☆女の子に大人気!春のカジュアルコーディネート♪


   

« IDカードを返してください | トップページ | 青春の名曲を振り返る30代 »

2005.05.06

お酒の席ではダメダメリーダー

連休明けの金曜日は三日ぶりの出勤。
喫煙室で、久しぶりに
ある社員さん(40代前半/男性)と一緒になる。


「やぁ、ぷらたなすさん、久しぶり~。
ところで、今年の花見は大人しかったっすね(笑)?」


花見?もー、いつの話だ(^^;?(正解→4/22(金))
まぁ、仕方がないよね。
この社員さんは、交代制なので、
勤務曜日や時間帯がシフトでずれてくると
しばらく会わない人なのだ。


「いや、"大人しい"のがデフォルトですから(汗)…」
「またまたぁ(笑)?俺は毎年恒例の出し物と思ってますから(笑)」
「やだな、もう。"伝説の人"は引退したのよっ!」
「本当ですかぁ?(←疑いの目!)」


そう、恥ずかしながら、
私は職場では「伝説の人」と
呼ばれちゃったりしているのだ(汗)。。。


決してお酒を飲んで暴れるわけではないよ?
私のお酒は、陽気で楽しいお酒です!


だけど、どうも40代に入ってから、
日本酒が入ると、スイッチが切れたように
どこでも寝入ってしまうんだよね。
しかも、記憶がなくなってしまって、
翌日、人に言われて断片的にやっと思い出す程度。


それまでは、お酒を飲んで記憶がなくなる人の話は、
半分嘘だと思っていた。
「そういえば許される」と思って、
本当はちゃんと覚えているのに、
照れ隠しでそう言っているんだろうと思っていたよ。
ですが皆さん、それは違います。完全に記憶が飛ぶんです。


「ほら、こうだったでしょ?」と言われれば、
その場面だけかすかに思い出しますが、
もし誰かに教えてもらわなければ、
たぶん永遠にそのままです^^;。


    *    *    *    *    *    *


そう、あれは5年前。
就業して初めての職場の花見!
今思えばあれが、転落(爆)の始まりだった!


同僚達といい気分になって、
たった一人の遅番で会社に残って仕事をしている
仲間を励まそう!おーっ!と、残り物を手に
数人で差し入れを届けに戻ったが、
十分気をつけていたつもりだったのに
かなり騒々しかったらしい(大汗)…


翌日、彼(当時:20代後半/男性)から
大いにヒンシュクを買った^^;。
「あのねぇ、ぷらさんの声が一番デカかったの!
みんな、こっち見てたよ?オレ、恥ずかしくてもう…」
「えっ?そんなに大きかった?」
「大きい!大きい!」


ヤバー!
せっかく、「仕事できないけど一生懸命!」で
好感度アップを目指しているのに(笑)、
これはマズイ^^;。
その場で、「昨日はすみませんでした」と、
各課長に謝って歩く。。。
ま、こんときは、マネージャーじゃなかったので
おおいにハメもはずせたけど(笑)。


    *    *    *    *    *    *


…で、記憶が飛ぶようになるのは翌年からだ。
花見の次の月曜に出社したら、
みんながクスクス笑っているので、どしたの?


金曜日は楽しかったね、ぷらちゃん!
え、なに?なに?


聞けば怪しい?写真が出回っているらしい(汗)。
やっと出所を突き止めると
当時席が隣の沼っち(当時:20代後半/男性)だった。
渋る沼っちに「肖像権侵害!」とか言って見せてもらうと
なんだこりゃ(爆)?


社員の塩田さん(当時:40代後半/男性)の腕枕で
爆睡状態の私が写っている(笑)!
しかも、思い切りひどい寝相!、しかもダンボールをかけられて
まさに、気分はすっかりホー○レス夫婦状態(爆)??


そりゃー、職場では
「オトーサン」「オカーサン」と呼び合う仲だけど^^;、
本物の「オトーサン」は、おうちにおります。ひえ~っ!


覚えてないんっすか!風邪引いたら可愛そうだから
オレ達みんなでその辺の新聞紙とか、ダンボールかけてあげたの?
「あ、ごめーん…」とか、言ってたじゃないですかっ!


う。申し訳ないが、全然覚えていない。。。
「花見が終わって片付けが始まっても、揺さぶっても起きないんで
塩田さんとぷらさんの一角だけ残っちゃって、みんなで取り囲んで
どうしようねぇ…とか、言っていたのも、全然?」


ごめん。。。全然。。。
「ぷらちゃん、急に起き上がって、トイレに行くとか言って
そのまま帰っちゃったじゃない?それは覚えている?」


あー、そこからならなんとなく覚えている。
「ねえ、私、どのぐらい寝てた?」
「えーと、二時間ぐらいかな?」
げ。そうなんだ。。。


この年の花見は、さらにおまけのエピソードがあって(笑)、
朝からカバンが重いので、職場で気になってすぐ開けてみたら、
手付かずの一升瓶が入っていて、びっくり!


焦って、同僚の青りん(当時:20代後半/女性)に、
「あのさぁ…私のカバンにこんなの入っていたんだけど…?」と
恐る恐る尋ねたら、「やーだ!それも覚えてないの~?(爆)」


「未開封のお酒は、アタシが全部家で飲む!」とか言って
ぷらちゃん、おつまみと一升瓶をもらってきてカバンに入れて
いたじゃん!(笑)


そ、そうなんだ…知らなかった。。。うん、そうだったかも。。。


    *    *    *    *    *    *


そりゃね。立場もゴザイマスし^^;、
最初の頃は、青くなったり赤くなったり
ウジウジしてましたけど(笑)、
結構、いいネタになっちゃって、みんなが楽しんでくれるんで、
すっかりそれも「アリ」かな?…と(笑)。


しかも、最近は、
ワタクシの怪しい素行を最初から期待する向きもございまして^^;、
ああ、いいよ、わかったよ、毎回"伝説の人"になっちゃるわい!
てな気概の今日この頃です。


えぇ、えぇ、確かに、繁華街のど真ん中で
私の前任のマネージャーに、
熱いエールはしたかもしれませんよ?
(私は応援団でしたの。ホホホ。)


仕事納めの日、会議室での打ち上げで飲みすぎて
自席に戻って自分の椅子に座ったまま、
あお向けの状態で口をあけて爆睡してしまい、
前の課長(当時:40代後半/男性)の携帯には、
いまでも、そのときの、"大赤面"証拠写真が残ってますよ?


翌年の仕事始めの飲み会では、どういう経緯で自分が今
三次会の席に来て居るのか、目が覚めても一瞬飲み込めず、
今年の新人歓迎会では、途中を吹っ飛ばして
自宅に戻ってヒーターのスイッチを入れたところからの
記憶しかあやうく持てないところでした。
人に聞いてやっと所々思い出す。

(完全に抜けている部分は
どうも爆笑醜態モード?だったらしいのだが、
今もって、誰も詳細には話してくれない…)


飲みすぎてつぶれてしまった人を助けに行って、そのまま
自分も一緒に女子トイレのタイルに寝ていたこともありました。
それを盟友の青りんに、
こんな記事でネットにさらされた事もゴザイマシタ。。。
(ほかにも一杯、彼女はさらしてくれますぜ(笑)!)


帰宅のタクシーの運転手さんには、
お客さん、一応○○にはつきましたけど、
ここからどう行けばいいんですか?
と、起こされてご心配のかけっ放しです^^;。


    *    *    *    *    *    *


でも、一番ビックリしたのは、縁もゆかりもない駅で
終電の車掌さんに揺り起こされたこと!
社員さん達と飲んだ焼き鳥屋の店員さんに
「閉店です」と、揺さぶられているのだと思っていたら、
「お客さん、東○○に着きましたよ?終点です。降りて下さい。」


えっ!!!東○○っ?!!なぜ?なんで?なんで?
なぜ今、私はここにいるの?
放心状態で降りて、土地感もまったくないので、
どうしたらいいか途方にくれて^^;、
自宅までは、手持ちが不足しているので、
とりあえず、職場近くの自分の駐車場までTAXIで。
(それでも5000円!散在!!くぅ~っ、悔しいっ!)


それじゃー、少し休んで車で帰るしかないと自分の車で休んだら、
次に目が覚めたのが、午前三時半で、ヤバイっ!!
家族の朝ご飯…、朝ご飯…と、うわごとのように
つぶやきながら帰宅しましたよ。ええ^^;。。。


    *    *    *    *    *    *


…というわけで、"伝説の人"(爆)。


ほかにもいろいろありますが、まっ、いっか~。
私、いちお、スタッフさん50数名の責任者なんですけど(笑)、
そんな、ダメダメなワタクシを見て、スタッフさんも安心して
ハメをはずしてくれますものね(笑)。ふふふ。


先日の花見の当日に
おネエ言葉のウエピー(30代後半/一応男性)が、
新人のタツノ君に、
「あなた!この人、エラそうな事言ってるけど、
信じちゃダメよ(笑)?この人はね、お酒入ったら
もう、上司じゃないから♪それがわかったら、
ここの職場じゃ、一人前よ?(^^)v」


て、なんだよ、それーーー(爆)!


「うっせー!ウエピー!」
「あら、だって、ホントじゃない?
みんな、そうやって強くなっていくのよ♪?(意味不明)」


そう!いつも優しく暖かいみんなに甘えて助けてもらってますっ!
(Q君!この前の社員食堂のパーティの後、休憩室で寝込んだの、
何度も起こしに来てくれてありがとう!)


    *    *    *    *    *    *


長男(大学生:20代前半/男性)に話す。


「昨日さぁ、お母さんまた変なことしちゃったみたいでさぁ。。」
「要するに、ただの、酒飲み酔っ払いおばさんってことだよね!」
「そーなの。。。」


「あ、でも大丈夫!上の人がねぇ、ダメダメなヤツだと
下の人間は、チョー安心するんだよっ!
それ、マジメなのより、よっぽどいいの。問題なし!」
「だよね?だよね?そうだよね?」(←言い訳(笑)!)


いや、でも、それはホントに思っている。
やるときゃやる!でも、どこかで抜けていて
「本当に、もうっ!」と、スタッフに叱られる
ダメダメリーダーになりたいな(笑)。
そのほうが、みんながノビノビやれるんだ。
みんなが安心して「素」のままでいられるもの^^;。


ただし!お酒を飲んで記憶がなくなるのは
元看護婦でアルコール依存症を克服した友人に言わせると
「ブラックアウト」といって、
すでに立派な依存症なのだそうだ。


そだね。。。気をつけなくっちゃ。
それに、世の中にはお酒を飲めない人も居る。
ヨッパの気持ちが理解できない人も。。。


うん、今後は、古い一部の人だけ知っている「思い出のネタ」として
数々の"伝説"を、「語り草」に特化させていくのもいいな(爆)!
彼ら、新人が入ってきたら「ぷらさんはね、昔はね…、」と
歴史を知るものの優越感で、得意げに語るだろう(笑)。
気分いいよ~、それ?あはは!


    *    *    *    *    *    *


先月の花見の時、主任と話しこんでいる最中、
私は急に泣き出したらしい…


「またー、ウソばっかり~!」
「いや、ホントっすよ!
なんかみんな黙ってこっち見ているなぁ…と思ったら、
隣でぷらさん、主任と話して、ボロボロ泣いてました。」
と、タツノ。。。


え…、そうなの?
夜空の明るい月を見上げたことまでは覚えている。
アタシどうして泣いたんだろう?
なんか、余計なこと口走っていないよね(汗っ汗っ)^^;??
悲しいことかぁ。。。
一杯あって、自分でもどれだかわかんないな(笑)。。。


いや、それ、ちょっとウソだね。。。。
悲しかったことはひとつだけだ。。。

« IDカードを返してください | トップページ | 青春の名曲を振り返る30代 »

.ビューティフルヒューマンライフ」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。ぷらたなすさん。ブログ初心者、パソコンもあまり詳しくない27歳です。「部下に壁を作られたら負け」に惹かれて以来、拝見させていただいてます。
私のオフィスは、10人程度の小さな会社です。誰も役職が無く、勤務3年半の私は、社長の息子の次に職歴が長いこともあり、社長から「責任者的に頑張れ」とは言われてますが、周囲は少し年上の方ばかり・・・。頑張るほど、逆風は強くなるようで、自分がどう立ち回るべきか、思い悩んでます。1つ年下の女性からは、まさに「壁」を作られてますし。最近は、転職を考え始めてます・・・。
ぷらたなすさんは、たくさんの方に目が行き届いてて、的確に人との向き合い方を判断できて、すごいなって尊敬してしまいます。研修生にしていただきたいくらいです。
お酒の失敗の経験は無いですが・・・。
これからも、勝手ながら私の師匠とさせて下さいね。

minakoさん、初めまして!"酒飲み"ぷらたなすのサイトにようこそ(笑)!

minakoさんのblogに午前中遊びに行きました。すごく共感できましたよ!!特に「わるくない」は、本当に気持ちがわかりました。

私、本当にありふれた職場の一社員ですけど、世の中は(←大きく出てみました(笑)!)、馬鹿が変えていくしかない!とか思っていて^^;、「だったら、馬鹿になってやるよ」と、いろんなものを捨てて開き直っているところがあるんです。

でも20代の頃は、そんな風には決してなれませんでした。思い切って、転職しちゃうのもいいかもよ(笑)!誰のためでもなく、自分のための人生だもの。自分が幸せになれないなら、何のための仕事なのかわからないよね!

また、いつでも遊びに来てください!たまにご意見などいただくと非常にうれしいです!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54136/4030182

この記事へのトラックバック一覧です: お酒の席ではダメダメリーダー:

« IDカードを返してください | トップページ | 青春の名曲を振り返る30代 »

スポンサーリンク

3か月継続で白歯実現!

介護の転職

経理の転職

無料ブログはココログ

★★★