« 履歴書もダメなんかい? | トップページ | 男と技術と発言力 »

2005.09.19

折り返し地点

今期からスタッフの契約期間が半年となってしまったため、
例年になく慌しい8月、9月だった。


企業さんが各スタッフをグレード付けし
数ヶ月ごとに給料が変動するなど、10月から
新しい制度が導入されるめ、今後の見通しが利かなくなり、
ヘタすると収入が下がる人も出てくるかも…という状況下で
来期の意志確認を進め、数名の方が、次期「契約更新せず」で、
契約終了することになった。


ほかにも次の更新を待たずに、中途で辞めたい方が数名。
あぁ、今期はいつになく人の入れ替わりが多いなぁ。。


制度が変わるので、仕方のないことですが、それにしては
終了者が特定のグループに集中している。
やはり昨年他のビルから移ってきた移動組にその傾向が顕著で
退職理由としては、給料制度の変動よりも、
職場への不満と抵抗が、面談時の言葉からは感じとられます。


もちろん、事情があってやむなく転職してきて、
生活のために…と、観念して腹をくくっている
30代後半から40代の家族持ちのスタッフと違い、
若い方には、払拭しきれぬ根強い正社員志向があり、
「今がその時期!」と感じた人から
少しずつ"卒業"して入れ替わっていくのが常ではあります。


ですが仲のいい社員や友人達と共に仕事をするのが楽しいので、
過去、よほどの決意や、体調や人間関係などの悩みがないと、
簡単にスタッフさんが辞めるような職場ではありませんでした。


なので今は、基本的に人と人とのつながりが希薄になってきて
仕事自体も、他者から強制的に「やらされている」感が
とても強いのだと思います。


    *    *    *    *    *    *


私が最初から担当している自分達のフロアの各グループは
男女半々、最初から企業さんがリーダー制を義務付けていて、
かなりのところまで、自分達で判断して、
社員の手を借りずに動くんです。


でも移動組はそういった発想自体が
まったくないところからやってきた女の子達なので、
男性正社員という、異性で絶対的な存在の下に
(正社員は全員男性ですが^^;)
各スタッフが同等並列に仕事するのには慣れていても
スタッフ同士の中に上下関係があって、何事も
スタッフ側のリーダーの指示の元に動く…ということには
抵抗があるわけです。(気持ちは共感するよ)


今まで、自分達の中で正社員の存在感が大きかったし、
正社員から評価され愛されることを
糧としてやって来た彼女達にとって
その経緯を詳細に知らない新任の課長や主任の元、
意識付けも曖昧なままに、私達のフロアに併合されて
これからは○○リーダーの下でやってね、と
同じ契約スタッフの同世代の女性
(当時は青りん)を紹介されても
当然、面白くなさが残るんだよね。


でも、彼女達は受け入れ側の私達から見ると、
どことなくルーズで規律や厳しさに欠けるように見え、
遅刻や欠勤が多いし、業務上スキル不足であっても、
「これじゃいけない」と、自学に励んだり、
切羽詰ったりすることがあまりないんです。


それは、彼女達の前の職場の運用の仕組上、
正社員がいつもそばにいて、
難しい案件はすぐに引き受けてくれていたし、
当時の社員さんたちのキャラクターもあり(笑)、
ミスっても「ああ、いいよ、いいよ。」と怒られなかったり、
少々の遅刻でもオマケしてもらっていたりした、
育ち方の甘さから来ているものと思っていますが、
だけど、それって彼女達だけの罪ってわけでもないんだよねぇ。。。


でも、一からスタートする新人さんと違って、
すでに身についている雰囲気や発想を変えていくのは難しく、
そこをわかってもらうためには、
彼女達自身を主体性を持った集団として
早期に組織化(2、3名のリーダーを設置した小班体制にする)
すべきだったんですよね。


諸事情によってなかなか着手できず、
やっと最近、環境が整って来たかな?と思われる矢先の
契約更新時期突入でした。


    *    *    *    *    *    *


昨年はグループ合併と同じ時期に
他の部署に大きな新規立上げが入り、
本来の担当グループを人任せにしたまま
約一年間の現場不在を余儀なくされたのですが、
今年の春から自席に戻って、
じっくり様子をうかがってみると
ここ最近の自分達の問題点は、
やはり前述したように
組織化の未成熟に尽きると思います。


さらに、それ以上にもっと大きな問題点は、
その事実に早々に気がついて、
移動組のリーダー設置を社員側に進言したり、
業務態度に疑問が残るスタッフさんが仮にいたとしても、
それを注意し諌める事の出来るリーダーさんが
現状、誰もいなかった…ということです。


それに、"最初が肝心"であるはずの新人さんが入ってきても、
自分達の仲間として、受け入れと育成・定着に気を配り、
同時に自分達の職場で共に働く人材として、
きちんと"しつけ"をしていける人が私の下には今は誰も居ない。


でもさ、これって「やらない」んじゃなくて、
「できない」んだと思うんだよね。


それは各リーダーさんの自信のなさと共に、
新人さんが自分よりも高スキル高学歴高キャリアだった場合の
立ち居振舞いのノウハウとか、人間関係の経験、そして
例えば少々弁の立つ生意気な新人が入ってきたとしても、
彼ら彼女らを地道に現場のルールに適応させていく手練手管とかが
圧倒的に足りないんだよね。


    *    *    *    *    *    *


それにしても、こうやって冷静に考えてみると、
本当に職場って"しつけ"の有り様如何だよなぁ…と、
思わざるを得ないです。


そして、誰もが「それって社員さんやぷらたなすさんの仕事」
と思っている他人ちっくな感覚を、これからは各リーダーさんから
排除していくべきなんですよね。


今までは、そういった育成や雰囲気作りやしつけなど
直接の業務に関わらない部分は
マネージャーである私が担当であって、
(周囲からもそう見なされていて)
担当職務だからそれらを自分の仕事だと思って、
責任を持って努力と工夫をしてきたのですが、
最近は「おぃ、チョト待てよ?」と(笑)。


だってどんなノウハウもスキルも、
主体的に直接関わっている人についていくんだもの。
いつまでもそれを私だけがやっていたら、
他のリーダー達にはなにひとつ経験が蓄積しません。


部長に部長の仕事が、課長に課長の仕事があるように、
今まではそれが当然自分の役割と思って
自分が中心になってきたけれど、
これからは、根本的にそこから考え直さないと
ダメなんじゃないかって思い始めています。


今からは自分が動くのではなく、少しずつ
自分と同じ仕事を同じように
各リーダーに動いてもらうことにしよう。
その方向性を示唆して、ときには助言・指導をし
適度に厳しく(笑)!叱咤激励しながら、
タフなリーダーさんを育てていくって言うか。。。ね。


今までは、責任者としての成功も失敗も
ダイレクトな結果となって自分に跳ね返り、
それが自分を成長させてきたと思うけど、
その喜びも苦しみも、今度は後輩達が自分達のものとして
味わっていかないと、彼らの成長はないものね。。。


職場にとって自分が必要不可欠で有能な存在と思われることは
ある意味自尊心を満足させ、居心地のいいことではあるけれど、
そしてそれを目標として長い間仕事してきた部分はあるけれど、
私はいつまでもそこにとらわれていちゃいけないな。うん。


これからは、後続をそんな風に育てて、同時に組織化も進めて、
私自身は「いなくてなならない存在」から
「いなくてもいい存在」に変わっていかないといけないんだよね。


    *    *    *    *    *    *


私は10月の誕生日を迎えると45歳になります。
45歳っていったら、四捨五入すると50だよ、げっ(爆)!


10歳以上も歳の違う同期の気の合う仲間達と、
飲んで騒いでほとんど同じ気持ちで
やってきた今までは今までとして、
これからは、40代後半じゃないとできないこと、
若い人では思いつかないことを、身をもって体現させていくのが、
自分の進む道なんじゃないかな~、などと
ひそかな願いを胸に抱きつつ、
10月からの新しい「下期」を迎えます。


私は立上げメンバーで今の職場に入っているので
同じグループ内に自分より上の立場の存在も、先輩もいません。
また5年前にスタートした新しい職場なので、自分自身や、
これからも変わらずに長く仕事を続けていこうと思ってくれている
古くからの契約スタッフが、この先どういう風になっていくのか
完成した仕組もルールもビジョンもありません。


小さな職場ではありますが、そんな事を考えると、
高村光太郎の「僕の前に道はない。僕の後ろに道はできる。」
という有名な詩を、ふと思い出したりします。


以上、
次の日記?の更新まで少々お時間をいただいていた期間に、
「こんなこと考えてました~♪」というご報告でした(笑)。


« 履歴書もダメなんかい? | トップページ | 男と技術と発言力 »

.ビューティフルヒューマンライフ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54136/6008905

この記事へのトラックバック一覧です: 折り返し地点:

« 履歴書もダメなんかい? | トップページ | 男と技術と発言力 »

スポンサーリンク



ウォーターサーバー売上No.1

  • RO水/回収硬質ボトル/法人客多

ウォーターサーバー売上No.2

  • RO水/回収硬質ボトル/法人客多

ウォーターサーバー売上 上位

  • 天然水/使切りボトル/個人客多

ウォーターサーバー売上 上位

  • 天然水/使切りボトル/個人客多

ウォーターサーバー売上 上位

  • RO水/回収硬質ボトル/客層不明
無料ブログはココログ