« スーツはあれど私服がない | トップページ | 説明が早くなってない? »

2005.04.08

オウムとアイデンテティー

オウム真理教(現:アーレフに改称)の元幹部、岡崎被告の死刑が
確定するという。
TVに江川紹子さんが映ったので、今は何をしているんだろうと
視線を据えたら、やっぱりオウムの話だった。

オウム真理教事件か。。。
正論は山ほどあるが、私はあまり怒りを感じない。

亡くなった方もたくさんいらっしゃる前で、
非常に罪深い発言だという自覚はあるが、
人としての共感は、被告側にある。

私は今までの人生でそれなりに波乱も苦難もあり、
人の心の致し方ない部分というものを
どこかで認めてしまったりする人なのだ。

    *    *    *    *    *    *

麻原彰晃という人は自分に備わったカリスマを
きちんと理解できていた人だと思う。

途中からはそれを自分自身のために極端に悪用してしまったが、
それは権威欲と執着・保身のためであり、
逆説的ではあるが、そういった発想に至る事自体が
正真正銘の"グル(尊氏)"にはなり得ない
彼のカリスマの限界を物語っていると思う。

彼が本物の尊氏なら、
人を殺してまで守りたい権威喪失への危機感を
強く感じるような逆風は起こらなかったと思うし、
もしあったとしても、人の道に逆らうような事件を起こそうとは
考えなかったはずだ。

しょせん、それだけの人間だったのだ。
劣等感が強く攻撃性を持った弱い人なんだ、きっと。
それが証拠に、いまだに自分の事実を公の前で明らかにしようとせずに、
あらゆる事に難癖をつけて、進捗を回避し、
罪の確定を先延ばししようとしているではないか。

そしてそんな人間に対して、何かのきっかけで強烈に惚れ込んでしまい
不幸にもその事実に後から気がついてしまった人は
自分の葛藤が大きくなる前に敢えてそこから目を背け、
正当な建前を掲げ自分を騙て奮起させることで自分の自己同一性を保とうとし、
あるいは、ある種の諦めを持って自分を封印してしまったのではないか?

人は基本的に自分が可愛いものである。
逆らうと死に追いやられる危険を感じ取れば
たいていの人間は、どんな手段を取っても「自分の命の継続」を図るだろう。
何にも増して強いのは動物としての生存欲求だ。

かつ、人は自分の非を簡単には認めたくなんかない。
それは自分の選択を自分で否定することであり、
アイデンテティーを大きく崩壊させる。
それは、絶対にやりたくない事なのだ。

そんな事を考えていると、わかってはいるが、
教団幹部を責める気持ちも失せてしまう。。。

    *    *    *    *    *    *

話は前後するが、我が家は夫の長男・次男に対する差別がひどく、
虐待とまでは行かないけれど、夫は
長男に対してはすぐにキレて、まだ小さい子供なのに
突然狂ったようにいきなり激しく手を上げたり、人格を否定するような
ひどい暴言をドラマのヤクザのような口調で吐いたりした。

けれど私はそれを、平静を装って笑ってみているしかなかった。
キレているときの夫は顔つきがすごく変わってしまっていて、
心の底から恐怖を感じて全身がフリーズ、怖くて反発できなかったこともあるし
自分はこういう運命を背負ってしまったのだ…という風に
すべてをあきらめ、無常観に酔うことで必要以上に傷つくのを避け、
自分を納得させようとした。

ただ、私は母親と折り合いが悪く、子供が親を憎むということが
どういうことなのかをよく知っていたので、子供にだけは嫌われたくなかった。

「このままでは、子供に嫌われてしまう。
母親として子供に嫌われないためには、
自分の命を投げ打ってでも、子供は守らなくてはいけない!」
そう思い直して、以後夫の前に立ちはだかるようにした。
殴られても蹴られてもいいから、長男を胸に抱えて守った。

うちの夫も原則として、極悪非道な悪人ではないし、
暴力も事件・事故を起こすまでの度合いではなかったので
結局そこからいろいろな事がいい方向に変わっていくのだが、
それだって、つまり「人の道」を慮ったのではなく、
「子供に嫌われたくない」というエゴイズムな一心からだものね。

ほかにも苦労はたくさんあったが、
自分や他人の心中を冷静に見つめ直せば直すほど
『人の心のしくみ』とか、生い立ちがらみの成り行きとか
「それってたぶんそうするしかなかったんだよね?」と、
肯定感ばかりが増してきて
自分の気持ちがすっかり世論とずれてしまっていることに気が付く。
だからと言って、それで人の命が奪われた事自体を、
決して肯定しているのでわけはないのだが…

ゆえに私は、何か事件が起こるたびに
つい犯人側のほうの気持ちを汲み取ってしまったりするのだ。
犯人の持つマイナスのエネルギーは私の中にも、そして誰の心の中にもある。
人の弱さ、脆さ、どうしようもなさに、
つい、救いの手を差し伸べたくなってしまう。。。
もっともっと頭が良かったら、弁護士なっていたら良かったかな^^;…。

まぁ、弁護士も3人知っているが、本当にピンからキリなので、
私のような人間がなったら疲れるだけかもしれないけどね(笑)。

    *    *    *    *    *    *

本件、TVの前で語ると、母からは
「あんたはいつもそう。どっかおかしい。どっかズレてる。」と
非難と嫌悪の目で見られてしまうんですけど。。。

長くオウムに関して思っていたことを
この場を借りて書かせていただきました。

続くニュースはラグナロクのBOTの話で、
今日はネタが豊富だなぁ…なんて、
妙に充実した気持ちでニュースを見ておりました。

あ、私はゲーマーさんではありません^^;。
オンラインゲームはやったことないです。
(一時期次男がハマったので、多少は知っていますが)
が、職場にそのタグイの人種が多いので、
話も聞くし、教わりもする(笑)。

どういったシステム?になっているのかピュアな興味もあって、
つい身近な気持ちで、真剣に見ちゃいました(笑)。
もちろん、「へぇ~」と、あとからの検索も忘れずに(笑)。

« スーツはあれど私服がない | トップページ | 説明が早くなってない? »

たまにNewsでも見てみようか」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54136/3607894

この記事へのトラックバック一覧です: オウムとアイデンテティー:

« スーツはあれど私服がない | トップページ | 説明が早くなってない? »

スポンサーリンク



ウォーターサーバー売上No.1

  • RO水/回収硬質ボトル/法人客多

ウォーターサーバー売上No.2

  • RO水/回収硬質ボトル/法人客多

ウォーターサーバー売上 上位

  • 天然水/使切りボトル/個人客多

ウォーターサーバー売上 上位

  • 天然水/使切りボトル/個人客多

ウォーターサーバー 3位争い

無料ブログはココログ