で選べますか?」
「具体的なスケジュールを教えてもらえませんか?」


そういった内容が多い中、
「初心者でもできる仕事でしょうか?」という質問が
たまに来る。


もちろん業務の性質上、
知識と経験の豊富な人に来て欲しいに決まってはいるが^^;
「初心者でもできますか?」と聞いてくる人に限って
実際にお会いしてみると、こちらが思うほど
「初心者」じゃないことが多いんだよね(笑)。


なぜ自分を初心者と名乗るかというと、
本当にこの分野に詳しい人の有様や雰囲気を
何かのきっかけで、ある程度わかっているからであり、
上を見ればキリがないような全体像の中で、
自分は底辺に位置しているとの、
きちんとした判断と自覚があるからでしょう。


でも、私が感じるに、
その人はその時点ですでに
こちらが想定する「初心者」からは
一歩も二歩も脱しているんだよね。


むしろ周りの見えていない勘違いな初心者さんほど
自分をそうだと感じる自覚も感受性も身についていなくて、
どちらかといえば、その方が問題かも…


    *    *    *    *    *    *


今、私は木曜日に現場に入る新人さんの
就業前研修の真っ最中ですが、
この、女性二人・男性一人の三人組のうち、
男性の前原君(20代後半/男性/仮名)は、
本当の本当に「初心者」さんだ^^;。


内装やマシンオペレータなど、
主に体を動かす仕事を続けてきていて、
何の転機があったのか、
「少しでもITに関連のある業種について一から勉強したい」
と、応募してきた。


うーん…
私達の職場を「IT関連」と呼べるのかどうかは別として^^;
その意欲と熱意は並々ならぬものがあり、
選択肢がふたつあった業務の中でも、
「ぜひ難しいほうに挑戦したい!」と、希望を出してきた。
どう見ても無理な感じがしたので^^;
その旨をお伝えしても、やっぱり絶対そっちがいいんだって。
「むしろ望むところ」って…アンタねぇ。。。^^;(苦笑)


話してみた限り、小さいことにはこだわらない体育会系で
根性も座っているし(笑)、柔軟性も感じるし
「現場に入ってからどんどん伸びそうな人だな。」
と私には実感できても、果たして
周りがそこまでこらえてくれるかどうか…


だって、聞き取りをすると、その熱意とは裏腹に
案の定、あまりに何も知らないんだも~ん(笑)。
「オマエ、本当に本気で"目指し"てんのかぁ~?」と
つい、突っ込みを入れたくなる^^;


ですが、ここのところ、意外なところで体調を崩して
短期間でリタイヤしてしまう
脆い新人ばかりを見てきたので、
この、何があっても負けなさそうな(笑)
怖いもの知らずの純朴さは
今一番グループに必要なキャラかもしれない。


現場で彼を直接指導することになる
リーダーのヨッシーにも会ってもらい、
「どう?育てられそう?」と確認を入れてみる。


やる気まんまんですね、すごいなぁ。。。
オレは別に問題ないですよ。
だって、俺が入ったときよりも
絶対今の彼のほうができるように思えるもん。


そうね(笑)。
確かにキミは課題に出した簡単な設定に
なんと一時間もかかったもんね(爆)今も語り草だよ(笑)。
でも今や立派なリーダーさん!案ずる事はないかな。


    *    *    *    *    *    *


だがしかーし、研修三人組のうち
先に採用が決まっていたほかの女性二人は
同業他社の経験者であるために、
彼にとってはあまりにスキルの差が大きく、
彼の表情は日に日にこわばって来た。


十分噛み砕いているつもりなんだけど、
それでも私の説明が一向に飲み込めず、
時には完全についていけなくなっている。


いくら頑張って耳を傾けても、
あまりに自分にとって現実感のない説明を延々とされると
人間誰しも眠くなっちゃうのよね(笑)。


いえ、実際は研修内容に現実感がないわけではなく、
ちょっとメールをやったことのある人なら、
エラーの説明をすれば「なるほど!」と聞いてくれるし、
たいてい研修中に「そういう事だったのか!」と
目からウロコ状態で膝をたたいてくれる瞬間が
必ず一度や二度はあるものなんですが、
いかんせん、インターネットに対しては
接続環境は持っていても、外側をなでるだけのような、
関わりあいの度合いが薄い生活をして来ているので、
何を言ってもピンと来ていないし、
根本的に理解し得ない事柄ばかりの連続。


片や経験者の女性二人が、
様々なショートカットキーや
工夫された小技や手順を駆使して、
出された課題を見る間に片付けていく
清々しいほどの手際を見せるのに対し、
前原君は、一体今自分が何をどうしたらいいかも
まるでわからずに固まっている状態だ。
(でも、これ過去の私自身でもあるよ(笑)。)


    *    *    *    *    *    *


先週の金曜日の研修終了後、前原君が聞いてきた。
「ぷらたなすさん、オレ…本当に大丈夫なんでしょうか?」


おう!そのセリフをずーーーっと待っていたよ(笑)!


メールでのお問い合わせにも回答返信するので、
お客様のご利用が多いOutlookExpressと、
現場で使われているBecky!の設定を教えていたとき、
hotmailをたまに使うのみで、メールソフトはほとんど未経験、
なので、メールの設定画面など開いたことが無く…


ファイルを添付したことも無く、引用符を使ったことも無く、
シグネチャの意味はわからず、もらったメールの件名は
毎度すっかり削除して新たな件名をつけて返信していた彼が
ビジネスメール経験もある二人の女性達の
「このぐらいは"常識"で、教わるまでも無いわよね」といった
当然たる態度での作業の進め方を見て、
自分が今から就こうとしている業務に対して
初めて「このままじゃヤバイかも…」と感じた
瞬間だったのではないかと思います。


それまでは、「彼女達は経験者だし…」と、
自分との間に一線を引いて、
こちらがやきもきするぐらい
のんびりと構えていたように見えましたが、
業務でメールを使ったことがある人の手馴れている感じって
決して(彼の言う)"IT関連"に限らない話であり、
「もしかしてこれってそもそも一般常識?」
といったとらえ方が強くなってきて、
「オレって実は何も知らなかったのかも…」と
いい意味で、やっと危機感と焦りを感じたんだと思う。


    *    *    *    *    *    *


「ぷらたなすさん、オレ、一体今まで何やっていたんでしょうね」


「せっかくパソコンも持っていて光にも入っているのに、
オレ、今まで、すげー時間を
無駄に過ごしてきたような気がする。
もっといろいろやっておけばよかった。。。」


「なんかひとつひとつがなにもかもちゃんとできなくて
オレ、メチャメチャ悔しいんですよね」


以上が、本日までの前原語録。


前原君、心配ないよ、大丈夫だよ。
「初心者ですけど大丈夫ですか?」と聞いてくる人は
もう、少しずつ初心者じゃなくなってきているんだよ。


その悔しさはあなたにとって、
必ずや力のあるエネルギーの源になるはずだから、
キミのミスを見て吹き出して笑い転げる女の子達を
いつかは必ず見返すぐらいになってね。
頑張ってください!


「初心者でもできますか?」
できますとも!(^_^ )v


« 同窓会の連絡手段 | トップページ | メモとノートとタイピング »

.ビューティフルヒューマンライフ」カテゴリの記事

コメント

> 「初心者でもできますか?」

懐かしいセリフです。
私が、営業職からシステム系に転職したとき、このセリフが印象的で採用されたと以前勤めていた会社の人事に聞いたことがあります。
最終選考で、「私」と「バリバリの経験者&たくさんのスキル持ち」の二人が残り、合同役員面接で相手の話を聞いている限り、「絶対落ちたな…」と思っていたのですが、「初心者でもできますか?」と言うセリフを私が発言したことにより、何故だか私が採用されました。

今では、その会社は去り、今の会社でシステム部の部門長に居座っているんですから、不思議なものです。

ぷらさん、最近復活したなあって思ったら、ものすごい更新ペースですね。。。
私の部署でも経験者面しているけど肝心なこと何も知らないMAC使いと、コミュニケーションスキルが素晴らしい素人と、2タイプの新人がいましたが、どっちが物になったかというと後者でした。
一番伸びる技術者は、技術者だっていうプライドを持たない人なんだなあと実感。
でも奴は技術者にしておくのは勿体無いので、WEB広告業界に送り込もうと画策中です。

まことさん、Daisukeさん、コメントありがとうございます!

>まことさん
そうですね。「初心者でもできますか?」と聞いてくる方は、基本的に熱意と興味があり、状況判断に長けていて負けず嫌い(笑)、でも、そう自己申告することで、「初心者→なので今はスキルが無いけどいいよね?」的な心の担保を相手から引き出したいズルさがあったりして、私は(いい意味での)したたかさを感じて、好感があるんです。実は私も今の仕事に応募したときに「初心者で、しかもMacですけど、大丈夫でしょうか?」って聞いてます(爆)!今、ウチの職場でリーダーさんになっている方達の半分は、(私も含め)最初はメチャメチャひどかった(笑)人達です。

>Daisukeさん
ご無沙汰していました。少しブランクが空くと、次に書き始めたときに、書きたかったことがあれもこれも…と堰を突いて出たがります^^;いただいたコメントにもありましたように逆境から立ち上がっていけるかどうかは、ヒューマンスキルに大きく左右されると思います。あんまりプライドが高いと、失敗による評価ダウンを恐れてチャレンジ精神に欠けるので、最後に当初ぺぇぺぇだった初心者に抜かされたりするんですよね。そういった意味では、傾向として女の子の方が「大化け」する可能性が強いようにも思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54136/6041658

この記事へのトラックバック一覧です: 初心者でもできますか?:

« 同窓会の連絡手段 | トップページ | メモとノートとタイピング »

スポンサーリンク



ウォーターサーバー売上No.1

  • RO水/回収硬質ボトル/法人客多

ウォーターサーバー売上No.2

  • RO水/回収硬質ボトル/法人客多

ウォーターサーバー売上 上位

  • 天然水/使切りボトル/個人客多

ウォーターサーバー売上 上位

  • 天然水/使切りボトル/個人客多

ウォーターサーバー 3位争い

無料ブログはココログ