☆女の子に大人気!春のカジュアルコーディネート♪


   

« オウムとアイデンテティー | トップページ | 研修担当女の真っ赤な本音 »

2005.04.09

説明が早くなってない?

夕食を取りながら、大学生の長男(20代前半/男性)と話す。

母親の私が言うのもおかしいが^^;、
ウチの息子達二人は、本当にいろいろなことをよく話してくれる。
親という手綱をにぎりつつも、悩んだり悔やんだりする気持ちは
「駆け出し」のオトナといった感じで、友達のような共感を持つ。

長男曰く…

今日、部活で新入生の後輩にルールの説明をしたんだよ。
俺、ディフェンスリーダーだから。(長男はアメフト部所属)

でもさー、ふっと気がつくと、すげー早口になっていて、
たぶん、(将来的にある)教育実習もたぶん、
ボロボロになるね…と思った(笑)!

と言って笑った。

「すげー」と思ったのは、こっちのほうだ(笑)。
それ、電話対応の仕事をしていた前職で、
尊敬していた社員さんの何気ないひとことに感服し、
自分に対しても、他人に対しても
日常的に気をつけていることだから。

長男の話を続ける。

教育実習のビデオとか、見せてもらったりするんだよね。
でも、先輩達はみんな思い切り早口なんだよね。
しかも、声が小さいの。俺が見てもヤバイな、って思うの^^;。

でもさー、今日オレ、思ったけど、俺がやっても同じだわ。
あと、生徒に近づくといいんだよね?

「生徒に近づく?休み時間に雑談するとか?」と私。

いや、そうじゃなくて、
授業中、生徒の中に入って行くっていうか、
教壇を下りて距離的に生徒と近づけばいいらしいんだけど、
皆ダメなの(笑)。誰も壇上からほとんど移動しないで、
黒板の前だけでやってるの。

へぇ。。。そんなノウハウもあるのか^^;。
でも、最高にわかるな、それも。

    *    *    *    *    *    *

要するに、怖くて不安だと人って態度に出ちゃうんだよね。
「早くこの場を終わらせてしまいたい」逃げの気持ちが
会話の速度を上げ、生徒さんとの距離をできるだけ取ろうとする。

私達の仕事の、取引先との電話対応だってそうだ。
スタッフさんの話すスピードを聞いていると、
その人が、自信を持っているのか、いないのか、
一目瞭然ですぐわかる。

そんな人にはアドバイスしてみる。
「お話のスピードが速いね。」
「聞き取りにくいかもしれないから、自分が『大丈夫か?』と思うぐらい
ゆっくりとスローペースで話してみて。」と。。。

わかりました…と一応は言うんですけどね^^;…。。。
かつ、その次からは気を使っているのもわかるんですけどね…。。。

でも、やっぱり早い!
自分では気がつかないんだろうなぁ。。。

「○○さん、いい? 
お願いしたのは、○○さんが、『大丈夫か?』と
首をかしげるぐらいぐらいの遅いテンポだよ?
今のって、○○さんの常識の範囲内の遅さでしょ?
でも、もっと安心して、自分でヤバイと思うぐらいの遅さにしてみて。
もしお客様がイライラしたら、私がすぐ必ず変わるから。

そんな風にお願いしてみます。
新人のうちは、そこまで頼み込んで、
ご本人が、「馬鹿みたい。本当にこれでいいのね?」 と、
あきれて投げやりに思うぐらいのスピードが、実は丁度いいのです(笑)。

つまり、自信のなさと、無意識の恐怖感が
私がそこまで言って、
強制的に落とさせないとダメなぐらいのスピードまで
会話のテンポが早まってしまっているんですよね。
それは、私が指摘しても気がつきません。

基礎知識が固まれば自然と落ち着いた話もできるようになります。
それは経験上十分わかっているのですが、
逆に、ゆったりと話してもらうことで身につく自信というのもあるわけで、
いずれにしても、どこかのタイミングで、ふと、
現在進行形状態の今の自分を客観的に見て
「あ、オレって、なんかメチャメチャ早くない?」と気付く
タイミングがあればいいですね。

    *    *    *    *    *    *

余談ですが、ウチの職場には
厳しくて手強いと評判の課長(50代前半/男性)がおりまして^^;、
私の出向元会社に新しく赴任した営業所長(30代前半の大抜擢/男性)が
新任のご挨拶に来た際、現場担当として私も同席したのですが、
ウチの所長、思い切り早口だったです(笑)。

ダメジャン、そんなの(笑)。
絶対、若造と足元見られるよ?もう、カッコ悪いってば(爆)!
それって、会社にとってメリットないので、
所長には言っちゃいました^^;。
「もっとゆっくりしゃべったほうがいいですよ?」って。

怖いよ、そりゃ、上司ですから(笑)。
でも、能力のある人なら自分への忠告には
上下を問わず素直に聞いてくれるはずです。

所長は、「うん、そうだね。。。確かに。」と言ってくれました。
そういう小さなところで、あ、この人なら付いていってもいいな…と
部下は思うんですよね(笑)。

あ、関連のネタがすぐに思い浮かびました。
それについてはまた後日。


------
この記事は、2005/04/21に
「早口は自信のない証拠」から改題しました。


« オウムとアイデンテティー | トップページ | 研修担当女の真っ赤な本音 »

.ビューティフルヒューマンライフ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54136/3704845

この記事へのトラックバック一覧です: 説明が早くなってない?:

« オウムとアイデンテティー | トップページ | 研修担当女の真っ赤な本音 »

スポンサーリンク

3か月継続で白歯実現!

介護の転職

経理の転職

無料ブログはココログ

★★★