« 折り返し地点 | トップページ | iTMSは百均と一緒だね »

2005.09.19

男と技術と発言力

私の担当グループが同じフロアの他部門と圧倒的に違うところは
立上げから在籍している技術系男性正社員
(といっても正社員は男性しかいないんですが(笑)…)
の発言力があまりに強いこと。


彼らは自分達の技術に自負とプライドがあるので、
着任した新しい上司がなかなか同じ土俵に乗って来れないときは、
多分に苛立ち、その一点を
徹底的に批判・攻撃する風潮があります。


正社員同士の話なので、アタシ達には無関係だわ?と思うでしょ?
でも、これがおおいにあるわけですよ。


つまり、その流れの中で、課長や主任が契約スタッフ側に
特定の意図や目的があって新たな決定権を与え
権限やオペレーションの委譲を企画したり、
一杯一杯でとても手の回らない諸事雑事を
スタッフに任せようとすると
「それって、元々あなたの仕事でしょ?
 なんで外部スタッフに振るの?」
といった非難の集中砲火を浴びたりするんだよね。


つまり技術スキル、この一点で、
たとえ課長であろうが主任であろうが、
会社の職位に準じない、
逆転の力関係が存在しているということです。


課長や主任は、自分の指示命令にいちゃモンがついて
毎度快諾で受け入れられないので
とってもやりにくそうだし、
性格のキツイ社員さんがいて、
課長の発案、主任の発案、というただそれだけで、
計画の曖昧さや意義・理屈的な矛盾を攻撃的に突付いて
徹底的に反対してきたりするので、
とにかく、何もかも新しいことが進めにくい。


契約スタッフを使って、業務を運用する上で
問題点は日々出てきますから、スタッフ側が課長や主任に
改善策を提示し打診して打ち合わせをし、
やっと合意と了解を取り付けたのに、
課長や主任が社員だけの社員朝礼で
その決定を告知すると
「なんで事前に社員に相談がないわけ?」と、
速攻猛烈な反発が…


でもさー、じゃー、事前に相談したら通るのか?と思うと、
これが結局、重箱の隅をつつくような指摘が延々と続いて、
「案としては未完成」なんていう変な理由で、却下否決っていうか
あんたら、職場を良くしたいっていう気持ちがそもそもあんの?
って言いたい気持ちも^^;。。。


目的や効果もよく吟味せずに、
認めていない上司が言ったことには、
すべて反対~!てんじゃ、
子供のイジワルと一緒でしょうが^^;。


だって、全然たいしたことじゃない事でもそうなんですよ?
例えば!スタッフ同士で自主的に回している回覧版は
サインだけでなく、見た日付も書くようにしようよ!と
自分達で決めたとしますよね(笑)?


それを黙って進めていれば何も言われないんですけど、
一応主任にも「そういうルールでやってますからね?」と
リーダーが気を利かせて報告したとするでしょう?


そしてそれを主任が朝の社員朝礼で言ったりすると
途端に「なぜ?」「理由は聞いたの?」
「それにどんな意義があるの?」
「そういうところも確認しないで、どうしてOK出すの?」と
激しい突っ込みが来るので、
主任が社員ミーティング終了後にその質問をそのまま
子供のお使いのように私達に持ってくるわけね。


「それって意味あるんですか?」


僕らは耳を疑う!意味!?
僕らは思う(笑)、意味なんて見たらわかるじゃん。
見た人が日付を書いていけば、
班内にどのぐらいそれが滞留しているのか
誰の目にも一目瞭然で、受け取って次に回す人への
意識付けにも効果がある。


さらに僕達は思う。
「この程度の事は、いつも自分達で相談して進めているのに
なんで、今回はこんなに話が重大になるの?」
ていうか、いちいち社員朝礼にかける議題なの?
そこで社員がYESと言わないと、
私達はそれを実行に移せないの?
そこは最初から私達の裁量に委ねられているところじゃないの?


課長や主任は、今まで彼らに
「なんで社員への相談がないのだ?」と散々攻撃されているので
「聞いていない」「いつそう決まったの?」
「それって誰が決めたの?」と言われないように、
本当に小さなことまで報告するようになっちゃって、
お陰でそれで却下もありなので、やりにくいったら^^;。。。


そして、新人は女性だと誰もがいつかは私に言ってくるのだ。
「ここの上司って、全然発言力ないんですね。」


そう。私達の部門の上部組織である某事業部から賜ったあだ名が
「番頭つぶし」


課長代理でも主任でも、
着任した人は皆、一部の技術系社員に同じ扱いを受けて、
一年で潰されて転任していくのがこれまでの常だったから。


たとえ絶対に進めたほうがいいと思われることでも、
彼らの反発を恐れて上司は新しい発案をしないようになり、
スタッフ側が何を提案しても、それもまた拒否感のある顔をされて
なかなかやってくれなくなる。顔つきや表情さえも変わってくる。


また「それって○○さんの仕事ですよね?」のひとことで、
膨大な業務と雑用までひとりで抱えてしまい、
私達が緊急で主任や課長にやって欲しいことが
いつも後回しになって、手付かずで滞っている。


過去、私が課長からOKをもらい、
よかれと思って着手した作業や指示出しであっても、
「それって、どうしてぷらたなすさんがやっているの?
 そういった事は主任にさせて。」
なーんて突っ込みが逐一横から入って、ときにはストップ。
「課長に了解をもらいましたが?」
「いや、課長は…あの人は何にもわかってないから(笑)。」


まぁ、たまたま技術的に先頭を突っ走る社員さんが
ちょっと偏った性格の持ち主だっただけの話なんでしょうが、
一般スタッフはあまり気にしていないところですが、
運用側である各リーダーや私は、とってもやりにくくて困るのよね。


しかーし、私達も馬鹿じゃない(笑)。
指揮命令系統にこだわって毎回課長や主任に話を通していたら
いつまでたっても、物事が決まらず埒があかない。


だったら件のウルサ系の社員さん達に直訴すればいいのよね(笑)。
彼らは、正式に上げたものには感情的と思えるほど手厳しいが、
スタッフが休憩時や喫煙室で、ポロっとこぼす
「今、すごく困っているんですよね…」には案外弱いのだ(爆)!!


さらに!スタッフの女の子達が
「最近、疲れて仕事がイヤになりました」
「この頃、職場の雰囲気が悪くてツライです」
なんて、肩を落として愚痴ろうものなら
速攻スタッフの味方になってくれて、
「最近、スタッフの皆さんが困っている。
課長、どうして対策を考えないんですか!」と
翌日にはもう、打ち合わせの議題に上がっているよ、きっと(笑)。


つまり彼らも、人情と女の子には弱くて、
困ったときには大いに頼れる(本当は)憎めない人達なんですが、
それにしちゃー、上司に対する毎度毎度のあの反発は
なんなんでしょうね。。。


そしてそれに対して強権を振るえない上司は、
やっぱり心のどこかに、
畑違いの他から着任してきた素人同然の自分にとって
彼らにはどう転んでも技術的に歯が立たないという
劣等感があるんでしょうね。。。


ウチラの主任は、ちょっとズレているところがあるので(笑)、
それも仕方ないとして(爆)、課長は元々親分肌で、
うまくやっていけそうに思っていたんだけどな~。

    *    *    *    *    *    *


長年人と関わる仕事をしていると、
上下関係を素直に受け入れやすいのは、
男性のほうに思えます。


たとえ相手が私のようなお母さんぽい女性であっても、
肩書きのついた名刺を差し出すと、
男性の方は、まず自分を下において
上下関係とけじめを保とうとします。
(心ではどう思われているかわからないけど(笑)…)
そしてこちらが意識的に親しげな態度に切り替えなければ、
それはあまり変わることがないようです。


ですが、女性の場合はいろいろで、
お互いの人と成りがわかって、気心が知れてくると
相手が女性でも男性でも上司でも先輩でも、
上下関係を度外視した「友達化」を目指すような
手の伸ばし方をしてくることが多いようです。


つまり女性は(私も含めて)
あんまり相手の肩書きや
実力なんかにはこだわらず、
とにかく相手と仲良くなりたい気持ちが強いけれど
男性は他人との力関係を
本能的にかぎ分けて態度を決めるようなところがあり、
「かなわない」と思った相手には、なかなか逆らえず
手出しも口出しもできない傾向があるように思えます。


私達の職場のように技術的要素が強い業種だと、
知識や業務能力に勝る人の発言力はどうしても強くなり、
たとえ肩書きのある管理職の社員でも、
平社員に頭が上がらずに撃墜されちゃうので
転任してやってくる新しい課長や主任は
大変だなぁ(針のムシロ)と同情しますが、
これって男性集団ならではの特徴なんでしょうね。
(女の集団は、槍玉に上がるのは上役ではなく同僚である事が多い)


でも、そうでなくてもやることが多い管理職の人に
現場的な勉強不足を指摘して
逐一揚げ足をとるのもどうかと思いますけどね。
だって、どう考えても今から勉強して
彼らと同レベルの知識をつけるなんて
すぐには絶対無理じゃないですか。ねぇ。。


    *    *    *    *    *    *


今私は、9月で終了する数名のスタッフさんと
交替で就業する新人さんの研修真っ最中ですが、
その中でも男性の新人さんには、
口を酸っぱくして以下のように言ってます(笑)。


現場はそう甘くはないです。
黙っていても誰かが手取り足取り教えてくれるわけではなく、
わからなければ自分から質問したり調べたりしないと
決して正解は得られません。


とにかく、仕事で一人前にならないと
発言権さえ得られないムードも少々あるので、
悔しいと思うことがあったら、人一倍努力してくださいね。
って。


今の新人さんのように、初心者でもこの仕事がしたい、
何が何でもぜひやりたい!と応募してきた方は、
こちらも相応にたたき上げて育てて上げられるので
ちょっとやそっとでは負けないし、伸びるんだけどなぁ^^;…


今までは、ここまで言ったら逃げ出すのでは?
と思える新人さんも多かったので、
やはり面接のときから、意識的に鍛えるような関わり方をして
研修が始まったときには、少々きつく叱っても大丈夫ぐらいの
雰囲気を作っていかないと、屈強な仕事人は
育たないのかもしれないですね。


    *    *    *    *    *    *


ところで、最近、課長が明るい。
指示出しも朝礼の時の態度もどことなく堂々としている。


それはね、今まで課長が話す会社の決定にさえ異を唱えてきた
最後のウルサ系の技術社員さんが、
ついに移動になったからなの^^;。


彼の最大の功労は、豊富で詳しい知識を土台に、
設備部門や本社とも対等に渡り合い、
ときには、こちらの方針に従わせるぐらいの
強い力を持っていたことなので
集団として貴重な大黒柱を失ったスタッフ側には
微妙な不安が走っています。


でも、反面、メリットのあることはどんどんやっていこう!
という私達の意識が非常に反映されやすくなったわけで
この秋で6年目に突入する私達の職場も、
いよいよ第二期に入ったような感覚がすごくしています。


---------
今、読み返してみてふと思いましたけど、
女が手を組んで、集団でたてつくのは上司、
たった一人でも、気に食わないと個別にイジメルのは同僚。
男が集団でイジメルのは同僚の弱いやつで、
気に食わずに個別にたてつくのは上司。
あくまでも私自身の経験則ですが^^;…

« 折り返し地点 | トップページ | iTMSは百均と一緒だね »

.ビューティフルヒューマンライフ」カテゴリの記事

コメント

うちの職場では、ずっと年功序列でしたが、ついに年功序列が崩れました。
年上のしかも、社歴が私よりも長い方が私の部下になりました。

当然、愚痴や批判等もあるでしょうが、うちの部署では、「代替案を出さない批判は認めない」事になっています。

代替案が原案よりも優れているもなら即採用しますし、上層部への承認も必ずもらってくるようにしています。

上司と部下の違いは、業務を遂行する事においては、ほとんどありません。しかし、責任の範囲が違うだけです。

責任を持たない発言には、耳を貸さない。受け入れない。
私は、「影でコソコソ」は許しません。いつでも正面衝突です。

私は、技術部出身ですが、若い技術を持った人って勘違いしやすいんですよね。
「技術を持っている=偉い」と…当然、私もそう思っていました。
が、年上の部下を持って、そうではないと気が付きましたね。

ふと、このコメントを読み返して、何が言いたいのか分からなくなりました(苦笑)

>ふと、このコメントを読み返して、
>何が言いたいのか分からなくなりました(苦笑)

あははは!私もそういうときがあります。
私は感想がいっぱいあり過ぎて、
頭の中がとっ散らかっているときもそうなります(笑)。

そう言えばまことさんのコメントを読んで思い出しましたが、
うちの職場のウルサ系の技術社員さんて、
すごく人と真っ向勝負したがっていたんですよね。

がっぷり四つに組んで、ケンカ一歩手前の議論を交わして、
対等で熱いコミュニケーションを取りたかったんだと思います。

なのに、論戦を仕掛けると誰もが後ずさりするばかりなので
拒否されているような苛立ちと物足りなさを感じていたのだと
思うんだよね。

なぜって、私みたいに(笑)、「それには反論あります!」なんて
時に食って掛かる人間には、そのときには言い合いになっても
終ってからタバコ室で「さっきはああ言ったけどさ…」なんて
結構楽屋落ちの披露があったりして(笑)、皆さんが思うよりも
ずっと分かり合えていたもの。

周りはかなりヒヤヒヤしながら見ていたと思いますけどね^^;!
今思えば戦って楽しかったので、すぐに間に分け入ってきて
きれいにまとめて、なだめにかかるような社員さん達の介入は
迷惑なときがありましたね~(爆)!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54136/6015701

この記事へのトラックバック一覧です: 男と技術と発言力:

« 折り返し地点 | トップページ | iTMSは百均と一緒だね »

スポンサーリンク



2018年おせち予約開始

  • おせちは断然早割がお得!

売上断トツNo.1!おせちの王者

ランキング2位常連「料亭の味」

ホテル・料亭の味をご家庭で!

創業90年老舗の味

無料ブログはココログ