スポンサーリンク




« かかわりたい任せたくない | トップページ | PC上達には○と○が必要 »

2005.05.17

男は女を傷つけられるか?

知人(30代前半/男性)と話をしているときに
映画の話になった。
映画好きの知人が、一番強烈に印象に残っているのが
「フルメタルジャケット」だと言う。


最近は、わざわざそのために出かけたり
数時間、TVの前に拘束されるのが億劫で^^;
映画ににはとんと無縁な生活を送り気味の私が
何気にお薦めの作品を尋ねたときのことである。


特にラストシーンは衝撃的で、
戦争はここまで人を狂気に駆り立てるのか…と、
当時10代だったM少年の心を大いに揺さぶり、
今でも一番好きな作品だと言う。


興味を持ったので、私も見てみた。昨年の話だ。
でも、ラストシーン…そんなに衝撃的…かな…?
(解説→こちら/感想集→こちら


全世界のスタンリー・キューブリック監督ファンを
敵に回しちゃうかもしれないが^^;、
私には、仕方ないよな…と思えこそすれ、
往時のM少年が抱いたような
ラストシーンでの衝撃はなかった。


話題作としてリアルタイムに見るのと、
多少の予断を持って、
時間を経てしまった作品を見るのとでは
印象も違ってきちゃうのだろうけど。


「だって戦場だよ?常に死と向かい合っているような場所で
無意識のものすごい恐怖にさらされ続けている状況で、
いくら瀕死の女性とはいえ、自分達を狙ったスナイパーなら
私だったら、やはり息の根は止める。」と言った。
(ネタバレすみません。。。)


彼は
「だって少女なんですよ?しかもたぶん望んで兵士に
なったわけじゃないと思うのに、そんな後味の悪い事を…」


「もう駄目だろう、とわかっていても、私だったらメチャメチャ怖い。
私だったら、たとえ相手が動かなくなったとしても、
引き返してでもまた何度も撃つかも。。。」
そう…残虐は、異常な恐怖心の裏返しなのだ…


なんだか平行線なので、じゃ、どうするの?と。。
「肩と膝を打ち抜いて逃げれないようにします。
そして放置。もしくはジャングルまで運びます。」


ふーん。


    *    *    *    *    *    *


あれから一年。。。
私は思った。やっぱり男と女は違うのだ。


もしかしたら、男の子は、本能として、
女の子を守るように、プリセットされているんじゃないかな?


好みの子に出会えば、なにかあげたくなるし(笑)、
その子が泣けば、どうにもオロオロ不安になるし、
何かの攻撃にさらされていると知ったら、
無性にムカッと腹が立って相手を憎み、
彼女は自分が守りたくなるだろう。


そりゃそうだ。。。
自分の子孫を残してくれる人なのだからね。
(そう言っちゃ、身もフタもないか^^;?…)
※ヒーローにもなりたいしね(^_^*)v


    *    *    *    *    *    *


たぶん、普通の男の子ってそうなんだろうなぁ…
なんて思っていると、そうはできない人の事件が
いつも現れ、絶えることなくマスコミを賑わす。


だいたい女に暴力をふるうヤツなんて
小心な軟弱者に決まっとる。
軽蔑を覆す"すべ"を知らず
思ったように愛が満たされない気持ちの
強烈な裏返しなんじゃないかと思う。


が、人の心の闇なんて、他人には知り得ない。


でもさ、過保護でも裕福でも親が自殺しても
屈折が極端に肥大増幅しない人だってたくさんいるし、
妙な事件が出るたびに、これまた
「仕方ねぇなぁ…」と、つぶやいちゃう自分がいる。


こんな例えはよろしくないが、
同じ犬でも、とんでもない寝相で寝るのがいるように
人間だって、変なヤツの割合は決まっているんじゃ
ないだろうかね。。。


江戸時代だって、奈良時代だって、
アブナイやつは、絶対いたはずだ。


    *    *    *    *    *    *


TVを見ながら、ウチの母が嫌悪感でつぶやく。
「ネットだの、チャットだの、ゲームだのって
本っ当に嫌だねぇ。。。そういうのがあるから、
人の心が曲がるんだ。まったく罪悪だ。」


NO!!!
居合わせた私と長男(大学生)が即座に反発した(笑)。


「この人は、ゲームでそうなったんじゃないって!」(同感)
「この人の元々の体質に、ゲームが”合った”んだって!」(同感)
※お前、いい事言うなぁ(笑)。


ま、視聴者がTVを見ながらネタとして語るのは簡単ですが
人の心の深遠は底なし沼の闇のようです。
普通に社会生活をしていても、その裏側は知る由も無く
ですが、どんな性癖も、自分の世界でとどめておければ
いいのですけどね。。。


女の子には、「なんか変」と感じたら、
自分を自分で打ち消さずに、
寸前で適当にごまかして回避できる「人の悪さ」が
必要なのかもね…とも。わかんないけど。


余談ですが、ニュース映像で見た容疑者氏の顔立ちが
あまりに、前述の知人に雰囲気が似ていたので、
「アイツがまさか……、でもその傾向はないわけじゃない?」
と、そっちのほうで、ビックリして、思わず名前が出るまで
手を止めて見入ってしまった私でした。。。

« かかわりたい任せたくない | トップページ | PC上達には○と○が必要 »

たまにNewsでも見てみようか」カテゴリの記事

コメント

平和と戦争っていつの時代にも対比として出てくるテーマですねぇ。
でも思うのは、どんな時でもどんな場所でも「我々は常に死と隣り合わせだ」と言う事です。
戦争に近い人たちがその確率が高い訳であって、本当はどこにでも危険と言うのが転がっていて、災害に遭う人が死んでいき、幸運にも会わなかった人が生き延びてるだけなんですよね。

元を辿れば霊長類ヒト科なんて他の動物より脳がちょっとだけ発達していただけで、
他の動物から身を守る牙も毒も棘も持ってなかったわけで、集団生活と火を得る事により、ほかの動物より危険から遠ざかる事が出来た訳ですな。

平和なんて結局危機回避が上手くいっている「平穏な状態」であって、「戦争状態が平和ではない」と言うわけじゃないんですよね。
で、「危機管理が上手くいってないと感じる人」がたまたま「平穏無事な人」を傷つけることが事件として世に出てくる訳です。
てなわけで「せんそーはんたいー」と叫んでる人たちの多くはそれが分かってないんじゃ無かろうかと、常々思う訳であります。

「あ?!俺の彼女が襲われてる」
「暴力反対!暴力反対!」と、
言って話し合いに応じてくれる奇特な人がこの世にいるとは思わないし、当然全てを投げ打って助けにいくなんって人間として、生物として基本中の基本、初歩の初歩だと思うんですがどうでしょう。

最近の若者は・・・今のニッポンは・・・・・・いや、愚痴は止めとこう・・・・・・・・・

権六さん、おはようございます。「明日から異邦人」て、もしかして日本脱出ですか(笑)?生物である「人」としての生存本能は、理屈や偽善の建前や理論を凌駕していく…というのは、イメージが合っているところですよね(と、思っていますが(笑)?) 同様にたまに事件を起こしてしまう「アブナイ人」というのも、生物上、固体としての偏差値の曲線の端っこにある方で、そういった存在はやむなし…と思ってしまう自分がおります。誤解を生みやすいので(笑)、普段はあまり語らないのですが、ここでは少し語ってみました。「最近の若者」ですか?私は「最近の若者」なので(爆)、わかんなーい(爆)!!!あはは。行ってらっしゃいませ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54136/4162021

この記事へのトラックバック一覧です: 男は女を傷つけられるか?:

« かかわりたい任せたくない | トップページ | PC上達には○と○が必要 »

スポンサーリンク

3か月継続で白歯実現!

介護の転職

経理の転職

無料ブログはココログ

★★★